イスタンブール・パーク・サーキットのホームストレートとグランドスタンド、2020年F1トルコGPcopyright Red Bull Content Pool

イスタンブール・パーク・サーキット

  • Updated:

サーキットデータ

名前 イスタンブール・パーク・サーキット
所在国 トルコ
設立年 2005年
デザイン ヘルマン・ティルケ
全長 5,338m | 14コーナー
周回数 58周 | 反時計回り
ピットレーン長 385m| 17.3秒
ターン1までの距離*1 210m
最高速度 329.5km/h
エンジン負荷*2 | 全開率 : 66%
エアロ重要度
最大高低差 41m
収容人数 125,000人
総工費 270億円
WEBサイト www.intercitypark.com
SNS instagram

*1 ポールポジションから最初の制動地点までの距離
*2 全開率は距離ではなくタイムベースで算出

インターシティ・イスタンブール・パーク(英:Intercity Istanbul Park)とは、通称イスタンブール・パーク・サーキットとして知られる2005年8月21日開業のレースコースで、ボスポラス海峡を隔ててヨーロッパとアジアにまたがるトルコ最大の都市、イスタンブールの東に位置する。

2005年から2011年までF1トルコGPが開催されていたが、その後財政的な理由でカレンダーから脱落。新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響で再編された2020年シーズンの第14戦F1トルコGPの舞台として、9年ぶりにF1カレンダーに復活した。

平均時速205kmを超える高速サーキットで、F1カレンダーの中では数少ない反時計回りのコースのひとつであった。ベルギーが誇る伝統のスパ・フランコルシャンと比較される事が多く、F1のバーニー・エクレストン元CEOをして「世界最高のレーストラック」と言わしめるほどで、ヘルマン・ティルケ最高傑作の一つとの呼声も高い。

コースレイアウト

イスタンブール・パーク・サーキットのコースレイアウト図、2020年F1トルコGP

注目はモンツァの最終コーナー「パラボリカ」にちなみ「ディアボリカ」という愛称で親しまれてるターン8だ。このコーナーは4つのエイペックスを持つ下り坂の複合高速コーナーで、かつてのニュルブルクリンクのマルチエイペックスとの類似点も指摘される。現行F1マシンでは7速260km/hが予想される。

ホームストレート終端に位置する急な下り坂の左コーナー、ターン1も注目だ。これはラグナセカのコルクスクリューにちなんで「トルコ・コルクスクリュー」と呼ばれている。他にも、オー・ルージュに似ているという理由で、バックストレートの中程の上り坂にある時速300kmオーバーのターン11が「フェイク・ルージュ」と呼ばれている。

時速100kmを下回るコーナーはターン4、ターン12、ターン13の3つ。高速と低速とのバランスを考えたセットアップが要求される。

DRSゾーンはホームストレートとバックストレートの2箇所に設けられる。

特徴

F1ドライバーは時計回りのサーキットに慣れている。イスタンブール・パーク・サーキットはイモラやアブダビと並び、F1カレンダーにおいて珍しい反時計回りのサーキットであり、ドライバーの首への負担が大きい。特にディアボリカ(ターン8)によるドライバーへの身体的影響は少なくない。

高低差もさる事ながら起伏の変化が大きいため、特にセクター1にはブラインドが多くチャレンジングだ。ポールポジションからターン1までは210mと短く、また偶数列(ターン1に対してのイン側)のグリップが低い事が予想されるため、ポールポジションの優位性は大きい。

歴史

2006年のグランプリの際、現地オーガナイザーが、国際的に存在が認められていない北キプロス・トルコ共和国の大統領メフメト・アリ・タラートをプレゼンターとして起用した事で、F1の統括団体である国際自動車連盟(FIA)がスポーツの政治利用を問題視して、オーガナイザーに500万ドルの罰金を科す事件があった。

2012年にインターシティがイスタンブール・パークの権利を取得。改良工事と投資が行われたことで、トルコで最大の自動車・モータースポーツ・交通安全の複合施設へと転身した。

F1の他には、世界ツーリングカー選手権(WTCC)や、ヨーロピアン・ル・マン・シリーズ(LMES)、ドイツ・ツーリングカー選手権(DTM)、MotoGP、スーパーバイク世界選手権(SBK)などのイベントを開催している。

コースレコード


タイム ドライバー チーム
ラップレコード 1:24.795 ファン・パブロ・モントーヤ マクラーレン 2005年

サーキットの場所と地図

写真

2011年のF1トルコGPの様子

2011年F1トルコGP決勝レースの様子

イスタンブール・パーク・サーキットのホームストレート、2014年フェラーリ・レーシング・デイズにて

イスタンブール・パーク・サーキットのパドックビル、2014年フェラーリ・レーシング・デイズにて

イスタンブール・パーク・サーキットのターン1、2014年フェラーリ・レーシング・デイズにて