レッドブル・ホンダRB15をドライブするマックス・フェルスタッペン、2019年F1ブラジルGP最終プラクティスにてcopyright Getty Images / Red Bull Content Pool

フェルスタッペン、最速ハミルトンに紙一重の2番手 / F1ブラジルGP《FP3》結果とダイジェスト

  • 最終更新:

F1第20戦ブラジルGP土曜3回目のフリー走行が11月17日に一時間に渡ってインテルラゴス・サーキットで行われ、メルセデスAMGのルイス・ハミルトンが1分8秒320を記録し、公式予選前最後のプラクティスでタイムシート最上部につけた。

2番手はレッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペン。最速ハミルトンに対して、紙一重の1000分の26秒差に迫った。初日1-2を築いたフェラーリ勢は、シャルル・ルクレールが3番手、セバスチャン・ベッテルが4番手に並び、トップ2に対してコンマ3秒と大きく遅れた。

フェルスタッペンがハミルトンに僅差に迫る2番手タイムを記録した一方で、アレックス・アルボンはコンマ8秒遅れの5番手。マシンバランスに違和感を訴え、フロントタイヤのオーバーヒートに手を焼いた。

フェラーリ勢は初日の結果を踏まえてレースペースの改善に着手。ダウンフォースを増やしてグリップを向上させるべく、セットアップに変更を加えてセッションに臨んだものの、ダウンフォースが問われるセクター2でライバルにコンマ4秒近く遅れた。

グランプリ2日目を迎えた現地サンパウロは好天に恵まれ、予選結果を占うセッションは気温19℃、路面32℃のドライコンディションでスタート。照り付ける日差しのために、路面温度は一時44℃近くにまで上昇した。

トラックエボリューションが大きく、セッション後半には各車大きく自己ベストを更新したものの、オールドサーキットの宿命故に、トラフィックに捕まりクリーンラップが得られず不満をぶつけるドライバーが多くみられた。

7番手を記録したトロロッソ・ホンダのダニール・クビアトから14番手のハース、ケビン・マグヌッセンまでは0.298秒。熾烈なミッドフィールドでは、渋滞を避けてラップをまとめ上げる事が何よりも求められる。

適切にクールダウンラップを挟みさえすれば、1セットのタイヤで複数回のタイム計測が可能な状況であるため、予選ではトラフィックマネジメントが大きなカギを握ることになりそうだ。

ウィリアムズは、初日のFP2でクラッシュを喫したロバート・クビサに予備用シャシーを投入。クルーが徹夜でスペアシャシーを組み上げた事で、クビサはこのセッションで誰よりも多い23周を走り込んだ。

2019年F1ブラジルグランプリ公式予選は、日本時間11月16日(土)27時から全3ラウンド、1時間に渡ってインテルラゴス・サーキットにて行われる。

順位とタイム

Pos No Driver Team Time Gap Laps
1 44 ルイス・ハミルトン メルセデス 1:08.320 17
2 33 マックス・フェルスタッペン レッドブル・ホンダ 1:08.346 +0.026 18
3 16 シャルル・ルクレール フェラーリ 1:08.611 +0.291 20
4 5 セバスチャン・ベッテル フェラーリ 1:08.664 +0.344 22
5 23 アレックス・アルボン レッドブル・ホンダ 1:09.136 +0.816 17
6 77 バルテリ・ボッタス メルセデス 1:09.201 +0.881 20
7 26 ダニール・クビアト トロロッソ・ホンダ 1:09.415 +1.095 22
8 99 アントニオ・ジョビナッツィ アルファロメオ 1:09.462 +1.142 20
9 4 ランド・ノリス マクラーレン・ルノー 1:09.585 +1.265 18
10 55 カルロス・サインツ マクラーレン・ルノー 1:09.588 +1.268 21
11 7 キミ・ライコネン アルファロメオ 1:09.619 +1.299 21
12 10 ピエール・ガスリー トロロッソ・ホンダ 1:09.625 +1.305 19
13 27 ニコ・ヒュルケンベルグ ルノー 1:09.650 +1.330 17
14 20 ケビン・マグヌッセン ハース・フェラーリ 1:09.713 +1.393 18
15 3 ダニエル・リカルド ルノー 1:09.761 +1.441 17
16 8 ロマン・グロージャン ハース・フェラーリ 1:09.798 +1.478 20
17 11 セルジオ・ペレス レーシングポイント 1:09.995 +1.675 19
18 18 ランス・ストロール レーシングポイント 1:10.312 +1.992 16
19 63 ジョージ・ラッセル ウィリアムズ・メルセデス 1:10.843 +2.523 19
20 88 ロバート・クビサ ウィリアムズ・メルセデス 1:11.205 +2.885 23

コンディション

天気
晴れ
気温
19℃
路面温度
32℃

セッション概要

グランプリ名
F1ブラジルGP
セッション種別
フリー走行3
セッション開始日時

サーキット

名称
インテルラゴス・サーキット
設立
1936年
全長
4309m
コーナー数
15
周回方向
反時計回り

F1ブラジルGP特集