スターティンググリッドにつく20台のF1マシン、2019年F1カナダGP決勝レースにてcopyright Pirelli & C. S.p.A.

F1メキシコGP 決勝スターティンググリッド:フェラーリが45年ぶりに6戦連続ポールポジション

  • 最終更新:

2019年シーズンF1世界選手権 第18戦メキシコGPの暫定スターティンググリッドが、FIA国際自動車連盟より発表された。パワーユニットやギアボックスによるペナルティはないが、マックス・フェルスタッペンの黄旗無視によって、ポールポジションに変動があり、フェラーリの2台が最前列を占拠した。

予選Q3で発生したバルテリ・ボッタスのクラッシュ。これに伴い黄旗が振られたものの、レッドブル・ホンダのフェルスタッペンはこれに気づかず、アクセルを緩めることなく自己ベストを更新してしまった。結果、3グリッド降格処分となり、今季2度目のポールは次戦以降にお預けとなった。

代わりにポールの座を掴んだのはシャルル・ルクレール。今季7度目のポールポジションは見事という他にない。フェラーリとしては6戦連続でのポールとなったが、マラネロのチームが6戦連続PPを成し遂げたのは、過去これまでに1961年と1974年の2度しかなく、45年ぶりの快挙となった。

現時点で、予選順位とグリッドとの変動は以上だが、予選Q3でクラッシュを喫したバルテリ・ボッタスのマシンのダメージが大きいのが気がかりだ。仮にサバイバルセルの交換が必要になった場合、パルクフェルメ規定違反となるため、ピットレーンスタートとなる可能性がある。

2019年F1メキシコGP スターティンググリッド

Pos No Driver Team Qualifying
1 16 C.ルクレールLEC フェラーリ 2(+1)
2 5 S.ベッテルVET フェラーリ 3(+1)
3 44 L.ハミルトンHAM メルセデス 4(+1)
4 33 M.フェルスタッペンVER レッドブル・ホンダ 1(-3)
5 23 A.アルボンALB レッドブル・ホンダ 5(-)
6 77 V.ボッタスBOT メルセデス 6(-)
7 55 C.サインツSAI マクラーレン・ルノー 7(-)
8 4 L.ノリスNOR マクラーレン・ルノー 8(-)
9 26 D.クビアトKVY トロロッソ・ホンダ 9(-)
10 10 P.ガスリーGAS トロロッソ・ホンダ 10(-)
11 11 S.ペレスPER レーシングポイント 11(-)
12 27 N.ヒュルケンベルグHUL ルノー 12(-)
13 3 D.リカルドRIC ルノー 13(-)
14 7 K.ライコネンRAI アルファロメオ 14(-)
15 99 A.ジョビナッツィGIO アルファロメオ 15(-)
16 18 L.ストロールSTR レーシングポイント 16(-)
17 20 K.マグヌッセンMAG ハース・フェラーリ 17(-)
18 8 R.グロージャンGRO ハース・フェラーリ 18(-)
19 63 J.ラッセルRUS ウィリアムズ・メルセデス 19(-)
20 88 R.クビサKUB ウィリアムズ・メルセデス 20(-)

F1メキシコGP特集