レース・オブ・チャンピオンズの会場風景

世界最速ドライバーは誰?第31回レース・オブ・チャンピオンズ、メキシコで1月19・20日に開催

  • 最終更新:

世界最速のドライバーは誰なのか?あらゆるシリーズのトップドライバーが腕を競う「レース・オブ・チャンピオンズ(ROC)」が、2019年1月19日、20日にF1メキシコGPの舞台であるエルマノス・ロドリゲス・サーキットで開催される事が決定した。ROCがラテンアメリカで開催されるのは今回が初。

ROCは、F1やNASCAR、インディカーやWEC、WRC等、様々なカテゴリーで活躍する世界のスタードライバーが一同に集結し、ワンメイクのクルマで競う世界最大規模、30年以上の歴史を持つレースイベント。これまでにドイツやフィンランド、フランスなどヨーロッパを中心に各国で開催されており、2019年はエルマノス・ロドリゲスのスタジアムセクションにあるフォロ・ソルで行われる。

イベントは2日間に渡って開催される。まずは同じ国籍のドライバーがペアで挑む国別対抗選手権「ROC Nations Cup」が19日(土)に、メインイベントのチャンピオンズレースは20日(日)に開催される。チームワークと個人スキルの両方が試される。

ROCマシンを走らせるデイビッド・クルサード、2018年レース・オブ・チャンピオンズにて

参加ドライバーについては1月のイベント開催までに正式発表される予定。過去にはファン・パブロ・モントーヤやセバスチャン・ベッテル、ロマン・グロージャンらF1ドライバーがレース・オブ・チャンピオンズで優勝。昨年はデイビッド・クルサードが勝利している。

使用されるマシン「ROC Car」は475kgの車体に175馬力を発する1.1リッター4気筒エンジンを搭載、6速シーケンシャル・ギアボックスで後輪を駆動する。タイヤを供給するのはミシュラン。サスペンションはファスト&スピードの特別モデルが用意される。