FIA

FIA国際自連、2018年 F1世界選手権開催日程を承認

  • 公開日時:

7日木曜、パリで開催された世界モータースポーツ評議会を終え、FIA国際自動車連盟は、2018年のフォーミュラ1世界選手権の開催カレンダーが承認された事を発表した。F1初となる3週連続開催のトリプルヘッダー、フランスGPとドイツGPの復帰等が確認されている。

今年6月に発表された暫定カレンダーからの大きな変更としては、中国とバーレーンの開催日程が入れ替わった点が挙げられる。2018年シーズンは歴代最多となる全21戦、今年と同じ3月25日のオーストラリアに始まり11月25日のアブダビで終了する予定となっている。

6月最終週のフランスGPを終えると、7月1日のオーストラリアGP、7月8日のイギリスGPと、チームは3週連続での移動を強いられることになる。これは6月14日から7月15日にかけてロシアで開催される第21回FIFAワールドカップとの兼ね合いが原因。シーズン前半戦最後の1ヶ月間で、計5つのグランプリが強行開催される。

商業権所有者の承認待ちとなっていた第15戦シンガポールは暫定発表の日時そのままで正式に決定した。なお、アメリカGPについては統括団体の承認待ちとなっている。鈴鹿サーキットで行われるF1日本GPは、10月7日(日)に決勝レースとなる。

2018年 F1グランプリ開催日程

ラウンド 決勝日時 グランプリ サーキット
開幕 オーストラリアGP アルバート・パーク・サーキット
2 バーレーンGP バーレーン国際サーキット
3 中国GP 上海国際サーキット
4 アゼルバイジャンGP バクー市街地コース
5 スペインGP カタロニア・サーキット
6 モナコ モンテカルロ市街地コース
7 カナダGP ジル・ヴィルヌーブ・サーキット
8 フランスGP サーキット・ポール・リカール
9 オーストリアGP レッドブル・リンク
10 イギリスGP シルバーストーン・サーキット
11 ドイツGP ホッケンハイム・リンク
12 ハンガリーGP ハンガロリンク
13 ベルギーGP スパ・フランコルシャン
14 イタリアGP モンツァ・サーキット
15 シンガポールGP マリーナベイ市街地コース
16 ロシアGP ソチ・オートドローム
17 日本GP 鈴鹿サーキット
18 アメリカGP サーキット・オブ・ジ・アメリカズ
19 メキシコGP エルマノス・ロドリゲス・サーキット
20 ブラジルGP インテルラゴス・サーキット
最終 アブダビGP ヤス・マリーナ・サーキット

2018年 F1テスト開催日程

シーズン前テストはスペインのカタロニア・サーキットで、イン・シーズンテストはカタロニアとハンガリー・ハンガロリンクで行われる。

期間 会場
2月26日-3月1日 カタロニア・サーキット
3月6日-3月9日 カタロニア・サーキット
5月15日-5月16日 カタロニア・サーキット
7月31日-8月1日 ハンガロリンク