レーシング・ポイントF1チームのRP20をドライブすrニコ・ヒュルケンベルグ、2020年F1イギリスGPcopyright Racing Point

動画 F1イギリスGP《FP1》︰ニコ・ヒュルケンベルグ復帰、ジョビナッツィの赤旗中断

  • Published:

日本時間7月31日(金)19時より、90分間に渡って行われた2020年F1第4戦イギリスGP1回目のフリー走行の模様を130秒に圧縮したハイライト動画がDAZNより公開された。

ニコ・ヒュルケンベルグはオトマー・サフナウアー代表からの電話を受け急遽スペインからイギリスへと飛び、24時間に満たない時間の中で辛うじて最低限の準備を整え、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)への感染が確認されたセルジオ・ペレスの代役としてレーシングポイントRP20をドライブ。間に合わせの装備品にも関わらず、僚友ランス・ストロールとのギャップを0.588秒に抑える9番手タイムを刻んでみせた。

セッション中には赤旗が一度振られた。アルファロメオのアントニオ・ジョビナッツィがリアを滑らせコースオフ。破損した左リアタイヤがコース上にトレッドゴムを撒き散らしたため、デブリ清掃のためにレッドフラッグが提示された。

DAZNの動画プレイヤーが表示されない場合はこちらをクリック。F1公式の3分4秒の長尺バージョンの動画は以下から。

F1イギリスGP特集