2021年11月13日にインテルラゴス・サーキットで開催されたF1サンパウロGPスプリント予選スタート直後のターン1
Courtesy Of Red Bull Content Pool

フェルスタッペン、逆転負けの2番手「タイヤ選択が…」ハミルトンは驚異の15位UP / F1サンパウロGP《SP予選》結果とダイジェスト

  • Published: Updated:

2021 F1第19戦サンパウロGPのスプリント予選が現地11月13日にインテルラゴス・サーキットで行われ、2番グリッドのバルテリ・ボッタス(メルセデス)が逆転のトップチェッカーを受けた。

ソフトタイヤを履くギャンブルに打って出た2番グリッドのボッタスは、ミディアムを履き最上位グリッドについたマックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)をブラックアウト直後のターン1で交わした。

その後、一時はフェルスタッペンにDRS圏内への進入を許しながらも最後まで寄せ付けず、2戦連続、通算20回目のポールポジションを獲得した。

クルマを降りたフェルスタッペンは「スタートはベストじゃなかった。硬めのコンパウンドを履いていた事が影響したのかもしれない。ペースは良かったけど、ここでは一旦接近するとなかなか追い抜く事が出来ないんだ。明日、出直すよ」と語った。

2021年11月13日のF1サンパウロGPスプリント予選で2位表彰台に上がったレッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンCourtesy Of Red Bull Content Pool

2021年11月13日のF1サンパウロGPスプリント予選で2位表彰台に上がったレッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペン

3番手には5番グリッドのカルロス・サインツ(フェラーリ)が滑り込んだ。同じくソフトを履いて1周目に2番手にまで浮上。3周目のホームストレートでフェルスタッペンに抜かれたものの、セルジオ・ペレスの猛追を凌ぎ切った。

ボッタスには3点、フェルスタッペンには2点、サインツには1点のチャンピオンシップ・ポイントが与えられた。メルセデスはレッドブル・ホンダとのコンストラクターズ選手権争いにおける点差を2点に広げた。

予選でトップタイムを刻みながらもDRS規制違反に伴い失格処分が下され、最後尾スタートとなったルイス・ハミルトンは、1周目に一気に14番手にまでポジションを上げると、最終的に15台を抜き去る驚異のオーバーテイクショーを披露して5番手でフィニッシュし、ダメージを最小限に抑えた。

グランプリ2日目を迎えた午後の現地サンパウロはどんよりとした厚い雲に覆われ、決勝グリッドを決する24周の争いは気温16.8℃、路面34.8℃、湿度66.8%、気圧927.7hPaのドライコンディションでスタートした。

予選タイヤがソフトに制限されるためスプリント予選では全車にタイヤ選択の自由が与えられる。ハース勢とアルファタウリ・ホンダ勢に加えて、ボッタス、サインツ、オコンがソフトを選択。他は順当にミディアムを履いた。

アルファタウリ・ホンダ勢はソフトをチョイスするもハマらず、ピエール・ガスリーは4ポジションダウンの8番手、角田裕毅は2ポジションを失い14番手で100kmのスプリントレースを終えた。

アルファロメオ勢はターン1でチームメイト同士が接触するアクシデントに見舞われた。この影響でキミ・ライコネンは13番手から一気に最後尾に転落。挽回を目指したものの18番手と失望の結果に終わった。

アントニオ・ジョビナッツィはポジションを落とす事なく3周目に11番手まで浮上するも、その後フェルナンド・アロンソ(アルピーヌ)とハミルトンにオーバーテイクされ1ポジションアップの13番手でクルマを降りた。

2021年 F1サンパウログランプリ決勝レースは、日本時間11月14日(日)26時にスタート。1周4309mのインテルラゴス・サーキットを71周する事でチャンピオンシップを争う。

Pos No Driver Team Laps Time PTS
1 77 バルテリ・ボッタス メルセデス 24 29:09.559 3
2 33 マックス・フェルスタッペン レッドブル・ホンダ 24 +1.170s 2
3 55 カルロス・サインツ フェラーリ 24 +18.723s 1
4 11 セルジオ・ペレス レッドブル・ホンダ 24 +19.787s 0
5 44 ルイス・ハミルトン メルセデス 24 +20.872s 0
6 4 ランド・ノリス マクラーレン・メルセデス 24 +22.558s 0
7 16 シャルル・ルクレール フェラーリ 24 +25.056s 0
8 10 ピエール・ガスリー アルファタウリ・ホンダ 24 +34.158s 0
9 31 エステバン・オコン アルピーヌ・ルノー 24 +34.632s 0
10 5 セバスチャン・ベッテル アストンマーチン・メルセデス 24 +34.867s 0
11 3 ダニエル・リカルド マクラーレン・メルセデス 24 +35.869s 0
12 14 フェルナンド・アロンソ アルピーヌ・ルノー 24 +36.578s 0
13 99 アントニオ・ジョビナッツィ アルファロメオ・フェラーリ 24 +41.880s 0
14 18 ランス・ストロール アストンマーチン・メルセデス 24 +44.037s 0
15 22 角田裕毅 アルファタウリ・ホンダ 24 +46.150s 0
16 6 ニコラス・ラティフィ ウィリアムズ・メルセデス 24 +46.760s 0
17 63 ジョージ・ラッセル ウィリアムズ・メルセデス 24 +47.739s 0
18 7 キミ・ライコネン アルファロメオ・フェラーリ 24 +50.014s 0
19 47 ミック・シューマッハ ハース・フェラーリ 24 +61.680s 0
20 9 ニキータ・マゼピン ハース・フェラーリ 24 +67.474s 0

コンディション

天気
曇り
気温
16.8℃
路面温度
34.8℃
周回数
24

セッション概要

グランプリ名
F1サンパウロGP
セッション種別
スプリント予選
セッション開始日時

サーキット

名称
インテルラゴス・サーキット
設立
1936年
全長
4309m
コーナー数
15
周回方向
反時計回り

F1サンパウロGP特集