2006年F1ブラジルGPで表彰台に上がるルノーのフェルナンド・アロンソとフェリペ・マッサ
Courtesy Of Ferrari S.p.A.

F1ポイントシステム

  • Updated:

FIA-F1世界選手権のポイントシステムは2010年に大幅改定され、決勝上位フィニッシャー10名にチャンピオンシップポイントが付与される事となった。

また2019年からはファステストラップ追加得点制が、そして2021年にはスプリント予選が導入され、選手権争いを巡る戦略の多様化を促している。

今季及び過去のドライバー及びコンストラクターランキングについてはF1ポイントランキングを参照されたい。

ドライバー及びコンストラクターの2部門

フォーミュラ1ではドライバー部門のドライバーズ・シャンピオンシップとチーム部門のコンストラクターズ・チャンピオンシップの2タイトルで争われる。

F1は1チーム2名制であるため、シーズンを通して2名のドライバーが獲得したポイントの合計がコンストラクターズポイントとなる。

両選手権ともに、最終戦を終えて獲得したポイント数が最も多い者がチャンピオンとなる。同一ポイントで並んだ場合は優勝の数が多い方が上位に、優勝数が同数の場合は2位(以下同)と遡って集計する。この方法で決まらない場合は国際自動車連盟(FIA)の審議を経て決定される。

上位10台がポイントゲット

2010年にポイントシステムが改正され、上位10台のドライバーにチャンピオンシップポイントが付与されることになった。

順位 ポイント数
1位 25点
2位 18点
3位 15点
4位 12点
5位 10点
6位 8点
7位 6点
8位 4点
9位 2点
10位 1点

また2019年以降は入賞者を対象として決勝レース中にファステストラップを記録したドライバーに追加で1ポイントのボーナス得点が与えられる事となった。

更に2021年の第10戦イギリスGPで導入されたスプリント予選では、上位3名に3-2-1のポイントが付与される事となった。

ポイント付与の条件

チェッカーフラッグを受けてレースを終えるのが理想だが、突然のスコールやアクシデント等によって決勝レースが中断され、そのまま再開できない場合はどうなるのか?レギュレーションでは”中止時の周回数”によってポイント付与を規定している。

ポイント付与の割合を規定する”中止時の周回数”は、先頭車両の周回数で算出される。なお中止の際のリザルトは「中断合図が出た2周回前のラップ終了の並び(競技規約第51.14条)」が採用される。

2021年ベルギーGPでは、ラップリーダーのマックス・フェルスタッペンがセーフティーカー先導下での3周目に入った際に赤旗中断がコールされ、そのまま再開される事なく終了を迎えた。

この時のレースリザルトは3 – 2 = 1周目終了時のものが採用され、レース周回数は「1周」と記録されたが、前述の通りポイント付与条件となる”中止時の周回数”はフェルスタッペンの周回数である3周を元に算出されたため、レース成立としてハーフポイントが付与された。

スタートから2周未満の場合

レースそのものが無効扱いとなり、ポイント配分は発生しない。

2周以上~レース周回数の75%未満の場合

通常付与されるはずの半分のポイントを該当順位のドライバー、チームに与える。一般にハーフポイントと呼ばれる。

レース周回数の75%以上を消化していた場合

規定周回数の四分の三以上を消化するとレースは成立したと見なされ、通常通りの満額のポイントが付与される。

史上6回のハーフポイントレース

F1ではこれまでに計6回のハーフポイントレースが記録されている。

2021年のF1ベルギーGPは、3時間27分071秒に及ぶ長時間決戦であったのとは対照的にF1史上最短の1周レースとなり、レースディスタンスとしてはスパ・フランコルシャンの全長7,004mよりも更に短い6,880mとなった。これはスタート及びフィニッシュライン間に124mのオフセットが設けられていたためだった。

過去には、事故により4名の観客が死亡して打ち切りとなった1975年のスペインGP、マーク・ダナヒューとマーシャル1名が死亡したプラクティスを経て、大雨途中中止となった同年のオーストリアGP、雨による31周打ち切りレースとなった1984年のモナコGP、同じく雨で14周レースとなった1991年のオーストラリアGP、そして31周のウェットレースとなった2009年のマレーシアGPがハーフポイントレースとして記録されている。

F1ポイントシステムの歴史

チャンピオンシップは各レースの順位によって与えられる点数「チャンピオンシップ・ポイント」の総計によって勝者を決するが、時代によってポイント付与のシステムは変貌を遂げてきた。

創世記を経て30年近く安定していたF1のポイントシステムは、優勝者の得点を9点から10点へと引き上げた1991年を機に、10年おき程度に止めどなく変更され続けている。

ポイントシステムには、各レース結果のポイント合計ではなく、シーズン中の上位数レースのみのポイント合計でランキングを算出する「有効ポイント制」と呼ばれる仕組みも存在する。他のマシンとの接触が不可避であるような不慮のアクシデントが多いカテゴリで採用される事が多く、F1では1990年まで有効ポイント制が用いられていた。

F1世界選手権のポイント配分の歴史
シーズン 決勝レース スプリント予選
1位 2位 3位 4位 5位 6日 7日 8日 9日 10日 FL 1位 2位 3位
1950-1959 8 6 4 3 2 1
1960 8 6 4 3 2 1
1961-1990 9*1 6 4 3 2 1
1991-2002 10 6 4 3 2 1
2003-2009 10 8 6 5 4 3 2 1
2010-2018*2 25 18 15 12 10 8 6 4 2 1
2019-2020 25 18 15 12 10 8 6 4 2 1 1
2021 25 18 15 12 10 8 6 4 2 1 1 3 2 1

*11961年に限りドライバーズポイント9点に対して、コンストラクターズポイントは8点だった。
*22014年は最終戦のみポイントが2倍。

詳しくは「紆余曲折…F1ポイントシステムの変遷:得点共有時代からスプリント予選新時代まで」を参照されたい。