creativeCommons Air Force One

スーパーライセンス

  • Updated:

FIAスーパーライセンスとは、F1世界選手権に参戦するために必要となるドライバー用の免許証のこと。国際自動車連盟(FIA)が管理・発給するモータースポーツ界におけるトップレベルのライセンス。FIA国際スポーツ規則付則L項にて規定されている。有効期間は取得年の終わりまでとなるため毎年更新が必要。

なお、ドライバーのライセンスとは別に、競技参加者、競技役員、オーガナイザー、サーキット等のスーパーライセンスも存在するが、このページではドライバー用のライセンスについて説明する。

なおスーパーライセンスの他に、F1のフリー走行のみの参加を許可する「フリー走行限定ライセンス」も存在する(付則L項第5条2項で規定)。これには、将来が有望視される若手をサポートする狙いがある。

  • スーパーライセンス
  • フリー走行限定スーパーライセンス

スーパーライセンスの発行基準

スーパーライセンス及びフリー走行限定ライセンス共に、まずは以下の要件を満たす必要がある。

  • 出走を計画しているF1グランプリの週末時に満18歳以上である事
  • FIAが発行する国際A級ライセンスを所持している事
  • 自国の自動車運転免許を所持している事
  • F1競技規約及びFIA国際競技規約に関する質疑をクリアする事(初回申請時のみ)

スーパーライセンスを取得するためには、上記に加えて以下のいずれかの要件を満たす必要がある。下記3番目の”相応の腕”については別途証明が必要で、申請日の180日以内に現行F1マシン相当のマシンに乗り、レーシング速度において少なくとも300kmの走行を完了した事を、1)テスト実施国のASNによって証明を受ける、あるいは、2)F1グランプリの週末の中で消化する必要がある。

  • 過去3シーズン中にスーパーライセンスを所持していた者
  • 過去3シーズンでライセンスポイントを40点以上獲得するか、過去2シーズンに加えて申請年の見込み獲得ポイントの合算が40点以上となる者
  • 過去3シーズンより前にスーパーライセンスを取得。かつ、現在も相応の腕を持っている者

フリー走行限定ライセンスの場合には、FIA-F2選手権への6戦以上の参戦経験ないしは、過去3年でスーパーライセンスポイントを25点以上を保有するドライバーに出願が限定される。またこれに加えて、参加させたいチーム側がFIAに対してドライバーの能力を証明する事が要件とされており、申請の180日以内に、少なくとも最低2日以上、現行F1マシン相当のマシンをドライブし、300kmを超える距離をレーシングスピードで走行する事が必要となる。

基準は毎年見直されており、過去には「フォーミュラ・ニッポンで年間3位」「フォーミュラ・ルノー3.5のチャンピオン」のようなシンプルなものだった。2015年に史上最年少でF1にデビューしたマックス・フェルスタッペンの年齢(デビュー当時17歳)に対して、各方面からイチャモンがついた事等を受けて、2016年に「18歳」という年齢制限が加わった。

取得費用

ライセンスには年会費が必要となり、FIAに直接これを支払う必要がある。基本料金が1万2800ドル、日本円にして140万円程度で、これにチャンピオンシップポイント1点あたり1,280ドル、日本円で約14万円を支払う。

2009年のF1ワールドチャンピオンであるジェンソン・バトンは当時、128万ドル、1億4000万円の支払いを強いられた。

ペナルティーポイント

一般の免許証が交通違反によって免停となるのと同様に、スーパーライセンスの取消を行う仕組みとして、ペナルティーポイントシステムが存在する。レース中のインシデント等において、特に悪質と判断された場合、スチュワードによってペナルティーポイントが科せられる。通常は2点~3点の間の違反ポイントが加算される。

スーパーライセンスに対するペナルティポイントは12ヶ月間有効とされ、違反12ヶ月後に削除される。12ヶ月の間に12点に達した場合、1戦の出場停止処分が下される。

申請

スーパーライセンス及びフリー走行限定ライセンスの取得希望者は、参加を予定しているF1での走行日の少なくとも14日前には、申請書をFIAに提出しなければならないが、不測の事態に伴って急遽ドライバーを変更しなければならない場合に限り、当該グランプリの初期車検開始48時間前までの提出が許可される。

ドライバーが初めてスーパーライセンスを申請する際は、ドライバーの代理としてASN(各国のモータースポーツの管轄団体)が申請を行う。申請には以下の3つの書類が必要となる。

  • ドライバーが持つ国際A級ライセンス
  • FIAへの推薦事項
  • ドライバーのレース成績

FIA国際ドライバーライセンスに記載される内容

スーパーライセンスをはじめ、FIAが管轄するドライバーの免許証には以下の内容が記されている。

  • ライセンス番号
  • ライセンスのグレード
  • 有効期間の開始日と終了日
  • ドライバーの最近の写真
  • ドライバーのフルネーム
  • ドライバーの生年月日
  • 健康診断の結果
  • 視力矯正の有無
  • 特別な医学的注意事項

F1 スーパーライセンスポイント表

スーパーライセンスポイントを稼ぐ事ができるのは以下のシリーズのみ。フルシーズンの80%以上のイベントに出走する事が必要となる。シリーズによって点数配分が異なるために、世界の主要レーシングカテゴリーが、FIAの名のもとに築かれたヒエラルキーに組み込まれている。この点は非常に政治的だ。

当初は、年間に複数のシリーズに参戦しても、その内の一つのシリーズのリザルトしかポイント対象とならなかったが、現在は開催期間が被らない場合にのみ、年間2つまでのシリーズでのリザルトを対象とする事ができる。

2018年には欧州F3、フォーミュラE、WECのLMP1クラス、GP3、フォーミュラ・ルノー3.5、スーパーフォーミュラの6つのカテゴリが格下げ扱いとなったため、F1への最短ルートはFIA F2(2016年までGP2と呼ばれていた)の1択という状況に。また、アメリカとアジアの2つ地域で開催される新シリーズ「F3地域選手権」と、トヨタ・レーシングシリーズの2つが新たに追加された。

2019年は新設の女性限定シリーズ「Wシリーズ」が組み込まれた他、スーパーフォーミュラやSUPER GT、ドイツツーリングカー選手権(DTM)へのポイント割り当てが引き上げられた。

下記とは別に、ペナルティポイントシステムが導入されているFIA選手権において、一度もペナルティポイントを科せられずにシーズンを終えた者には、追加でスーパーライセンス2点が加算される。また、FIA-F3ワールドカップ、通称F3マカオGPの勝者には、下記とは別に5点が加算される。

シリーズ 選手権順位
1位 2位 3位 4位 5位 6位 7位 8位 9位 10位
FIA F2 40 40 40 30 20 10 8 6 4 3
GP2(~2016年) 40 40 30 20 10 8 6 4 3 2
IndyCar 40 30 20 10 8 6 4 3 2 1
FIA F3 30 25 20 10 8 6 4 3 2 1
Formula E
ヨーロッパF3
(~2018年)
WEC LMP1 30 24 20 16 12 10 8 6 4 2
FIA 欧州フォーミュラ 25 20 15 10 7 5 3 2 1 0
スーパーフォーミュラ
GP3(~2018年)
WEC LMP2 20 16 12 10 8 6 4 2 0 0
DTM 20 16 12 10 7 5 3 2 1 0
Super GT
Formula V8 3.5
(~2017年)
20 15 10 8 6 4 3 2 1 0
フォーミュラ・ルノー2.0 Eurocup 18 14 12 10 6 4 3 2 1 0
F3アジア
F3アメリカ
W Series
IMSA Proto 18 14 10 8 6 4 2 1 0 0
WTCC 15 12 10 7 5 3 2 1 0 0
v8スーパーカー
NASCAR Cup
Indy Lights
F4 12 10 7 5 3 2 1 0 0 0
アジアン・ルマン
Proto
10 8 6 4 2 0 0 0 0 0
欧州ルマン Proto
WEC LMGTE Pro
WEC LMGTE Am
アジアF3ウィンターシリーズ 10 7 5 3 1 0 0 0 0 0
各国F3選手権
Formula Mazda
NASCAR National Series
トヨタ・レーシング・シリーズ 7 5 3 2 1 0 0 0 0 0
GT3 6 4 2 0 0 0 0 0 0 0
CIK-FIA シニア 4 3 2 1 0 0 0 0 0 0
CIK-FIA コンチネンタル・シニア 3 2 1 0 0 0 0 0 0 0
CIK-FIA ジュニア
CIK-FIA コンチネンタル・ジュニア 2 1 0 0 0 0 0 0 0 0

プラクティスポイント

2020年よりF1フリー走行に出走することでスーパーライセンスポイントを獲得出来るようになった。フリープラクティス限定のスーパーライセンス保有者であれば、1回のセッションで100km以上を走行した場合に1点を獲得できる。なお、当該セッション中にペナルティポイントが科された場合は加算の対象とならない。1つの週末で最大1点まで、また、3シーズンで最大10点を獲得できる。