creativeCommons NA.dir

ブッダ・インターナショナル・サーキット

  • Updated:

サーキットデータ

名前 ブッダ・インターナショナル・サーキット
所在国 インド
設立年 2011年
デザイン ヘルマン・ティルケ
全長 5,141m | 16コーナー
周回数 60周 | 時計回り
収容人数 120,000人
総工費 327億円
WEBサイト www.jaypeesports.com

*1 ポールポジションから最初の制動地点までの距離
*2 全開率は距離ではなくタイムベースで算出

ブッダ・インターナショナル・サーキット(Buddh International Circuit)とは、2011年10月30日に初開催されたF1インドGPのサーキット。主催者のジェイピー・スポーツ・インターナショナルにちなみ「ジェイピー・グループ・サーキット」と呼ばれていたが名称が変更された。

多くのF1ドライバーはこのサーキットに良い印象を持っており、ジェンソン・バトンは次のようにコメントしている。「レイアウトに関しては、彼らは本当に良い仕事をしたと思う。良いデザインだし、コーナーのエントリーはオーバーテイクに良さそうだ」

コースレイアウト

ブッダ・インターナショナル・サーキットのコースレイアウト
creativeCommonsJohn Chapman

ロケーションと特徴

グレイター・イノダというインドの首都ニューデリーより50kmに位置するところに位置する。インドの首都ニューデリーと最大の観光地であるタージマハールヤムナ高速道路沿い。

サーキット設計はお馴染みヘルマン・ティルケ。全長5.14kmのサーキットには、勾配のある低速コーナーセクションとロングセクションが設けられており、オーバーテイクが期待できるという。平均速度はF1でも最高レベルで320kmにも達する。

ドライバー育成施設

ブッダ・インターナショナル・サーキットは、総合スポーツセンターの一部として建設されていることからサーキット以外の役割も担う。その広大な敷地内にはメルセデス・ベンツと共同で建設されたモーター・ドライビング・アカデミーなどがある。

サーキット解説

セバスチャン・ベッテルバージョン

レッドブルお得意のサーキット解説動画。セブの解説。

チャンドックバージョン

インド人ドライバーであるカルン・チャンドックが解説してくれています。

レッドブルによるF1カー初走行デモラン

オープニングイベントとして、ニール・ヤニがレッドブルのF1ショーカーでデモランを行っている。

サーキットの場所(この辺のはず)