2018年F1カナダGPでポールポジションを獲得したフェラーリのセバスチャン・ベッテルcopyright Ferrari S.p.A.

ポールのベッテルが通算50勝目、新PU導入のホンダは1周目に不運のクラッシュ / F1カナダGP《決勝》結果とダイジェスト

  • 最終更新:

2018年第7戦F1カナダGP決勝レースが現地6月10日(日)に行われ、スクーデリア・フェラーリのセバスチャン・ベッテルがポール・トゥ・ウインを決め、キャリア通算50勝目を上げた。2位はメルセデスAMGのバルテリ・ボッタス、3位にはレッドブル・レーシングのマックス・フェルスタッペンが続き、予選順位そのままの3名が表彰台に上がった。

ポディウムまで後一歩の4位につけたのはダニエル・リカルド(Red Bull)、6番グリッドから2つ順位を上げた。5位はルイス・ハミルトン(Mercedes)、チャンピオンシップでベッテルにリーダーの座を受け渡した。6位にはキミ・ライコネンが続き、フェラーリは計33ポイントを追加した。

セント・ローレンス川に浮かぶ日曜のジル・ビルヌーブ・サーキットは気温19℃、路面温度41℃のドライコンディションに恵まれた。パワーユニットのトラブルにより予選資格を得られなかったハースのロマン・グロージャンを含めた全20台がグリッドに着いたが、3台のマシンがチェッカーを受ける前にレースを終えた。

トロロッソ・ホンダ勢は、12番グリッドからの入賞を狙っていたブレンドン・ハートレーが1周目にアクシデントに見舞われた。スタート直後のターン5でランス・ストロール(Williams)に押し出され壁に激突。ハートレーには行き場がなくマシンは見るも無残な姿となり、両者はリタイヤを喫した。

幸いな事に二人とも大きな怪我はなく自力でマシンから降りた。ピットへと戻った後メディカルセンターへと移動しチェックを受けたが、ハートレーの方はより精密な検査のため病院へと搬送された。事故処理のためにイエローフラッグが振られセーフティーカーがコースイン、波乱の幕開けとなった。一件は審議の対象となったが、スチュワードはお咎めなしの裁定を下した。

2018年F1カナダGP決勝レースを走るトロロッソ・ホンダSTR13
© Getty Images / Red Bull Content Pool

予選16番手のピエール・ガスリーは戦略的エンジン交換を実施。次戦母国フランスGPでのグリッド降格を避けるべく、カナダ決勝前にICE、ターボチャージャー、MGU-H、MGU-Kを新たに投入し19番グリッドからレースに挑んだ。後方からのスタートではあったもののポジションを8つ上げる素晴らしい走りを見せ、ポイントまで後一歩の11位でフィニッシュした。

ミッドフィールド最上位のポジションを射止めたのはルノー・スポール勢。ニコ・ヒュルケンベルグが7位、カルロス・サインツが8位でチェッカーを受けた。ルノーと並びトップ10圏内からレースをスタートさせたフォース・インディア勢は、10周目前後にいち早くピットインしスーパーソフトにスイッチ。エステバン・オコンは9位入賞を果たしたが、セルジオ・ペレスはポイント圏外の14位でフィニッシュした。入賞圏内の残り一枠に滑り込んだのはザウバーのシャルル・ルクレール、驚異の新人は今季10ポイント目を手にした。

予選で大きく失速していたマクラーレン勢は、決勝でも冴えない結果に終わった。42周目、11番手を走行していたフェルナンド・アロンソのマシンが突如スローダウン。かろうじてガレージへと戻ったが、再びコース上に戻る事はなく、キャリア通算300戦目のレースをリタイヤという形で終えた。排気系統の問題とみられる。ストフェル・バンドーンは完走17台中16位でチェッカーを受けた。

順位とタイム

Pos No Driver Team Laps Time Pts
1 5 セバスチャン・ベッテル フェラーリ 68 1:28:31.377 25
2 77 バルテリ・ボッタス メルセデス 68 +7.376 18
3 33 マックス・フェルスタッペン レッドブル・タグホイヤー 68 +8.360 15
4 3 ダニエル・リカルド レッドブル・タグホイヤー 68 +20.892 12
5 44 ルイス・ハミルトン メルセデス 68 +21.559 10
6 7 キミ・ライコネン フェラーリ 68 +27.184 8
7 27 ニコ・ヒュルケンベルグ ルノー 67 +1 lap 6
8 55 カルロス・サインツ ルノー 67 +1 lap 4
9 31 エステバン・オコン フォースインディア・メルセデス 67 +1 lap 2
10 16 シャルル・ルクレール ザウバー・フェラーリ 67 +1 lap 1
11 10 ピエール・ガスリー トロロッソ・ホンダ 67 +1 lap 0
12 8 ロマン・グロージャン ハース・フェラーリ 67 +1 lap 0
13 20 ケビン・マグヌッセン ハース・フェラーリ 67 +1 lap 0
14 11 セルジオ・ペレス フォースインディア・メルセデス 67 +1 lap 0
15 9 マーカス・エリクソン ザウバー・フェラーリ 66 +2 laps 0
16 2 ストフェル・バンドーン マクラーレン・ルノー 66 +2 laps 0
17 35 セルゲイ・シロトキン ウィリアムズ・メルセデス 66 +2 laps 0
NC 14 フェルナンド・アロンソ マクラーレン・ルノー 40 DNF 0
NC 28 ブレンドン・ハートレー トロロッソ・ホンダ 0 DNF 0
NC 18 ランス・ストロール ウィリアムズ・メルセデス 0 DNF 0

コンディション

天気
晴れ
気温
19℃
路面温度
41℃
周回数
70

レース概要

グランプリ名
カナダGP
レース種別
決勝
レース開始日時
サーキット名
ジル・ヴィルヌーヴ・サーキット
サーキット設立
1978年
コース全長
4361m
コーナー数
13
周回数
70周
周回方向
時計回り

F1カナダGP特集