インテルラゴス・サーキットを周回するアルピーヌのフェルナンド・アロンソ、2021年11月12日F1サンパウロGPにて
Courtesy Of Alpine Racing

アロンソ、復帰後初のトップタイム…路面上昇でレッドブル・ホンダ有利か / F1サンパウロGP《FP2》結果とダイジェスト

  • Published:

2021 F1第19戦サンパウロGP最終2回目のフリー走行が現地11月12日に開催され、アルピーヌのフェルナンド・アロンソが1分11秒238を記録。2番手につけたレッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンを0.864秒差で退け、F1復帰後初のトップタイムを記録した。3番手にはバルテリ・ボッタス(メルセデス)が続いた。

前日とは打って変わり、土曜正午の現地サンパウロは晴天に恵まれ、スプリント予選前最後のプラクティスとなるFP2は気温19℃、路面54℃のドライコンディションでスタートした。

既に1ラップの最速を争う予選は終了しているため、タイムシートの並びに大きな意味はない。チームの主眼はこの後に控える100kmのスプリント予選と日曜の本レースであり、多くが新品タイヤを温存すべく中古のセットを使ってロングランに取り組んだ。

気温はさほど変わらないものの、路面は前日より30度近く上昇した。フェルスタッペンのオンボード映像を見る限りアンダーステアはもはや見られなかった。レッドブル・ホンダRB16Bにとっては、このコンディションの方がバランスが良いようだ。

パルクフェルメが適用されているにも関わらず、DRSに関する技術レギュレーション違反に関する審問が長引いているため、FIAはメルセデスに対してリアウィングの交換許可を出した。ハミルトンは同一仕様の別ウイングを付けて周回を重ねた。

最上位グリッドか、それともピットレーンか。ハミルトンに関してはスプリント予選をどの位置からスタートするのかが問題だ。フェルスタッペンの”ウイング・タッチ”が話を複雑化させているが、車体の技術的な違反は失格が相当だ。

8度目のタイトルに危険信号が灯るイギリス人ドライバーは、4番手につけたエステバン・オコン(アルピーヌ)からコンマ3秒落ちの5番手でクルマを降りた。

スプリント予選ではスタートポジションに関わらず各車にタイヤ選択の権利が与えられる。大多数は新品ミディアムを履くだろうが、何台かはソフトを履いてギャンブルに打って出る者もあるだろう。

F1サンパウロGPのスプリント予選は日本時間11月13日(土)28時30分よりインテルラゴス・サーキットで開催される。一連の問題に伴い現時点では予選の正式なリザルトはおろか、スプリント予選の暫定グリッドすら発表されていない。

Pos No Driver Team Time Gap Laps
1 14 フェルナンド・アロンソ アルピーヌ・ルノー 1:11.238 23
2 33 マックス・フェルスタッペン レッドブル・ホンダ 1:12.102 +0.864 26
3 77 バルテリ・ボッタス メルセデス 1:12.355 +1.117 24
4 31 エステバン・オコン アルピーヌ・ルノー 1:12.407 +1.169 26
5 44 ルイス・ハミルトン メルセデス 1:12.741 +1.503 25
6 11 セルジオ・ペレス レッドブル・ホンダ 1:12.903 +1.665 29
7 99 アントニオ・ジョビナッツィ アルファロメオ・フェラーリ 1:12.997 +1.759 37
8 55 カルロス・サインツ フェラーリ 1:13.078 +1.840 31
9 16 シャルル・ルクレール フェラーリ 1:13.099 +1.861 33
10 7 キミ・ライコネン アルファロメオ・フェラーリ 1:13.355 +2.117 39
11 18 ランス・ストロール アストンマーチン・メルセデス 1:13.426 +2.188 41
12 3 ダニエル・リカルド マクラーレン・メルセデス 1:13.448 +2.210 25
13 4 ランド・ノリス マクラーレン・メルセデス 1:13.581 +2.343 23
14 10 ピエール・ガスリー アルファタウリ・ホンダ 1:13.608 +2.370 32
15 63 ジョージ・ラッセル ウィリアムズ・メルセデス 1:13.615 +2.377 24
16 22 角田裕毅 アルファタウリ・ホンダ 1:13.726 +2.488 38
17 5 セバスチャン・ベッテル アストンマーチン・メルセデス 1:13.747 +2.509 42
18 6 ニコラス・ラティフィ ウィリアムズ・メルセデス 1:14.025 +2.787 24
19 47 ミック・シューマッハ ハース・フェラーリ 1:14.066 +2.828 40
20 9 ニキータ・マゼピン ハース・フェラーリ 1:14.909 +3.671 37

コンディション

天気
晴れ
気温
19℃
路面温度
54℃

セッション概要

グランプリ名
F1サンパウロGP
セッション種別
フリー走行2
セッション開始日時

サーキット

名称
インテルラゴス・サーキット
設立
1936年
全長
4309m
コーナー数
15
周回方向
反時計回り

F1サンパウロGP特集