アストンマーチン

アストンマーチンF1、オプション行使でベッテルとの契約を延長「チームにとっての大きな財産」2022年もラインナップを継続

チーム名 アストンマーチンF1チーム
国籍 イギリス
本拠地 シルバーストーン
チーム代表 オトマー・サフナウアー
技術責任者 アンドリュー・グリーン
参戦初年度 1959年
英国シルバーストン本拠のチームは商業契約の一環としてレーシングポイントからアストンマーチンへとチーム名を変更し、4度のF1ワールドチャンピオン、セバスチャン・ベッテルとチームオーナーの息子、ランス・ストロールのコンビで再出発を切る。 アストンマーチンがF1に参戦するのは61年ぶり。コンストラクター名は「アストンマーチン」、運営会社はAMR GP Ltd.(旧レーシングポイントUK Ltd.)で、エンジンは資本関係のあるメルセデスから供給を受ける。シャシー名は「AMR21」。 なお、アメリカ・ニュージャージー州に本社を置く多国籍IT企業、コグニザント(Cognizant)との新たな冠スポンサー契約を締結し、2021年は「アストンマーティン・コグニザント・フォーミュラ1チーム(Aston Martin Cognizant Formula One Team)」を名乗る。

Driver

About

アストンマーチンF1チーム(Aston Martin F1 Team)は英国シルバーストンに本拠を構えるF1コンストラクター。2021年シーズンのFIA-F1世界選手権で61年ぶりに復帰を果たす。 前年までF1に参戦していたレーシングポイントF1チームがリブランドされた。運営母体はAMR GP Lt…

アストンマーチンF1チームの概要をみる

アストンマーチン最新ニュース

アストンマーチンに関する
ニュースをすべて見る

Recommend おすすめの記事

更新情報をフォロー(LINEはBetaテスト中)

Share Button
このページをシェアする

このページをFacebookやTwitterで友達と共有!