ポール・リカール・サーキットを走行するアルピーヌA521、2021年6月18日F1フランスGPフリー走行1にて
Courtesy Of Alpine Racing

メルセデス 復活の狼煙、ホンダ勢は角田裕毅含む全4台がトップ10発進 / F1フランスGP《FP1》結果とダイジェスト

  • Published:

モナコ、バクーと続いた悪夢の市街地2連戦を経て王者メルセデスが復活の狼煙の狼煙を上げた。シーズン7戦目となる2021年F1世界選手権フランスGPが6月18日にポール・リカール・サーキットで開幕を迎え、シルバーアローが1-2発進を決めた。

日本時間18時30分から行われた1時間に渡る金曜1回目のフリー走行では、ターン2外側の背の高い黄色の縁石によってフロントウイングとフロア周りにダメージを受け走行時間を幾らか失いながらも、バルテリ・ボッタスが1分33秒448を記録してグランプリ一発目のセッションを制した。

コンマ3秒遅れでチームメイトのルイス・ハミルトンが2番手に続いた事でメルセデスが1-2発進を切った。メルセデスはノーポイントに終わった前戦アゼルバイジャンを経て、今週末に向けて不振続くボッタスとハミルトンのシャシーを交換している。

角田裕毅を除く3台のマシンに今季2基目のICE(内燃エンジン)を投じたホンダF1勢は、全車がトップ10入りを果たし、レッドブル・リンクでの2連戦に続くトリプルヘッダーの初戦でまずまずのスタートを切った。

ポール・リカール・サーキットを走行するレッドブル・ホンダのセルジオ・ペレス、2021年6月18日F1フランスGPフリー走行1にてCourtesy Of Red Bull Content Pool

ポール・リカール・サーキットを走行するレッドブル・ホンダのセルジオ・ペレス、2021年6月18日F1フランスGPフリー走行1にて

レッドブル勢はマックス・フェルスタッペンが2番手ハミルトンに100分の1秒と迫る3番手タイムをマーク。僚友セルジオ・ペレスがコンマ3秒遅れの4番手に続いた。ただしフェルスタッペンは度々コース外に飛び出すなど、ソフトタイヤを履いた状態のRB16のバランスに不満を示しており、FP2に向けての改善が望まれる。

アルファタウリ勢はピエール・ガスリーが8番手、角田裕毅が10番手に付けた。トップ10圏内には、故マンスール・オジェへのトリビュートを車体に掲げるマクラーレンと母国レースを迎えるアルピーヌの計4台が食い込んでおり、予選では僅差でのミッドフィールド最速決戦が期待される。

ガレージに押し込まれるアルファタウリ・ホンダのピエール・ガスリー、2021年6月18日F1フランスGPフリー走行1にてCourtesy Of Red Bull Content Pool

ガレージに押し込まれるアルファタウリ・ホンダのピエール・ガスリー、2021年6月18日F1フランスGPフリー走行1にて

金曜午前の現地ル・カステレ村は晴天に恵まれ、セッションは気温25℃、路面温度39℃のドライコンディションでスタートした。公式タイヤサプライヤーのピレリは中間レンジのC2からC4までの3種類のコンパウンドを持ち込んだ。

グリーンフラッグを迎えると同時に、角田裕毅とミック・シューマッハ(ハース)がスピン。早々に黄旗が振られたが、ランオフエリアが広大であるため、セッション進行への影響は殆どなかった。

年々改良が加えられ、合計247通りものレイアウトを備える事となったポール・リカール・サーキット。チームは欧州屈指のテストトラックでのオープニングセッションで、フロービズエアロレイクを用いて空力テストに取り組むなど、エアロパーツのテストに時間を費やす姿が目立った。

突風の影響を受けたか。セバスチャン・ベッテル(アストンマーチン)は15分が経過したところでターン11でコントロールを失い、摩擦係数が高い赤のストライプを乗り越えてリアからバリアに軽く衝突した。

ベッテル同様にカルロス・サインツ(フェラーリ)もまた赤色の舗装部分まで飛び出た。両者ともにタイヤに致命的なフラットスポットを作ってしまい、早々に1セットを失った。

ウィリアムズはボッタスに代えての来季メルセデス昇格が噂されるジョージ・ラッセルの車体をロイ・ニッサニーに与えた。26歳のイスラエル人テストドライバーは、同じFW43Bを駆るニコラス・ラティフィから2.2秒落ちの20番手最下位で走行を終えた。

2021年F1第7戦フランスグランプリ2回目のフリー走行は、日本時間6月18日(金)22時から1時間の日程で開催される。

Pos No Driver Team Time Gap Laps
1 77 バルテリ・ボッタス メルセデス 1:33.448 24
2 44 ルイス・ハミルトン メルセデス 1:33.783 +0.335 21
3 33 マックス・フェルスタッペン レッドブル・ホンダ 1:33.880 +0.432 23
4 11 セルジオ・ペレス レッドブル・ホンダ 1:34.193 +0.745 25
5 31 エステバン・オコン アルピーヌ・ルノー 1:34.329 +0.881 25
6 3 ダニエル・リカルド マクラーレン・メルセデス 1:34.644 +1.196 24
7 14 フェルナンド・アロンソ アルピーヌ・ルノー 1:34.693 +1.245 21
8 10 ピエール・ガスリー アルファタウリ・ホンダ 1:34.699 +1.251 20
9 4 ランド・ノリス マクラーレン・メルセデス 1:34.707 +1.259 21
10 22 角田裕毅 アルファタウリ・ホンダ 1:34.847 +1.399 22
11 16 シャルル・ルクレール フェラーリ 1:34.950 +1.502 24
12 99 アントニオ・ジョビナッツィ アルファロメオ・フェラーリ 1:35.116 +1.668 23
13 7 キミ・ライコネン アルファロメオ・フェラーリ 1:35.135 +1.687 20
14 18 ランス・ストロール アストンマーチン・メルセデス 1:35.275 +1.827 23
15 5 セバスチャン・ベッテル アストンマーチン・メルセデス 1:35.289 +1.841 16
16 55 カルロス・サインツ フェラーリ 1:35.342 +1.894 24
17 6 ニコラス・ラティフィ ウィリアムズ・メルセデス 1:35.612 +2.164 22
18 9 ニキータ・マゼピン ハース・フェラーリ 1:36.651 +3.203 24
19 47 ミック・シューマッハ ハース・フェラーリ 1:37.329 +3.881 14
20 45 ロイ・ニッサニー ウィリアムズ・メルセデス 1:37.881 +4.433 16

コンディション

天気
晴れ
気温
25℃
路面温度
39℃

セッション概要

グランプリ名
F1フランスGP
セッション種別
フリー走行1
セッション開始日時

サーキット

名称
ポール・リカール・サーキット
設立
1970年
全長
5842m
コーナー数
15
周回方向
時計回り

F1フランスGP特集