レッドブル・ホンダ

シルバーストンでフェルスタッペンに再びブーイング「やりたいなら、やればいい」ハミルトンとメルセデスは観客を非難

チーム名 レッドブル・レーシング
国籍 オーストリア
本拠地 ミルトン・キーンズ / イギリス
チーム代表 クリスチャン・ホーナー
技術責任者 ピエール・ワシェ
参戦初年度 1997年
シャシー レッドブル・パワートレインズ(ホンダ製)RBPTH001
搭載エンジン RB18
英国ミルトンキーンズに本拠を構えるレッドブルは、ホンダのF1撤退並びに米国IT巨人とのタイトルスポンサー契約締結に伴い、チーム名を「オラクル・レッドブル・レーシング(Oracle Red Bull Racing)」へと変更した。 搭載されるF1パワーユニットは新設のレッドブル・パワートレインズのバッジが掲げられるものの、中身はもちろん、開発・組み立てもホンダが引き続き担当する。 ドライバーラインアップに変更はない。チームでの7シーズン目を迎えてディフェンディング・チャンピオンとしてタイトル防衛戦に挑むマックス・フェルスタッペンと、2年目を迎えるベテラン、セルジオ・ペレスのコンビを継続する。 首脳陣の顔ぶれも変わらない。クリスチャン・ホーナーは年明けにチーム代表としての契約を延長。テクニカルチーフはピエール・ワシェが務める。 新時代初の勝者を目指し開発された車体には「RB18」の名が与えられた。

Driver

About

レッドブル・レーシングとは、エナジードリンクの製造メーカーであるレッドブルが所有するレーシングコンストラクター。1995年にザウバーのスポンサーとしてF1との関わりを開始し、2004年に撤退を表明したジャガー・レーシングを買収する形でF1への参戦を果たした。 2010年から2013年にかけては、セバ…

レッドブル・レーシングの概要をみる

レッドブル・ホンダ最新ニュース

レッドブル・ホンダに関する
ニュースをすべて見る

Recommend おすすめの記事

更新をフォロー(LINEはBeta版)

このページをシェアする