ジル・ビルヌーブ・サーキットを走るフェラーリのセバスチャン・ベッテル、2018年F1カナダGPにてcopyright Ferrari S.p.A.

跳馬ベッテルがポール!ホンダはPUトラブル…旧式エンジンでの戦い強いられる / F1カナダGP《予選》結果とダイジェスト

  • 最終更新:

2018年第7戦F1カナダGP公式予選が現地6月9日(土)にジル・ヴィルヌーヴ・サーキットで行われ、スクーデリア・フェラーリのセバスチャン・ベッテルが1分10秒764を叩き出しコースレコードを更新。ポール・ポジションを獲得した。

もう一台のフロントロウはメルセデスAMGのバルテリ・ボッタス。1000分の93秒差で惜しくもベッテルに敗れ去った。3番手は今週末トップを守り続けてきたレッドブル・レーシングのマックス・フェルスタッペン。ポールとのギャップは0.173秒と健闘した。

「昨日はマシンに全然満足できずリズムを掴みきれてなかったけど、今日はやるべき事をやり遂げられたよ」とベッテル。「マシンは素晴らしくスピードがあった。最後のラップでちょっとミスをしてしまったから、もう少しタイムを削れたと思うけど最高の結果だね」

カナダGP 4年連続のポールに期待が集まっていたルイス・ハミルトンは、チームメイトすら上回れずに4番手。最速ベッテルの相棒キミ・ライコネンは、Q3最後のアタックでミスを喫し走行を途中で断念。5番手という結果に終わった。

6番手はダニエル・リカルド。レッドブルは最初の2つのセクターでポールと遜色ない速さを見せたが、フィニッシュライン直前のロングストレートだけでコンマ5秒近くを失う事となった。アップデートされたとは言え、ルノーエンジンとフェラーリ・メルセデスのそれとの間にはまだ大きな溝があるようだ。

土曜の現地モントリオールは照り付ける日差しによって路面温度が上昇。予選セッションは気温23℃、路面43℃、湿度22%のドライコンディションで幕を開けた。10チーム全20台が予選に參加したものの、Q1開始直後、ガレージアウトしたロマン・グロージャン(Haas)のマシンから大量の白煙が噴出。1ラップすら走れずにノータイムで予選を終えた。

トロロッソ・ホンダ勢は、FP3の終盤にピエール・ガスリーのパワーユニットに問題が発生。チームは急遽エンジン交換を実施、ガスリーは旧式のエンジンで予選を戦う事を強いられた。以前使用していたPUへのロールバックであるため、グリッド降格ペナルティの対象とはならない。トラブルの原因は調査中との事。

馬力にハンデキャップを抱えた状態で懸命の走りをみせたものの、ガスリーは100分の5秒という僅かな差でQ1敗退を喫し16番手。ブレンドン・ハートレーは実に印象的な8番手タイムでQ2に進出も、自身のタイムを更新できずに12番手でセッションを終えた。

ミッドフィールド最速はルノー・スポールのニコ・ヒュルケンベルグ。フォース・インディアの2台を従え、7番手ベスト・オブ・ザ・レストを獲得した。僚友カルロス・サインツは9番手、ルノー勢は2台揃ってQ3進出を果たした。

アルファロメオ・ザウバー勢は、新人シャルル・ルクレールが今季4度目となるQ2進出を果たし大健闘の13番グリッドを獲得。その一方で、マーカス・エリクソンは右フロントをウォールに当ててしまいサスペンションを破損、Q1ノックアウトとなった。

F1王者有するマクラーレン勢は、2台揃ってザウバーのルクレールに敗れ去った。フェルナンド・アロンソは14番手、ストフェル・バンドーンは15番手とミッドフィールド後方に沈んだ。

シーズン第7戦F1カナダGP決勝レースは、日本時間6月11日(月)午前3時10分からジル・ヴィルヌーヴ・サーキットで開催される。

順位とタイム

Pos No Driver Team Q1 Q2 Q3 Laps
1 5 セバスチャン・ベッテル フェラーリ 1:11.710 1:11.524 1:10.764 18
2 77 バルテリ・ボッタス メルセデス 1:11.950 1:11.514 1:10.857 20
3 33 マックス・フェルスタッペン レッドブル・タグホイヤー 1:12.008 1:11.472 1:10.937 16
4 44 ルイス・ハミルトン メルセデス 1:11.835 1:11.740 1:10.996 21
5 7 キミ・ライコネン フェラーリ 1:11.725 1:11.620 1:11.095 20
6 3 ダニエル・リカルド レッドブル・タグホイヤー 1:12.459 1:11.434 1:11.116 18
7 27 ニコ・ヒュルケンベルグ ルノー 1:12.795 1:11.916 1:11.973 15
8 31 エステバン・オコン フォースインディア・メルセデス 1:12.577 1:12.141 1:12.084 14
9 55 カルロス・サインツ ルノー 1:12.689 1:12.097 1:12.168 15
10 11 セルジオ・ペレス フォースインディア・メルセデス 1:12.702 1:12.395 1:12.671 13
11 20 ケビン・マグヌッセン ハース・フェラーリ 1:12.680 1:12.606 22
12 28 ブレンドン・ハートレー トロロッソ・ホンダ 1:12.587 1:12.635 17
13 16 シャルル・ルクレール ザウバー・フェラーリ 1:12.945 1:12.661 22
14 14 フェルナンド・アロンソ マクラーレン・ルノー 1:12.979 1:12.856 14
15 2 ストフェル・バンドーン マクラーレン・ルノー 1:12.998 1:12.865 14
16 10 ピエール・ガスリー トロロッソ・ホンダ 1:13.047 8
17 18 ランス・ストロール ウィリアムズ・メルセデス 1:13.590 8
18 35 セルゲイ・シロトキン ウィリアムズ・メルセデス 1:13.643 10
19 9 マーカス・エリクソン ザウバー・フェラーリ 1:14.593 6

コンディション

天気
晴れ
気温
23℃
路面温度
43℃

レース概要

グランプリ名
カナダGP
レース種別
予選
レース開始日時
サーキット名
ジル・ヴィルヌーヴ・サーキット
サーキット設立
1978年
コース全長
4361m
コーナー数
13
周回数
70周
周回方向
時計回り

F1カナダGP特集