アルガルベ・サーキットでメルセデスW11を駆るルイス・ハミルトン、2020年F1ポルトガルGPにてcopyright Daimler AG

希有のミディアム決戦でハミルトンが逆転PP!フェルスタッペン及ばず3番手も「満足」F1ポルトガルGP《予選》結果とダイジェスト

  • Published: Updated:

2020 FIA-F1世界選手権12戦ポルトガルGPの公式予選が10月24日にアルガルベ・サーキットで行われ、メルセデスのルイス・ハミルトンが、週末を通して他を圧倒してきた僚友バルテリ・ボッタスを0.102秒差で打ち負かし、キャリア通算97回目のポールポジションを獲得した。メルセデスとしては、昨年から続く13戦連続となるポールとなった。

1ラップ頂上決戦は、珍しくもソフトではなくミディアムタイヤが主役を張った。メルセデス勢は1セット目では最も柔らかいソフトタイヤを履いていたものの、最終アタックで一段硬めのミディアムにチェンジ。各々自己ベストをコンマ3秒近く更新した。

ボッタスは全てのフリー走行で最速をマークしてきたが、最後の最後でまたもハミルトンに破れ去る格好となった。Q3最終アタックに向けてボッタスは、自身の判断で1ラップ計測に向かったが、ハミルトンは1周のチャージラップを挟む2ラップの計測を実施。結果的にハミルトンのラップ戦略が正解であった。

レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンはポール争いに絡む速さを示したが、ブラックアローの2台とは異なりソフトを使い続け、最終アタックでもタイムを縮めたがハミルトンには0.252秒届かなかった。予選を振り返ったフェルスタッペンは「P3には満足だ。かなり堅実なラップにまとめられたし、メルセデスにさほど離されなかったからね」と語った。

来季シートが危ぶまれるアレックス・アルボンは、シャルル・ルクレール(フェラーリ)とセルジオ・ペレス(レーシングポイント)に先行を許す6番手に甘んじた。僚友フェルスタッペンとのギャップは0.533秒と開いたが、人事権を握るヘルムート・マルコは、6番手という成績について満足感を示した。

ルクレールはフェルスタッペンに0.186秒という僅差に迫った。ロシアGPより導入された一連のアップグレードが完了し、今季最終形態となったSF1000を駆るルクレールのパフォーマンスは見事だった。対照的にセバスチャン・ベッテルは15番手でQ2敗退を喫した。

マクラーレンはメルセデスとレッドブルを除いて唯一、2台揃ってトップ10進出を果たしたチームだった。両ドライバーの実力は高いレベルで拮抗し、今回はカルロス・サインツがランド・ノリスを1000分の5秒差で抑えて7番手につけ、チームメイトよりも1つ前のグリッドを手にした。

上位争いが期待されたアルファタウリ・ホンダのピエール・ガスリーは、順当にQ3に進出したもののコンディションの変化に対応できなかったのか、自己ベストよりもコンマ4秒遅いタイムに留まり、9番手でヘルメットを脱いだ。10番手はルノーのダニエル・リカルドで、Q2最終盤のクラッシュによりマシン修復を強いられた関係で、Q3はコースインする事ができなかった。

予選に先立つこと3時間前に行われた最終プラクティス最終盤に、ターン14脇の排水溝カバーが破損するアクシデントが発生し修復作業が長引いた事から、レースコントロールは予選開始を10分後に控え、Q1の開始時刻を30分延期すると発表。グリッド争いは気温21.2℃、路面35.7℃、湿度49.7%のドライコンディションで24日(土)現地14時30分、日本時間22時30分に開始された。

公式タイヤサプライヤーのピレリは起伏激しいアルガルベを警戒し、最も硬いレンジのC1からC3までの3種類のコンパウンドを投入。Q3進出組にはC3=ソフトタイヤが追加供給された。

予選Q1:ラッセルが見事突破

エントリーした全20台で争われる予選第1ラウンドのQ1では、ソフトタイヤの”保ち”が良く、各マシンはタイヤ1セットにつき2回の計測ラップを行った。時間の経過とともにラバーインによって路面のグリップが上がり、2セット目では多くのマシンが自己ベストを更新した。

アルファタウリ・ホンダはダニール・クビアトが14番手と、ギリギリで次のラウンドに駒を進めた一方、ガスリーはハミルトン、フェルスタッペン、ボッタスに次ぐ4番手タイムを刻んだ。

契約があるにも関わらずシート喪失の可能性が高まっているウィリアムズのジョージ・ラッセルは、僚友ニコラス・ラティフィに0.8秒もの大差を付けて15番手でQ2進出を果たし、予選対チームメイト成績全勝記録を更新した。

ラティフィに加えてアルファロメオ勢とハース勢がノックアウトを喫した。

ノックアウト

  • キミ・ライコネン
  • アントニオ・ジョビナッツィ
  • ロマン・グロージャン
  • ケビン・マグヌッセン
  • ニコラス・ラティフィ

予選Q2:ベッテルが再び脱落

5台が脱落し残る15台のマシンが挑んだQ2では、メルセデス勢とフェラーリ勢の計4台がミディアムタイヤを履いてコースインした。予選Q3進出組は、Q2突破タイムを記録した際のタイヤでレースをスタートしなければならない。

風を巡るコンディション変化に翻弄されたか。フェルスタッペンはQ1で刻んだ自己ベストを更新できず、殆どのマシンが2セット目にタイムを縮める事が出来なかった。

チェッカーが振られた後には、リカルドが僚友エステバン・オコンにラインを塞がれる格好となり、スピンオフしてグラベルに飛び出るインシデントが発生したが、幸いにもマシンに大きなダメージはなく、10番手タイムで最終ラウンドに駒を進めた。

「タイヤの熱入れに失敗した」と語るセバスチャン・ベッテルは15番手で敗退を喫したが、シャルル・ルクレールは8番手でトップ10へと進んでいった。

ノックアウト

  • エステバン・オコン
  • ランス・ストロール
  • ダニール・クビアト
  • ジョージ・ラッセル
  • セバスチャン・ベッテル

予選Q3:世にも珍しいミディアム決戦

トップ10グリッドを決する予選最終ラウンドのQ3では、ガスリーとマシン修復を待つリカルドが1セット目のラップを行わず、ガレージ内で待機した。

1セット目を終えてボッタスがただ一人16秒台に入れて暫定トップを確保。1000分の47秒差でハミルトンを退けた。

アルボンは唯一ミディアムタイヤでコースインして7番手。フェルスタッペンはセクター1で全体ベストを刻んで、最速ボッタスからコンマ1秒遅れの3番手につけた。

興味深いことに、最終アタックではアルボンがソフトに履き替えた一方、メルセデスの2台がミディアムを装着。最後の最後にハミルトンがボッタスを交わしてタイムシートのトップに立った。マシン修復が終わらず、リカルドはノータイム10番手に終わった。

2020年 F1ポルトガルグランプリ決勝レースは、日本時間10月25日(日)22時10分にスタート。1周4,684mのアルガルベ・サーキットを66周する事でチャンピオンシップを争う。

順位とタイム

Pos No Driver Team Q1 Q2 Q3 Laps
1 44 ルイス・ハミルトン メルセデス 1:16.828 1:16.824 1:16.652 21
2 77 バルテリ・ボッタス メルセデス 1:16.945 1:16.466 1:16.754 17
3 33 マックス・フェルスタッペン レッドブル・ホンダ 1:16.879 1:17.038 1:16.904 23
4 16 シャルル・ルクレール フェラーリ 1:17.421 1:17.367 1:17.090 23
5 11 セルジオ・ペレス レーシングポイント 1:17.370 1:17.129 1:17.223 21
6 23 アレックス・アルボン レッドブル・ホンダ 1:17.435 1:17.411 1:17.437 29
7 55 カルロス・サインツ マクラーレン・ルノー 1:17.627 1:17.183 1:17.520 24
8 4 ランド・ノリス マクラーレン・ルノー 1:17.547 1:17.321 1:17.525 24
9 10 ピエール・ガスリー アルファタウリ・ホンダ 1:17.209 1:17.367 1:17.803 26
10 3 ダニエル・リカルド ルノー 1:17.621 1:17.481 17
11 31 エステバン・オコン ルノー 1:17.775 1:17.614 18
12 18 ランス・ストロール レーシングポイント 1:17.667 1:17.626 22
13 26 ダニール・クビアト アルファタウリ・ホンダ 1:17.841 1:17.728 22
14 63 ジョージ・ラッセル ウィリアムズ・メルセデス 1:17.931 1:17.788 17
15 5 セバスチャン・ベッテル フェラーリ 1:17.446 1:17.919 20
16 7 キミ・ライコネン アルファロメオ 1:18.201 12
17 99 アントニオ・ジョビナッツィ アルファロメオ 1:18.323 12
18 8 ロマン・グロージャン ハース・フェラーリ 1:18.364 12
19 20 ケビン・マグヌッセン ハース・フェラーリ 1:18.508 10
20 6 ニコラス・ラティフィ ウィリアムズ・メルセデス 1:18.777 11

コンディション

天気
晴れ
気温
21.2℃
路面温度
35.7℃

セッション概要

グランプリ名
F1ポルトガルGP
セッション種別
予選
セッション開始日時

サーキット

名称
アルガルベ・サーキット
設立
2008年
全長
4684 m
コーナー数
15
周回方向
時計回り

F1ポルトガルGP特集