フェラーリのセバスチャン・ベッテル、F1ブラジルGPフリー走行にてcopyright Getty Images / Red Bull Content Pool

“疑惑渦中”のフェラーリが1-2、ホンダ2台はメカニカルトラブル / F1ブラジルGP《FP2》結果とダイジェスト

  • Published: / Updated:

2019年F1第20戦ブラジルGP金曜2回目のフリー走行が、サンパウロ現地11月15日15時、日本時間27時よりインテルラゴス・サーキットで行われ、セバスチャン・ベッテルがトップタイムを記録。シャルル・ルクレールが2番手に続き、スクーデリア・フェラーリが初日を1-2で締め括った。両者のタイム差は1000分の21秒と拮抗した。

燃料流量違法疑惑に加えてインタークーラーからのオイル流入疑惑と、ライバルからの相次ぐトリック潰しの砲撃を受けたにも関わらず、フェラーリは依然としてストレート区間でアドバンテージを発揮。今のところ、技術指令書による影響を感じさせないパフォーマンスを示している。

サンパウロの町並みを背景にインテルラゴス・サーキットを走行するレッドブル・ホンダのアレックス・アルボン、2019年F1ブラジルGPフリー走行2

3番手はレッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペン。セッション途中でDRSのトラブルを抱えたほか、エンジンブレーキの感触に不満を漏らす場面もあったが、トップとのギャップを0.134秒に抑えた。FP1でクラッシュを喫したアレックス・アルボンは、慎重にドライブした結果か、チームメイトからコンマ9秒遅れの9番手タイムでマシンを降りた。

4・5番手にはメルセデスのバルテリ・ボッタスとルイス・ハミルトンが続いた。シルバーアローはショートランではやや遅れたものの、ロングランでは強力なペースを築いていた。フライングラップ中にボッタスとニアミスしたハミルトンが苛立ちを示す場面もあった。

大雨の影響で午前のFP1はウェットセッションとなったが、午後には路面もほぼ乾き切り、予選・決勝と同時刻帯のプラクティス2は気温19.7℃、路面24.5℃、湿度76.3%のドライコンディションでスタートした。セッション中の降水確率は30%。開始30分前後に弱い雨が落ちたものの、各車最後までドライ路面で走行を続けた。

インテルラゴス・サーキットを走行するトロロッソ・ホンダSTR14

トロロッソ・ホンダ勢は、2台共がエンジン周りと思しきトラブルに見舞われた。セッションの終了20分前、ソフトタイヤを履いてロングランに取り組んでいたピエール・ガスリーが、車両後部から白煙を吐いてピットレーン出口付近にマシンを止めた。ガスリーは無線でエンジントラブルを報告。マシン回収のためにバーチャル・セーフティカー(VSC)が導入された。ICEの故障だった。

ダニール・クビアトの方は、チェッカーまで6分を切ったところでターン12を飛び出し、芝生を乗り越えて右リアからタイヤバリアに軽く衝突。その後、車体後方エンジン付近から出火した。セッションは赤旗中断となり、そのまま再開されずに終了した。クビアトがコーナーにアプローチした際、エンジンがシャットダウン。リアがロックアップしていた。

幸いにも、この日2台が搭載していたのは金曜専用エンジンであるため、残りの週末への影響はない。

セッションは赤旗に終わっただけでなく、赤旗に始まった。開始5分のところで、ニコラス・ラティフィからステアリングを引き継いだロバート・クビサ(ウィリアムズ)がターン3でクラッシュ。濡れた縁石に足を取られたか、左フロントからガードレールへと激突した。コース上にはカーボン製のパーツが大量に飛散。セッションは10分弱の間、赤旗中断となった。クビサは初日をトータル周回数わずか2周で終える事となった。

ミッドフィールド最速6番手は、ルノーのダニエル・リカルドを抑えたハースのケビン・マグヌッセン。8番手にはアルファロメオのキミ・ライコネンが、そして10番手にはマクラーレンのカルロス・サインツが滑り込んだ。

ブラジルグランプリ3回目のフリー走行は、日本時間11月16日(土)24時から、公式予選は同27時からインテルラゴス・サーキットで開催される。

順位とタイム

Pos No Driver Team Time Gap Laps
1 5 セバスチャン・ベッテル フェラーリ 1:09.217 30
2 16 シャルル・ルクレール フェラーリ 1:09.238 +0.021 35
3 33 マックス・フェルスタッペン レッドブル・ホンダ 1:09.351 +0.134 33
4 77 バルテリ・ボッタス メルセデス 1:09.373 +0.156 37
5 44 ルイス・ハミルトン メルセデス 1:09.440 +0.223 39
6 20 ケビン・マグヌッセン ハース・フェラーリ 1:10.143 +0.926 38
7 3 ダニエル・リカルド ルノー 1:10.194 +0.977 32
8 7 キミ・ライコネン アルファロメオ 1:10.210 +0.993 39
9 23 アレックス・アルボン レッドブル・ホンダ 1:10.275 +1.058 31
10 55 カルロス・サインツ マクラーレン・ルノー 1:10.310 +1.093 38
11 27 ニコ・ヒュルケンベルグ ルノー 1:10.325 +1.108 31
12 10 ピエール・ガスリー トロロッソ・ホンダ 1:10.352 +1.135 26
13 99 アントニオ・ジョビナッツィ アルファロメオ 1:10.419 +1.202 36
14 26 ダニール・クビアト トロロッソ・ホンダ 1:10.424 +1.207 34
15 11 セルジオ・ペレス レーシングポイント 1:10.443 +1.226 31
16 8 ロマン・グロージャン ハース・フェラーリ 1:10.504 +1.287 38
17 18 ランス・ストロール レーシングポイント 1:10.568 +1.351 33
18 4 ランド・ノリス マクラーレン・ルノー 1:10.700 +1.483 41
19 63 ジョージ・ラッセル ウィリアムズ・メルセデス 1:11.818 +2.601 36
20 88 ロバート・クビサ ウィリアムズ・メルセデス 2

コンディション

天気
曇り
気温
19.7℃
路面温度
24.5℃

セッション概要

グランプリ名
F1ブラジルGP
セッション種別
フリー走行2
セッション開始日時

サーキット

名称
インテルラゴス・サーキット
設立
1936年
全長
4309m
コーナー数
15
周回方向
反時計回り

F1ブラジルGP特集