2019年F1メキシコGP予選でポール・ポジションを獲得し、ファンに手を振るレッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンcopyright Getty Images / Red Bull Content Pool

ホンダ、フェルスタッペンのポールは消滅も 全車トップ10の速さ / F1メキシコGP《予選》結果とダイジェスト

  • Published:

2019年FIA F1世界選手権 第18戦メキシコGPの公式予選が、エルマノス・ロドリゲス・サーキットで現地10月27日13時から1時間に渡って行われ、レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンが全体のトップとなる1分14秒758を記録した。

本来であればハンガリーGPに続き、キャリア通算2度目、ホンダF1としては、1990年のゲルハルト・ベルガー以来初めてとなるメキシコでのポールポジション獲得となったはずであったが、セッション中の黄旗を見落とし減速しなかったとして、3グッリド降格処分を受け、ポールは幻と消えた。

とは言え、ホンダ製F1パワーユニット搭載車両は4台全てが最終Q3へと進出し、アレックス・アルボンが5番手、ダニール・クビアトが9番手、ピエール・ガスリーが10番手と、オールTop10を飾る速さを示した。ホンダPU勢が4台ともQ3進出を果たしたのは、モナコGP以来、今シーズン2度目。

最有力候補の呼声高かったフェラーリ勢は、フェルスタッペンには及ばず、シャルル・ルクレールが0.266秒落ちの2番手。セバスチャン・ベッテルは0.412秒落ちの3番手という結果に終わったものの、フェルスタッペンの降格によって、フェラーリは1974年以来、45年ぶりの6戦連続ポールポジションの快挙を果たした。

高地エルマノス・ロドリゲスを苦手とするメルセデスAMG勢は、ルイス・ハミルトンが4番手、バルテリ・ボッタスが6番手と奮わなかった。Q3の最終アタックではボッタスがクラッシュ。最終コーナーのパワーオンの際にリアを滑らせ、15Gの衝撃とともに外側の壁に激突した。

この事故に伴い、最終コーナーではイエローフラッグが振られ、ベッテルら後続のマシンは計測断念を強いられたものの、フェルスタッペンはセクター3で自己ベストを更新。レーススチュワードは予選終了から1時間半後、黄旗無視の可能性があるとしてフェルスタッペンを招集降格ペナルティとペナルティポイント加算の裁定を下した

予選Q1:ハースとウィリアムズが姿消す

決勝のスタートグリッドを決する争いは、気温19.8℃、路面32.8℃、湿度60.2%のドライコンディションでスタート。第一ラウンドのQ1では、ウィリアムズの2台が先陣を切った。練習走行とは異なり、設置されたスタンドはほぼ満員で、多くの地元ファンが熱戦の模様を楽しんだ。レッドブル・ホンダの2台は、フェルスタッペンがトップタイム。アルボンがコンマ2秒遅れの2番手でQ2進出を果たした。

ハースのロマン・グロージャンは、1セット目のタイヤのアタックの最中にターン3でコースオフ。2セット目に履き替えた後も奮わず、18番手で敗退を喫した。ハースはエルマノス・ロドリゲスを苦手としており、チームメイトのケビン・マグヌッセンも18番手と、揃ってQ1ノックアウトに終わった。

ノックアウト

  • ランス・ストロール
  • ケビン・マグヌッセン
  • ロマン・グロージャン
  • ジョージ・ラッセル
  • ロバート・クビサ

予選Q2:上位勢はミディアムスタート

トップ10進出組にとって、決勝のスタートタイヤが決するQ2では、トロロッソ、レッドブル、メルセデス、フェラーリの各2台と、マクラーレンのカルロス・サインツが、ミディアムタイヤを履いてコースインした。

1セット目のアタックを終えてノックアウトゾーンに沈んだのは、カルロス・サインツ、アントニオ・ジョビナッツィ、キミ・ライコネン、ピエール・ガスリー、ダニール・クビアトの5台。アルファロメオの2台は最後のアタックで抜け出す事は出来ず、Q2敗退を喫した。

2セット目のランに向けては、メルセデスの2台を除く全車がソフトタイヤに履き替えコースイン。フェラーリとレッドブル・ホンダはソフトを履きながらもタイムを更新しなかったため、3強チームは全て、ミディアムタイヤで明日の決勝レースをスタートする事になる。

ホンダエンジン勢は4台全てが最終ラウンドへと駒を進めた。冷却系に問題を抱え、MGU-Kを交換して臨んだルノー勢は、ニコ・ヒュルケンベルグが12番手、ダニエル・リカルドは13番手でノックアウトとなった。

地元出身のレーシングポイント、セルジオ・ペレスは11番手。Q3には進めなかったものの、タイヤ選択の自由がある最も良いポジションを手にした。

ノックアウト

  • セルジオ・ペレス
  • ニコ・ヒュルケンベルグ
  • ダニエル・リカルド
  • キミ・ライコネン
  • アントニオ・ジョビナッツィ

予選Q3:ボッタスのクラッシュで幕締

トップ10グリッドを決する予選最終ラウンドのQ3では、まずはボッタスが先頭でコースイン。すぐ後ろにはハミルトンが続き、スリップストリームを与える作戦に打って出た。レッドブル・ホンダ勢も同じように、アルボンがフェルスタッペンを牽引。これが功を奏したか、フェルスタッペンが暫定ポールタイムをマークした。

1セット目を終えての順位は、フェルスタッペン、ルクレール、ベッテル、ハミルトン、アルボン、ボッタス、サインツ、クビアト、ガスリー、ノリスの順。ポール争いは跳馬VSフェルスタッペンの構図となった。

最終アタックでは、最終コーナーでボッタスがクラッシュ。アクセルを掛けた際にリアが滑り、アウト側のバリアに突っ込む形となった。最終コーナーにはイエローフラッグが振られ、頂上決戦は1セット目のタイムで決する事となった。

F1メキシコグランプリ決勝レースは、日本時間10月27日(日)28時10分にスタート。1周4304mのエルマノス・ロドリゲス・サーキットを71周する事でチャンピオンシップを争う。

順位とタイム

Pos No Driver Team Q1 Q2 Q3 Laps
1 33 マックス・フェルスタッペン レッドブル・ホンダ 1:15.949 1:16.136 1:14.758 15
2 16 シャルル・ルクレール フェラーリ 1:16.364 1:16.219 1:15.024 17
3 5 セバスチャン・ベッテル フェラーリ 1:16.696 1:15.914 1:15.170 17
4 44 ルイス・ハミルトン メルセデス 1:16.424 1:15.721 1:15.262 20
5 23 アレックス・アルボン レッドブル・ホンダ 1:16.175 1:16.574 1:15.336 18
6 77 バルテリ・ボッタス メルセデス 1:17.062 1:15.852 1:15.338 18
7 55 カルロス・サインツ マクラーレン・ルノー 1:17.044 1:16.267 1:16.014 19
8 4 ランド・ノリス マクラーレン・ルノー 1:17.092 1:16.447 1:16.322 20
9 26 ダニール・クビアト トロロッソ・ホンダ 1:17.041 1:16.657 1:16.469 22
10 10 ピエール・ガスリー トロロッソ・ホンダ 1:17.065 1:16.679 1:16.586 22
11 11 セルジオ・ペレス レーシングポイント 1:17.465 1:16.687 14
12 27 ニコ・ヒュルケンベルグ ルノー 1:17.608 1:16.885 14
13 3 ダニエル・リカルド ルノー 1:17.270 1:16.933 14
14 7 キミ・ライコネン アルファロメオ 1:17.225 1:16.967 14
15 99 アントニオ・ジョビナッツィ アルファロメオ 1:17.794 1:17.269 14
16 18 ランス・ストロール レーシングポイント 1:18.065 8
17 20 ケビン・マグヌッセン ハース・フェラーリ 1:18.436 9
18 8 ロマン・グロージャン ハース・フェラーリ 1:18.599 9
19 63 ジョージ・ラッセル ウィリアムズ・メルセデス 1:18.823 10
20 88 ロバート・クビサ ウィリアムズ・メルセデス 1:20.179 9

コンディション

天気
晴れ
気温
19.8℃
路面温度
32.8℃

セッション概要

グランプリ名
F1メキシコGP
セッション種別
予選
セッション開始日時

サーキット

名称
エルマノス・ロドリゲス・サーキット
設立
1962年
全長
4304m
コーナー数
16
周回方向
時計回り

F1メキシコGP特集