シルバーストーン・サーキットを周回するレッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペン、2020年F1イギリスGPフリー走行1copyright Getty Images / Red Bull Content Pool

レッドブル・ホンダ首位発進、急遽登板のヒュルケンベルグは9番手 / F1イギリスGP《FP1》結果とダイジェスト

  • Published: Updated:

英国シルバーストーン・サーキットで行われる2連戦の第1レース、シーズン4戦目となる2020年F1世界選手権イギリスGPが、7月31日にシルバーストーン・サーキットで開幕を迎え、日本時間19時から金曜1回目のフリー走行が行われた。

初日金曜の1発目のセッションを制したのは、レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペン。ソフトタイヤで1分27秒422のトップタイムを記録し、メルセデスのルイス・ハミルトンを0.474秒差で退けた。

レーシングポイントRP20に乗り込むニコ・ヒュルケンベルグ、2020年F1イギリスGP
© Racing Point

レーシング・ポイントF1チームはFP1開始と同時に、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に感染したセルジオ・ペレスの後任として、ニコ・ヒュルケンベルグの起用を発表した。欠場発表から半日という限られた時間の中で、必要な書類を全てまとめ上げ、ギリギリでFP1に間に合わせた。

無塗装のヘルメットに、間に合わせのシート。これまでとは勝手の異なるステアリング操作に慣れる時間も殆どないままにコックピットに乗り込んだヒュルケンベルグは、マシンの感触を確かめながら、まずは慣れる事に専念していたものの、3番手タイムを刻んだ同じRP20を駆るランス・ストロールとのギャップを0.588秒に抑え、いきなり9番手タイムをマークしてみせた。

レーシングポイントRP20のコックピットに座るニコ・ヒュルケンベルグ、2020年F1イギリスGP
© Racing Point

インタークーラーに問題が見つかったとして、セバスチャン・ベッテルはインスタレーションラップを走ったのみ、走行2周のノータイムでセッションを終えた。そのためスクーデリア・フェラーリは、シャルル・ルクレールの1台のみでプログラムを進めざるを得ず、厳しい出だしを強いられた。ルクレールは5番手タイムでセッションを終えた。

金曜午前の現地ノーサンプトンシャー州は好天に恵まれ、セッションは気温29℃、路面温度38℃、湿度34%のドライコンディションでスタートした。公式タイヤサプライヤーのピレリは、最も硬いレンジのC1からC3までの3種類のコンパウンドを持ち込んだ。

シルバーストーンは、ただでさえタイヤへの負荷が大きい。初の8月開催となった事で例年の開催時期とは異なり路面温度が高く、ハミルトンはソフトタイヤのグレイニングに不満を訴えていた。第1レースのソフトは第2レースのミディアムに相当する。メルセデスに限らず、克服する方法を見つけ出すことが2連戦での鍵となる。

レッドブル・ホンダはRB16に発生している空力的な「誤作動」の解決のため、”大量の新パーツ”を持ち込んだ。フェルスタッペンは全車最多タイとなる27周を走行。アレックス・アルボンも24周を走り込んでデータを集め、チームメイトから0.707秒落ちの4番手タイムでクルマを降りた。

アルファタウリ・ホンダはダニール・クビアトが10番手、ピエール・ガスリーが11番手と、マクラーレンの2台を抑えて幸先の良いスタートを切った。

そんなマクラーレンは、カルロス・サインツのマシン前輪の後方に小さなエアロレイクを装着して走行を開始。第1レースでセットアップを決め込む事ができれば、第2レースでも優位に経つことができる。サインツは母国レースとなるランド・ノリスを1000分の2秒差で13番手に従える12番手タイムをマークした。

好調といえば、ルノーも2台揃ってトップ10に並んだ。エステバン・オコンは7番手、ダニエル・リカルドは8番手ながらも、二人共ソフトコンパウンドでのアタックは行っておらず、いずれも中間コンパウンドのミディアムでラップを刻んだ。

2020年F1第4戦イギリス・グランプリ2回目のフリー走行は、日本時間7月31日(金)23時から1時間半の日程で開催される。

順位とタイム

Pos No Driver Team Time Gap Laps
1 33 マックス・フェルスタッペン レッドブル・ホンダ 1:27.422 26
2 44 ルイス・ハミルトン メルセデス 1:27.896 +0.474 26
3 18 ランス・ストロール レーシングポイント 1:28.004 +0.582 21
4 23 アレックス・アルボン レッドブル・ホンダ 1:28.129 +0.707 23
5 16 シャルル・ルクレール フェラーリ 1:28.221 +0.799 21
6 77 バルテリ・ボッタス メルセデス 1:28.519 +1.097 28
7 31 エステバン・オコン ルノー 1:28.559 +1.137 25
8 3 ダニエル・リカルド ルノー 1:28.575 +1.153 21
9 27 ニコ・ヒュルケンベルグ レーシングポイント 1:28.592 +1.170 22
10 26 ダニール・クビアト アルファタウリ・ホンダ 1:28.868 +1.446 20
11 10 ピエール・ガスリー アルファタウリ・ホンダ 1:28.909 +1.487 23
12 55 カルロス・サインツ マクラーレン・ルノー 1:28.988 +1.566 23
13 4 ランド・ノリス マクラーレン・ルノー 1:28.990 +1.568 21
14 20 ケビン・マグヌッセン ハース・フェラーリ 1:29.532 +2.110 22
15 8 ロマン・グロージャン ハース・フェラーリ 1:29.576 +2.154 24
16 7 キミ・ライコネン アルファロメオ 1:29.746 +2.324 23
17 63 ジョージ・ラッセル ウィリアムズ・メルセデス 1:29.899 +2.477 22
18 99 アントニオ・ジョビナッツィ アルファロメオ 1:29.925 +2.503 16
19 6 ニコラス・ラティフィ ウィリアムズ・メルセデス 1:30.703 +3.281 19
20 5 セバスチャン・ベッテル フェラーリ 2

コンディション

天気
晴れ
気温
29℃
路面温度
38℃

セッション概要

グランプリ名
F1イギリスGP
セッション種別
フリー走行1
セッション開始日時

サーキット

名称
シルバーストーン・サーキット
設立
1947年
全長
5891m
コーナー数
18
周回方向
時計回り

F1イギリスGP特集