F1スペインGPで表彰台に上がったレッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンcopyright Getty Images / Red Bull Content Pool

中盤戦占うスペインで表彰台…レッドブル・ホンダ、次戦F1モナコGPで初優勝を飾れるか?

  • 最終更新:

12日のスペインGPを終えたF1サーカスは5戦を消化。次に控えるのは、昨年レッドブル・レーシングが表彰台の頂点に立ったモナコGPだ。我々は、5月末の伝統の一戦でレッドブル・ホンダの初優勝を目撃できるだろうか?

シーズン第二の開幕戦とも称される先のスペインGPでは、マックス・フェルスタッペンが開幕オーストラリアGPに続く今季2度目の表彰台を獲得。ホンダのスペック2エンジンと、車体側の空力アップグレードによって性能を上乗せしたRB15がフェラーリに襲いかかった。

一発の速さを競う予選ではシャルル・ルクレールを食い、3番手セバスチャン・ベッテルに対して1000分の85秒と迫る4番手。今季過去最高に接近した。フェルスタッペンは、今のレッドブル・ホンダの競争力はフェラーリと肩を並べる水準に達したと考えている。

カタロニア・サーキットを走行する2台のフェラーリSF90、F1スペインGPにて
© Ferrari S.p.A.、フェラーリはプレシーズンテストで刻んだベストタイムを上回れなかった

「前戦バクーでの僕らのレースペースはかなり良かったと思うけど、今回はみんながアップグレードを持ち込んできた」とフェルスタッペン。「その結果、依然としてメルセデスに若干遅れを取っていることは明らかだけど、フェラーリには追い付いたように思う」

フェルスタッペンの指摘に従えば、初優勝に向けての最大の障害はメルセデスという事になる。伝統的にミルトン・キーンズのチームは、優れたメカニカルとエアロダイナミクスの両刀がもたらす強力なシャシーを十八番とし、パワーセンシティビティの低いサーキットでフィールドを席巻してきた。だが、今季はいささや様相が異なっている。

スペインでの熱戦を終えて、メルセデスの二人と共にレース後記者会見に出席したフェルスタッペンは、現時点では車体性能でシルバーアローに遅れを取っているとの認識を示した。

「現時点での僕らは、どのような種類のコーナーにおいても、メルセデスほど優れているとは言えない状態だと思う。惜しい感じだとは思うし、決して僕らのクルマが悪いわけじゃないんだけど、今のところ、メルセデスは全ての箇所で僕らよりも少し速い」

「中速や高速コーナーに関しては(メルセデスと)殆ど一緒だけど、これは週末のダウンフォースレベルに依存するから一概には言えないしね」

F1スペインGP決勝レース後プレスカンファレンスに出席したレッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペン
© Getty Images / Red Bull Content Pool、レース後のトップ3会見に出席したマックス・フェルスタッペン

スペインGPの舞台であるカタロニア・サーキットは、高速セクションで構成されるセクター1と、中速コーナーが続くセクター2、そして、タイトでツイスティーな低速のセクター3から構成され、レーストラックに求められるあらゆる要素を有している。

そのため、このコースで速いクルマはどのサーキットでも速いとも言われ、歴史あるパーマネントサーキットでの連戦が続くシーズン中盤以降を占う一戦と位置づけられている。まさに、F1サーキットの”イデア”のようなコースだ。

モナコGPが開催されるモンテカルロ市街地コースは、カジノやホテルが立ち並ぶ町中に仮設されるストリートコース。うねるような狭い道幅を特徴としており、コース特性的にはカタロニア・サーキットの第3セクターに類似する。モナコでの序列を占う上で重要な示唆を与えてくれるというわけだ。

では、そのセクター3で最速を刻んでいたのは誰なのか? レッドブルがモナコを制した昨年は、ダニエル・リカルドがフェラーリを100分の4秒抑えてトップを記録。同じRB14をドライブしたフェルスタッペンが3番手タイムをマークしていたが、今季はメルセデスの2台が1-2。それも、3番手フェルスタッペンに対してコンマ2秒近い差をつけていた。

セクター3での上位4台はメルセデスとレッドブル・ホンダ。フェラーリはメルセデスに対して0.6秒も遅れていた。統計に従えば、次のモンテカルロでは三つ巴の戦いにすらならず、シルバーアローが開幕6戦連続1-2という快挙を達成する可能性がある事を示している。

「メルセデスは今回、低速コーナーで凄く強力だったから、次のモナコでもかなり良いんじゃないかと思う」とフェルスタッペン。

「最終セクターでの低速でのパフォーマンスを見る限り、次のモナコGPの本命が僕らじゃない事は明らかだし、去年のように超強力なパフォーマンスを示せるとも期待してない」

モナコがダメなら次のチャンスはいつ訪れるのか?今後レッドブル・ホンダが高い競争力を示せる可能性があるグランプリについて問われたフェルスタッペンは、次のように答えた。

「モナコ、シンガポール、メキシコ…かな。これらのレースでは大抵の場合、僕らにとって幾らか良いからね」

F1モナコGP特集