2022年F1ポイントランキング

F1世界選手権のドライバー及びコンストラクターの両ランキングをリアルタイム掲載。最新シーズンの他、歴代選手権の順位・獲得ポイントも収録。1位~10位がポイント対象(入賞)で上から25-18-15-12-10-8-6-4-2-1のポイントが付与される他、ファステストラップ者にも1点が与えられ、スプリント予選では上位3名に3-2-1の追加得点が付与される。ポイント制度の詳細についてはF1ポイントシステムを参照されたい。

F1ドライバーズランキング

選手部門のワールド・ドライバーズ・チャンピオンシップの順位。シーズンを通して最も多くの点を獲得したドライバーがタイトルに輝く。ドライバーズポイントは個人に付与されるため、シーズン中にチームを移籍してもポイントが消滅する事はない。

Pos Driver Nationality Team PTS
1 マックス・フェルスタッペン オランダ レッドブル・RBPT 341
2 シャルル・ルクレール モナコ フェラーリ 237
3 セルジオ・ペレス メキシコ レッドブル・RBPT 235
4 ジョージ・ラッセル イギリス メルセデス 203
5 カルロス・サインツ スペイン フェラーリ 202
6 ルイス・ハミルトン イギリス メルセデス 170
7 ランド・ノリス イギリス マクラーレン・メルセデス 100
8 エステバン・オコン フランス アルピーヌ・ルノー 66
9 フェルナンド・アロンソ スペイン アルピーヌ・ルノー 59
10 バルデリ・ボッタス フィンランド アルファロメオ・フェラーリ 46
11 ダニエル・リカルド オーストラリア マクラーレン・メルセデス 29
12 セバスチャン・ベッテル ドイツ アストンマーチン・メルセデス 24
13 ピエール・ガスリー フランス アルファタウリ・RBPT 23
14 ケビン・マグヌッセン デンマーク ハース・フェラーリ 22
15 ランス・ストロール カナダ アストンマーチン・メルセデス 13
16 ミック・シューマッハ ドイツ ハース・フェラーリ 12
17 角田裕毅 日本 アルファタウリ・RBPT 11
18 周冠宇 中国 アルファロメオ・フェラーリ 6
19 アレックス・アルボン タイ ウィリアムズ・メルセデス 4
20 Nyck De Vries オランダ ウィリアムズ・メルセデス 2
21 ニコラス・ラティフィ カナダ ウィリアムズ・メルセデス 0
22 ニコ・ヒュルケンベルグ ドイツ アストンマーチン・メルセデス 0

F1コンストラクターズランキング

チーム部門の順位。1つのチームは車体製造者とエンジン供給者から成る。シーズン中にエンジンを変更すると選手権で別チーム扱いとなる。所属ドライバー2名の合計点がチームポイントとなる。

Pos Team PTS
1 レッドブル・RBPT 576
2 フェラーリ 439
3 メルセデス 373
4 マクラーレン・メルセデス 129
5 アルピーヌ・ルノー 125
6 アルファロメオ・フェラーリ 52
7 アストンマーチン・メルセデス 37
8 ハース・フェラーリ 34
9 アルファタウリ・RBPT 34
10 ウィリアムズ・メルセデス 6

Recommend おすすめの記事

更新をフォロー(LINEはBeta版)

このページをシェアする