1991年から90年までF1グランプリが開催されたポール・リカール・サーキットcopyright circuitpaulricard

ポール・リカール・サーキット

  • 最終更新:

サーキットデータ

名前
ポール・リカール・サーキット
所在国
フランス
住所
2760 Route des Hauts du Camp, RDN8, 83330 Le Castellet, フランス
設立年
1970年
デザイン
ヘルマン・ティルケ(2002年改修)
コース全長
5,842m | 15コーナー
周回数
53周 | 時計回り
ピットレーン長
580m
最高速度
340km/h
エンジン負荷レベル
| 全開率 : 70%
ブレーキ負荷レベル
燃料消費量
| 1.98kg/周
フューエル・エフェクト
| 0.33秒/10kg
タイヤ負荷レベル
エアロ重要度
セーフティーカー出動率
50%
最大高低差
31m
収容人数
65,000人
レコード
1分39秒.914 ケケ・ロズベルグ/1985年/ウィリアムズ・ホンダ
@PaulRicardTrack
@CircuitPaulRicard
WEBサイト
www.circuitpaulricard.com

ポール・リカール・サーキットは、フランス・マルセイユ近郊のル・キャステレ村にあるサーキット。1970年に設立され、1990年までのおよそ20年間に渡ってF1フランスGPの舞台となった。名前の由来は、同コースの資金調達を手がけた世界第4位の仏酒造メーカー”ペルノ・リカール”の創業者ポール・リカール。

2016年12月、2018年シーズンよりF1に復帰する事が発表され、10年ぶりにフランスGPが復活することになった。契約は2022年までの5年間。ポール・リカールでのF1開催は、フェラーリのアラン・プロストが優勝した1990年以来28年ぶりとなる。

コースレイアウト

F1グランプリで使用されるのは、1.8kmのミストラス・ストレートの途中にシケインを設けた全長5.842kmのレイアウト。これは欧州最長のストレートの一つとなっており、設立当初のオリジナルのコースレイアウトに近い。高速コーナーは10コーナーの”シーニュ”のみ。低速セクションと直線コースの構成は、典型的なストップ・アンド・ゴーと言える。

ポール・リカール・サーキットのコースレイアウト図

18年のカレンダー復帰に際しては、超ロングストレートのハイスピード・レイアウトを望む声が多かったが、FIAはエンジンへの負荷を考慮し、8及び9コーナーから構成されるシケイン導入を決めた。とは言え、シミュレーションによれば8コーナー手前での速度は時速340kmに達するとされており、ブレーキング勝負でのオーバーテイクが期待されている。

エンジン全開率は70%と高く、エンジンへの負荷が高いパワーハングリーな特性を持つ。ブレーキへの負荷は少ないもののタイヤへの負荷はかなり高め。デグラデーションへの対処がレースの勝敗を左右する。

2017年のELMS 4時間耐久、ポール・リカール・サーキットにて
© Morgan Mathurin

“強風”の名を持つバックストレート

ポール・リカールのバックストレートは「ミストラル・ストレート」と呼ばれているが、”ミストラル”はフランス語で「フランス南東部に吹く強い北風の事」を意味しており、文字通りコースに吹き付ける風がかなり強い事で知られる。

現代のF1マシンは複雑なエアロダイナミクスの上に成り立っているため、突発的な気流の変化に対して極めて弱い。強風が走行中のマシンに与える影響は大きく、ダウンフォースが不安定となりマシンの挙動が乱れる。強風に対する対処が、レースの行方を左右する事は間違いない。

ランオフエリアに設置された赤と青のストライプ

青と赤のコントラストが美しいポール・リカール・サーキット
© circuitpaulricard、青と赤のコントラストが美しい

ランオフエリアには赤と青の2つのカラーで彩られた減速機構が備わっている。青縞の方は紙やすり=サンドペーパーのような組成となっており、コース外に飛び出たマシンを減速させる。赤の方はマシンがバリアに激突しないようにより摩擦係数が高い表面になっている。

テスト専用ハイテクサーキット

1999年を最後にロードレース世界選手権(現MotoGP)の舞台から退いたポール・リカールは、当時F1トップを務めていたバーニー・エクレストンの関連企業エクセリス社によって買収され、以降テスト専用サーキットの道を歩む。2009年までの10年間はレースが一切開催されなかった。

2002年にヘルマン・ティルケの設計によって改修され「ハイテク・テスト・トラック」という名称に変更。全167通りものレイアウトを備え、マシン開発やレース競技に合わせて最短826mから最長5,861mまで変幻自在のレイアウトを可能にした。同年トヨタは、ポール・リカールをトヨタF1の前線基地と位置づけ、エクセリス社と提携した。

ポール・リカール・サーキットの自動給水システム
© B. Asset

F1から市販車まで、幅広い車のテストに最適化された新しいコースは「ウルトラ・リファイン・ウォーター・システム」と呼ばれる人工ウェットコンディション再現装置や、高強度コンクリート及びポリエステル溝による高排水システム等を備える。自動給水システムには雨水を再利用している。

ポール・リカールを走るフェラーリF1マシン
© circuitpaulricard

レース競技用サーキットに復帰したのは2009年、4400席のグランドスタンド席を新設するなどして1万人の観客を収容できるように再改修された。以降、ヨーロピアン・ル・マン(ELMS)やブランパンGT、FIA WTCC等の開催コースに採用され、コース名称を「サーキット・ポール・リカール」に戻した。

以上のような経緯があるため、2018年現在では最大6万5千人までしか収容できず、観客動員の点で大きな課題を抱えている。

ポール・リカール・サーキット
© Morgan Mathurin