エルマノス・ロドリゲス・サーキットを走るレッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペン、2019年F1メキシコGPフリー走行にてcopyright Getty Images / Red Bull Content Pool

ホンダエンジン勢が”期待大”の好発進、初日最速はベッテル / F1メキシコGP《FP2》結果とダイジェスト

  • Published:

カレンダー復帰5年目を迎えたF1メキシコGP。2019年F1第18戦メキシコGP金曜2回目のフリー走行が、現地10月26日14時、日本時間28時から90分間に渡って行われ、スクーデリア・フェラーリのセバスチャン・ベッテルが1分16秒607のファステストを記録。初日をトップで締め括った。

2番手はレッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペン。コンマ1秒という僅差で跳馬に遅れたが、レースペースではライバルを上回る速さを刻んだ。スクーデリア・トロロッソの2台も絶好調。ダニール・クビアトが6番手、ピエール・ガスリーが7番手と、ホンダ製F1パワーユニット搭載車両が有望な結果で週末をスタートさせた。

トロロッソ・ホンダSTR14、エルマノス・ロドリゲス・サーキットのガレージにて
© Getty Images / Red Bull Content Pool

アレックス・アルボンはセッション開始15分、ミディアムタイヤで走行を重ねていたところ、ターン7へと向かう際、イン側を低速走行していたバルテリ・ボッタス(Mercedes)を交わすために必要以上にアウト側からアプローチ。その結果、縁石に乗ったリアが滑る格好となり、右フロントからアウト側のタイヤバリアに激突し、セッションは赤旗中断となった。

代償は高くついた。2回目のプラクティスの殆どを失った事で、チームは計画していたプログラムを変更。フェルスタッペンの1台のみで、各コンパウンドの評価とショート及びロングランをこなす必要を強いられた。それだけではない。クリスチャン・ホーナー代表は「彼自身にとって残念なことだ。なぜなら、アレックスがここを走るのは今回が初めてであり、できる限り走り込む事が重要だからだ」と語った。

もう一台のフェラーリSF90を駆ったシャルル・ルクレールは3番手。フェルスタッペンに100分の35秒遅れたが、セッションを終えクルマを降りたフェルスタッペンは「予選で彼らと戦うことはできないと思う。連中は速すぎるよ」と述べ、予選でのみ機能する跳馬の驚異的ブーストを警戒。フロントロウ争いは厳しいとの見方を示した。

エルマノス・ロドリゲス・サーキットを走行するスクーデリア・フェラーリのシャルル・ルクレール
© Ferrari S.p.A.

午後のエルマノス・ロドリゲス・サーキット上空には怪しげな雲が広がっていたものの、予選・決勝と同時刻帯のプラクティス2は、気温19.9℃、路面36.9℃、湿度59.2%のドライコンディションでスタート。セッション中の降水確率は20%と予想されたが、最後までトラックが雨に濡れる事はなかった。

前戦鈴鹿でコンストラクターズ6連覇を決めたメルセデスAMGの2台は、バルテリ・ボッタスがトップからコンマ6秒落ちの4番手、ルイス・ハミルトンは同コンマ9秒落ちの5番手と、ショートもロングもパッとしない成績に終わった。レースエンジニアのピーター・ボニントンが”医療措置”のために英国に一時帰国しているため、ハミルトンは7年に渡るパートナーの代わりとして、マーカス・ダドリーとのコンビで週末に臨んでいる。

公式タイヤサプライヤーのピレリは、中間レンジのC2からC4コンパウンドを投入。エルマノス・ロドリゲスはフロント側に熱が入りにくく、空気が薄いためグリップが低いこともあり、全車がグレイニングに苦戦していた。特にソフトタイヤの状況は芳しくなく、レースではミディアムとハードが主役となりそうだ。

頭ひとつ飛び抜けたトロロッソ・ホンダに続いたのは、マクラーレンとルノー勢。R.S.19をドライブしたニコ・ヒュルケンベルグが、8番手のカルロス・サインツと10番手のランド・ノリスの間に割って入った。地元出身のセルジオ・ペレスは12番手。チームメイトのランス・ストロールは11番手につけており、レーシングポイントも侮れない。

エルマノス・ロドリゲス・サーキットのスタジアムセクションを走行するレーシングポイントのセルジオ・ペレス、2019年F1メキシコGPフリー走行にて
© Racing Point

タイムシート下位に沈んだのは、ここ数戦お馴染みの顔ぶれ。アルファロメオとハースが13番手のダニエル・リカルドの背中を追うように争い、ウィリアムズの2台が定位置の18・19番手につけた。

メキシコグランプリ3回目のフリー走行は、日本時間10月26日(土)24時から、公式予選は同27時からエルマノス・ロドリゲス・サーキットで開催される。

順位とタイム

Pos No Driver Team Time Gap Laps
1 5 セバスチャン・ベッテル フェラーリ 1:16.607 35
2 33 マックス・フェルスタッペン レッドブル・ホンダ 1:16.722 +0.115 37
3 16 シャルル・ルクレール フェラーリ 1:17.072 +0.465 34
4 77 バルテリ・ボッタス メルセデス 1:17.221 +0.614 39
5 44 ルイス・ハミルトン メルセデス 1:17.570 +0.963 35
6 26 ダニール・クビアト トロロッソ・ホンダ 1:17.747 +1.140 40
7 10 ピエール・ガスリー トロロッソ・ホンダ 1:18.003 +1.396 39
8 55 カルロス・サインツ マクラーレン・ルノー 1:18.079 +1.472 38
9 27 ニコ・ヒュルケンベルグ ルノー 1:18.261 +1.654 23
10 4 ランド・ノリス マクラーレン・ルノー 1:18.349 +1.742 36
11 18 ランス・ストロール レーシングポイント 1:18.362 +1.755 38
12 11 セルジオ・ペレス レーシングポイント 1:18.366 +1.759 34
13 3 ダニエル・リカルド ルノー 1:18.380 +1.773 34
14 7 キミ・ライコネン アルファロメオ 1:18.681 +2.074 37
15 8 ロマン・グロージャン ハース・フェラーリ 1:18.766 +2.159 37
16 99 アントニオ・ジョビナッツィ アルファロメオ 1:18.889 +2.282 46
17 20 ケビン・マグヌッセン ハース・フェラーリ 1:19.306 +2.699 37
18 63 ジョージ・ラッセル ウィリアムズ・メルセデス 1:19.968 +3.361 36
19 88 ロバート・クビサ ウィリアムズ・メルセデス 1:20.180 +3.573 37
20 23 アレックス・アルボン レッドブル・ホンダ 1:21.665 +5.058 5

コンディション

天気
曇り
気温
19.9℃
路面温度
36.9℃

セッション概要

グランプリ名
F1メキシコGP
セッション種別
フリー走行2
セッション開始日時

サーキット

名称
エルマノス・ロドリゲス・サーキット
設立
1962年
全長
4304m
コーナー数
16
周回方向
時計回り

F1メキシコGP特集