ヘルマン・ティルケcopyright Daimler AG

ヘルマン・ティルケ

  • Updated:

人物データ

名前 ヘルマン・ティルケ / Hermann Tilke
国籍 ドイツ
出身地 オルペ
生年月日 1954年12月31日 / 65歳
WEBサイト tilke.de
SNS

ヘルマン・ティルケとは、ドイツ人の建築家でありF1サーキットのデザイナーとして知られている人物。サーキットデザイナーとして著名であるが、実はサーキット専門というわけではなく、本業は建築家である。1980年代には、ツーリングカーなどのレーシングドライバーをしていた元ドライバーデザイナーである。

1983年にティルケ・エンジニア&アーキテクツ社(Tilke Engineers & Architects)を設立。グランドスタンド、ピットビルディング、チームビルディング、その他のインフラ施設を含むレーストラックやテストコースを始めとして、ホテル、管理​​棟、住宅プロジェクト、モール、およびスポーツおよびレジャー施設の設計を手掛けてきた。

2015年には息子カーステン・ティルケがプロジェクト・マネージャーとして入社。2017年にマネージング・ディレクターに就任した。現役のGTドライバーで、2009年のドバイ24時間レースで総合優勝を飾った事もある。

ティルケが設計したF1サーキット

1998年以来、ティルケはマレーシアのセパン、アブダビのヤス・マリーナ、米国のCOTAをはじめとする計12カ所のF1サーキットの設計を手掛けてきた(2020年8月現在)。また、メキシコのエルマノス・ロドリゲスやフランスのポール・リカールといったオールド・サーキットの改修や再設計も手掛けている。

新設

シンガポールGPの舞台、マリーナベイ市街地コースはヘルマン・ティルケのオリジナルプランを元に米国のKBRがデザインしたもので、公式にはヘルマン・ティルケの設計作品ではない。

改修・リデザイン

F1以外

  • 2007年 ブカレスト・リンク(ルーマニア)
  • 2009年 モーターランド・アラゴン(米国)
  • 2011年 ルードスコーゲン・モートルセンテル(ノルウェイ)
  • 2012年 モスクワ・レースウェイ(ロシア)
  • 2013年 アトランタ・モータースポーツパーク(米国)
  • 2014年 チャン国際サーキット(タイ)
  • 2015年 メルセデス・ベンツ・アリーナ(ドイツ)
  • 2016年 ムーレイ・エル・ハッサン・サーキット(モロッコ)
  • 2018年 V1オート・ワールド(中国)
  • 2018年 クウェート・モータークラウン(クウェート)

F1以外のサーキットを含めると全世界で計80以上のサーキットの設計に関与してきた。2022年末開業予定の会員制ドライビングクラブ「THE MAGARIGAWA CLUB(千葉県南房総市)」は、ティルケ・エンジニア&アーキテクツがゼロからデザインするコースとしては日本初となる。

ティルケデザインの特徴

ティルケデザインに関しては賛否両論で、批判の声も根強い。6.823kmから4.574kmへと短縮されたホッケンハイムリンクの改修では、深い森を時速350kmオーバーで駆け抜ける名物セクションが消滅。非難が相次いだ。彼らしさを感じるデザインコンセプトを数点あげてみよう。

  • トリッキーなコーナー⇒ロングストレート⇒ヘアピンコーナーの組み合わせ
  • 安全重視の設計(ランオフエリアが広い)
  • サイト・スペシフィック(国柄などを反映)

上海ではコースレイアウト自体が漢字の「上」を表しており、施設のデザインにユリの葉の形を盛り込んでいる。セパンでは、グランドスタンドの屋根を「バナナの葉」をイメージした造形にし、スタンドは「ハイビスカスの花」をイメージした屋根をデザイン。

富士スピードウェイでは「折鶴」や「神社仏閣の屋根」等のモチーフを随所に盛り込んでいる。

Discovery Channelでのインタビュー動画