レッドブル・レーシング
copyright redbullracing

レッドブル・レーシング

  • Updated:

チームデータ

チーム名 レッドブル・レーシング
国籍 オーストリア
本拠地 ミルトン・キーンズ / イギリス
チーム代表 クリスチャン・ホーナー
技術責任者 ピエール・ワシェ
参戦初年度 1997年
シャシー レッドブル・パワートレインズ(ホンダ製)RBPTH001
搭載エンジン RB18
WEBサイト www.redbullracing.com
SNS instagram

レッドブル・レーシングとはエナジードリンクの製造メーカーであるオーストリアのレッドブル社が事実上所有するレーシングコンストラクターで、2004 年8月11日に設立された。

レッドブルは1995年にザウバーのスポンサーとしてF1との関わりを開始し、2004年に撤退を表明したジャガー・レーシングを買収する形でF1への参戦を果たした。

ジャガーの前身は3度のF1王者ジャッキー・スチュワートと息子ポール・スチュワートにより1997年に設立されたスチュワート・グランプリで、2000年1月4日にジャガーに買収された。

レッドブル・レーシング社はイギリスのミルトンキーンズに本社を構えており、チーム代表のクリスチャン・ホーナーとモータースポーツ・アドバイザーを務めるヘルムート・マルコが役員を務めている。

筆頭株主はレッドブル・テクノロジー・リミテッド社(RTL)で75%の株を所有しており、そのRTLの筆頭株主はレッドブル社の共同設立者であるディートリッヒ・マテシッツ(25%以上50%以下)だ。

ホーナーはアリスター・デヴィッドと並ぶRTLの役員でもある。

レッドブル・レーシングは2010年から2013年にかけてセバスチャン・ベッテルと共にドライバー及びコンストラクターの両タイトル4連覇の快挙を達成した。

2019年にホンダとF1パワーユニット契約を締結すると、その3年後の2021年にマックス・フェルスタッペンと共にドライバーズ・チャンピオンシップを勝ち取り、8年に渡るメルセデスのV6ハイブリッド時代支配に終止符を打つと、翌年にはコンストラクターを含めたダブルタイトルを獲得した。