メルセデス

2024年年シーズンのメルセデス所属ドライバー・チーム代表・テクニカルディレクターなどの人事体制、本拠地・国籍・搭載エンジンなどの基本情報並びにメルセデスに関するF1ニュースを紹介

ハミルトンの後任としてのベッテルのF1復帰の可能性を指摘するシューマッハ

チーム名 メルセデスAMG F1
国籍 ドイツ
本拠地 ブラックリー / イギリス
参戦初年度 1954年
チーム代表 トト・ウォルフ
技術責任者 ジェームズ・アリソン
シャシー W15
エンジン メルセデス
ドライバー
昨季コンストラクターズ選手権2位のメルセデスAMGペトロナスF1チーム(Mercedes-AMG Petronas Formula One Team)はルイス・ハミルトンとジョージ・ラッセルのコンビを継続。2024年のFIA-F1世界選手権に参戦する。 トト・ウォルフがチーム代表兼CEOを、マイク・エリオットに代わってジェームズ・アリソンがテクニカル・ディレクターを務め、ハイウェル・トーマスがエンジン部門のAMGハイパフォーマンス・パワートレインズを率いる。 本拠は英国ブラックリー。ブリックスワースで開発・製造されたメルセデス製F1パワーユニットを搭載するシャシーは「W15」と命名された。

Driver

About

メルセデスAMG F1は、メルセデス・ベンツのF1コンストラクターチーム。1954年にF1へ初参戦し2シーズンを戦った後に撤退、2010年にブラウンGPを買収して55年ぶりのワークス復活を遂げた。メルセデスのF1マシンはシルバーアローとも呼ばれる。 旧来の2.4リッター自然吸気エンジンが廃止され、F…

メルセデスAMG F1の概要をみる

メルセデス最新ニュース

メルセデス最新ニュース
をすべて見る

Recommend おすすめの記事

更新をフォロー(LINEはVOOMで配信)

このページをシェアする