カタロニア・サーキットのホームストレート
copyright Renault

カタロニア・サーキット

  • Updated:
サーキットデータ
サーキット名カタロニア・サーキット
所在国スペイン
住所Camino Mas Moreneta, 08160 Montmeló, Barcelona, Spain
設立年1991年
全長 / コーナー数4,675m / 16
最大高低差30m
周回数66
ピット長 / 損失時間368m / 21.544秒
ターン1までの距離*1565m
平均速度192.9km/h
最高速度322.7km/h
エンジン負荷と全開率*2 61%
ブレーキ負荷と使用率 16.4%
燃料消費レベルと量 1.59kg/周
フューエル・エフェクト 0.36秒/10kg
タイヤ負荷レベル
タイヤ負荷レベル
変速回数54回/周
SC導入率40%
ウェット確率11%
WEBサイト www.circuitcat.com
SNS instagram

*1 ポールポジションから最初の制動地点までの距離
*2 全開率は距離ではなくタイムベースで算出

カタロニア・サーキットとは、スペインのカタルーニャ州の州都バルセロナから北部に25kmのムンマローにあるF1スペインGPが開催されるサーキットのこと。正式名称は、シルクイート・デ・バルセロナ・カタルーニャ(Circuit de Barcelona-Catalunya)

ウインターテストやインシーズンテストの開催地でもあるため、F1関係者にとっては馴染み深いコース。各チームとも豊富なデータを所持している。シーズン中にどれだけ開発が進んでいるかを見極めるのに最適なグランプリとなる。

F1スペインGPの初開催は1986年。カタロニア・サーキットは1991年に初めてカレンダーに登場し、以降毎シーズンに渡ってF1世界選手権を開催し続けており、同グランプリは女性F1ドライバーが初めてかつ唯一のポイントを獲得した場所でもある。

イタリア出身のレラ・ロンバルディはモンジュイック・サーキットで開催された1975年4月27日のF1スペインGPでマーチのステアリングを握り6位入賞を果たした。29周目に首位を走行していたロルフ・シュトメレンがクラッシュし、ジャーナリスト2名、観客1名、コースマーシャル1名が死亡してレース打ち切りとなった事で、ハーフポイントの0.5点が与えられた。

例年ヨーロッパラウンドの始まりの地であり、全チームが大規模なマシンアップデートを行うことでも知られる。これは、F1チームの大部分がヨーロッパに本拠地を置いているため、サーキットがチームのファクトリーに近いことによる。

Catalunya Circuit f1 photocreativeCommonsCaterhamF1

1994年と1997年及び、2008年から2012年までは同じスペインのバレンシア市街地コースでグランプリが開催された。F1では「1国1GP開催」が原則であるため、本来であれば1シーズン中に一つの国で2回のグランプリが開催される事は許されないが、バレンシアでのグランプリ名称を「ヨーロッパGP」とすることで対処した。

コースレイアウト

このコースで速いマシンはどのサーキットでも速い」と言われるほど、マシンの総合力が試されるテクニカルなサーキットである。高速・中速・低速コーナーに加え、長いストレートと高低差(30m)があるのが特徴。レース中のスピードトラップは時速340kmにも達する。

高速のセクター1と2ではエアロダイナミクスが重要であるため、チームはミディアム・ハイダウンフォース仕様のパッケージを持ち込む。一方の第3セクターは低速。高いメカニカルグリップが求められる。速いラップタイムを刻むためには、あらゆるタイプのコーナーでマシンが適切に機能する必要がある。

F1スペインGPの舞台カタロニア・サーキットの2021年版コースレイアウト図

3コーナーは、強烈なGフォースがマシンとドライバーを襲う超高速コーナー。その速度は285km/hにも達する。ヘビーブレーキングが必要になるのは2回、ブレーキ使用率も16%とブレーキにはやさしいサーキットだ。燃料・エンジンへの負担は低く、マシンのトータルバランスがモノを言う。平均速度も190km/hほど。

2018年に路面が再舗装され、それ以前に見られた凹凸やタイヤへの攻撃性が変化した。高速コーナーが多い事もあり、タイヤとしては最も硬いコンパウンドセットが持ち込まれる。ターン3やターン9等、高速左コーナーが存在するため、左フロントタイヤの摩耗が特に酷い。

2021年シーズンに向けて、F1を統括する国際自動車連盟(FIA)並びにMotoGPを管轄する国際モーターサイクリズム連盟(FIM)との合意に基づき、バックストレート終端のターン10、スタジアムセクション入口にある通称ラ・カイシャの改修工事が行われ、全長が4,655から4,675mへと20m長くなった。

変更されてなお、F1マシンはこのコーナーを以前と同じく3速で駆け抜けたが、通過速度は85km/hから110km/h程度にまで上昇した。

ドライバーを翻弄する風

海岸に近いという立地が原因の不安定な風向きが、マシンパフォーマンスに大きく影響する。そのため、下手にセッティングを詰め過ぎると、僅かなコンディションの変化に翻弄される事になる。

例えば、初日午後のFP2で突き詰めたセッティングを行ったとする。そのセッティングがバシッとハマり、FP2では最高のマシンバランスだったとしても、翌日の午前のFP3では最悪のマシンバランスに感じられる、ということが往々にしてある。

無線にむなしく響く「昨日までは最高だったのに、どういうわけか今は全くグリップがない。。」のようなドライバーのコメントが、このカタロニア・サーキットではよく聞かれる。

カタロニア・サーキットのホームストレート
©F1 ホームストレート

オーバーテイク

ウェットコンディションで行われた1991年の開幕戦では61回、2011年には60回、2013年には50回の追い越しが記録されるなど、華やかなレースもあったが、基本的にはオーバーテイクが難しい。

その理由はコース幅が狭い事及び、近年のF1マシンの空力特性の2つの理由による。2018シーズンのデータで言えば、決勝レース中のオーバーテイク回数は僅かに13回。そのうち、DRSを伴わない追い抜きは3回しか計測されなかった。ちなみに2005年と2008年は僅か2回で、2000年と2002年も3回に留まっている。

カタロニア・サーキットで行われた過去30回のレースの内、ポール・トゥ・ウインは22回と、その確率は73%にも達する。だが、ポールからターン1のエイペックスまでの距離は579mとカレンダーで4番目に長く(2021年時点)、上手く蹴り出せば1周目のターン1までにオーバーテイクが可能だ。

2013年にフェラーリF138を駆ったフェルナンド・アロンソを除き、優勝は2列目以上に限られている。なお表彰台獲得としては1997年のオリビエ・パニス、2001年のファン・パブロ・モントーヤが12番グリッドから表彰台に上っている。

コースレコード

決勝レースで計測される史上最速の”ラップレコード”は、2018年にレッドブルのダニエル・リカルドが記録した1分18秒441。一方の”コース・レコード”は、同じ2018年にメルセデスAMGのルイス・ハミルトンが予選Q3でマークした1分16秒173となっている。

ラップレコード
1:18.441(リカルド/Red Bull、2018年)
コースレコード
1:16.173(ハミルトン/Mercedes、2018年)

サーキットの場所と航空写真

余談だが、サーキットの形が「ゴリラが両腕を上に上げて”ウホッ”と吠えている」ように見えることから、我々は「ゴリラ・サーキット」と呼んでいる。