決勝レース後のパルクフェルメ、2013年F1日本GPにてcopyright Getty Images / Red Bull Content Pool

F1レギュレーション「パルクフェルメ編」

  • Published: Updated:

F1レギュレーションの中から、パルクフェルメに関連する主だったルールを厳選しその要点を以下にまとめる。パルクフェルメの定義については、F1用語”パルクフェルメ”をご参照頂きたい。

パルクフェルメに関しては、F1スポーティング・レギュレーションと、FIA国際スポーティング・コードの2つによって規定されている。FIA技術代理人と車両検査官の注意深い監視の下、マシンへの作業は厳格に制限される。

パルクフェルメ適用概要

予選セッション中にピットレーンを出て以降、決勝レースのスタートまでの期間をパルクフェルメ下にあるものとみなす。予選でピットアウト出来なかった車両は、Q1終了時点でパルクフェルメとなる。各チームは事前に、車両毎のサスペンション・セットアップシートをFIAテクニカルデリゲートに提出する。

F1におけるパルクフェルメ適用期間は以下の2つにまとめられるが、決勝スタート前までのパルクフェルメは主として「状態」を指し、決勝終了後のパルクフェルメは「場所」を指す。予選後のマシンは各チームガレージ内で保管され、遠隔から不正行為が監視される。

  • 予選開始後から決勝スタート前まで
  • 決勝終了後

予選終了から3時間半経過以降は、カバーをかけての封印が行われる。ただし、マーケティングを目的として書面での許可がある場合には、封印を最大2時間延長する事ができる。だが、予選終了後3時間半以降は車両に対しての如何なる作業も許可されない。

パルクフェルメ下での作業制限

パルクフェルメ下での作業は以下のように厳しく制限される。実質的に、予選とレースとの間でマシンに変更を加えることは許されない

  • エンジンの始動
  • 燃料追加及び除去
  • ホイール脱着及びタイヤ空気圧確認
  • 点検チェックを目的としたスパークプラグの脱着
  • 充電バッテリーの脱着
  • ERS用エネルギー貯蔵装置の充放電
  • メイン電源及び無線バッテリーの交換
  • クーラント及びエンジンオイルの排出
  • フロントウイングのフラップ調整
  • 車体清掃及びデカール類の変更
  • 安全・監視・TV放送に関わる類のデバイス脱着
  • FIAテクニカルデリゲートが指示する作業
  • ドライバー用ドリンクの追加作業
  • 事故による破損の修理

例外として、予選はドライで決勝はウェット等、気候条件の変化があり、かつテクニカルデリゲートが許可を出した場合は、前後ブレーキのエアダクト及びラジエターダクトの変更を行うことができる。

それ以外で変更作業が必要な場合は、書面要請で承認を得られた場合に限り着手することができる。ただし、決勝スタート前のグリッド上で急遽変更が必要となった場合については、許可なく作業を行う事ができる。

すべての交換部品は交換前と同一仕様である必要があり、これに違反並びにパルクフェルメ下でサスペンションのセットアップを変更した場合には、ピットレーンスタートが義務付けられる。

パルクフェルメでの車両検査

予選終了までに最低6台のマシンが無作為に車検へと呼ばれる。FIAからの通知があり次第、チームは当該車両を直ちにパルクフェルメへと移動させなければならない。

レース終了後、すべてのマシンは遅延なく指定のコースを通ってパルクフェルメへとマシンを停めなければならない。例外として、優勝ドライバーが勝利を祝う場合は多少の遅延が許される。

自力でレース後のパルクフェルメに移動できない完走車両は、マーシャルの管理のもとでパルクフェルメへと移動する事が定められる。決勝後のパルクフェルメには、担当オフィシャルのみが立ち入りを許可される。


手短に分かりやすく2020年のF1レギュレーションを知りたい方は「主要変更点のまとめ」を、より詳しくルールの全体像を知りたい方は「完全網羅版」を合わせて参照されたい。