エイドリアン・ニューウェイcopyright Getty Images / Red Bull Content Pool

エイドリアン・ニューウェイ

  • 最終更新:

人物データ

名前
エイドリアン・ニューウェイ / Adrian Newey
国籍
イギリス
出身地
ウォリックシャー
生年月日
1958年12月26日 / 61歳

エイドリアン・ニューウェイ(Adrian Newey OBE)は、1958年12月26日生まれのイギリス出身レーシングカー・デザイナー。現在、レッドブル・レーシングのチーフ・テクニカル・オフィサーを務めている。日本語表記としてはエイドリアン・ニューエイ、エイドリアン・ニューウィー、エイドリアン・ニューイなど。

空力の鬼才として知られ、手がけたマシンはウィリアムズ、マクラーレン、レッドブルの3チームにおいてグランプリ優勝100回以上を誇り、10度のコンストラクターズタイトル獲得に貢献。F1を代表するデザイナーの一人であり第一人者。

16歳で学校を退学になった(コンサート会場でのサウンドチェックをハイジャックして、ステンドグラスの窓を吹き飛ばした事が原因)にも関わらず、歴史上最も偉大なF1デザイナーと称されるようになった。年間約700万ポンド(日本円にして約9億円)を稼いでいるとされる。2012年には大英帝国四等勲爵士(OBE)を叙勲した。

エイドリアン・ニューウェイ、2018年F1モナコGPにて
© Getty Images / Red Bull Content Pool、エイドリアン・ニューウェイ、2018年F1モナコGPにて

空力の専門家でありレーサー

2010年にジネッタG50カップでクラッシュし、病院に搬送されたことは記憶に新しいが、ニューウェイはデザイナーであるとともにレーサーでもある。

マシンデザインにはB2鉛筆を使う

ニューウェイはマシンを設計するときCAD(コンピュータ支援設計)システムをつかわない。PCを使わないのだ。ディフューザやサスペンションのレイアウトをスケッチする時、必ず2Bの鉛筆と製図板を使ってデザインする。

主なキャリア

サウサンプトン大学で航空学を学び、1981年からの9年間をマーチ(その後のレイトン・ハウス)で働き、1990年にパトリック・ヘッドがウィリアムズに勧誘したことでF1の世界へと足を踏み入れた。マーチでは、ニューウェイが手掛けたスポーツカーが1983年と1984年にIMSAのGTPクラスで優勝。インディカー・プロジェクトの「マーチ85C」は、選手権とインディ500の両方を制した。

1990-1996年 ウィリアムズ: 優勝53回

豊富な予算、最高のドライバーのおかげで圧倒的な勝利数を積み重ねた。パトリック・ヘッドと協力し、1991年から1997年の間にコンストラクターズタイトルを5度獲得。ナイジェル・マンセル、アラン・プロスト、デイモン・ヒル、ジャック・ビルヌーブにドライバーズタイトルをもたらした。

悲しい出来事もあった。1994年にアイルトン・セナが事故死。ニューウェイは事故について「設計の過失がセナの死につながったと感じていたら、仕事に戻るのがとても難しかっただろう。でもわたしはそれが原因だったとは思っていない」と回顧している。

1997年-2005年 マクラーレン: 優勝44回

ミカ・ハッキネンが1998年と1999年のドライバーズ・タイトル獲得。ところがフェラーリとミハエル・シューマッハの黄金時代の到来により、マクラーレンは停滞する。これを機にニューウェイは、新たなる挑戦と報酬に誘われてレッドブルに移籍した。

「ウィリアムズとマクラーレンに移籍した時、彼らは既に優勝経験を持つチームであったが、設計及びエンジニアリングの点で多少路頭に迷っていた。そこでの私の仕事は設計が主体だった。だからこそレッドブルへの移籍を決断したのだ。レッドブルは先の2チームとは全く異なり、ゼロからの出発だった。チームの発展と成長に手を貸したかったのだ」

2006年-2019年末現在 レッドブル: 優勝62回

レッドブル移籍後に最初に手掛けたRB3とRB4は、先代マシンと比べて着実に進歩を遂げたが、ニューウェイの功績はマシンデザインより人材登用にあった。当時レッドブルは、優勝争いを目指して投資を重ね、施設の拡大と人材のリクルーティングに力を入れていた。新興チームに才能溢れる人々が集まった背景に、ニューウェイの名があった事は明らかだった。

2009年は重大な分岐点となった。空力関連のレギュレーションが大きく変更された事で、デザイナーの腕が試される事となった。ニューウェイはこのチャンスを掴んだ。RB5は優勝6回とコンストラクターズ選手権2位をもたらした。

優れたプラットフォームを作り上げた事で、翌年のRB6は9勝を挙げてチーム初となるコンストラクターズタイトルを獲得。セバスチャン・ベッテルに初のドライバーズタイトルを授ける事となった。この勢いは留まる事なく、レッドブルは2011年、2012年、2013年と続くダブル・チャンピオンシップ制覇を達成した。

ハイブリッド・ターボが導入された2014年末、ニューウェイはF1での業務から一歩退き、Red Bull Advanced Technologiesの責任者に就任。ヨットレースのアメリカスカップや、アストンマーチンとのハイパーカープロジェクト「ヴァルキリー」に至るまで、F1以外の領域でその腕を奮った。

現場を離れたとは言え、ノートを手にグリッドを歩き回る姿がよく見られるように、ニューウェイは依然としてF1マシンのデザインに多大な影響を与え続けている。2018年には女性限定のフォーミュラカーレース「Wシリーズ」をデビッド・クルサードらと共同設立し、同年秋には電動SUV戦「エクストリームE」への参戦に向けて、新チーム「ベローチェ・レーシング」をジャン=エリック・ベルニュらと設立した。

電動SUVエクストリームEに参戦するベローチェ・レーシングのエイドリアン・ニューウェイとジャン=エリック・ベルニュ
© Extreme E、ベローチェ・レーシング立ち上げを発表したエイドリアン・ニューウェイとジャン=エリック・ベルニュ

レッドブルにおいて、ニューウェイが手掛けたF1マシンのレース優勝は100回を越えた。ハイブリッドターボが導入された2014年、フェラーリからレッドブルの2倍以上の年俸を提示された移籍のオファーを受けたが、これを断った。

ニューウェイはこの決断について「レッドブルがキャリア最後のチームになると思う。幸い経済的には、働きたくなければ働く必要がない立場にいる。チームにいる理由は楽しいからだ。楽しくないのに楽しいようなふりはしない」と語っている。