F1トスカーナGP予選を戦うレッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンとアルファタウリ・ホンダのダニール・クビアトcopyright Red Bull Content Pool

ハミルトン 逆転PP、ホンダ 2列目占拠「3番手は誇れる結果」とフェルスタッペン / F1トスカーナGP《予選》結果とダイジェスト

  • Published: Updated:

2020 FIA-F1世界選手権9戦トスカーナGPの公式予選が9月12日にムジェロ・サーキットで行われ、メルセデスAMGのルイス・ハミルトンが1分15秒144のコースレコードを樹立。キャリア通算95回目、F1史上初となるムジェロでのポールポジションを獲得した。

週末を通して全てのプラクティスでチームメイトを上回っていたバルテリ・ボッタスは、Q3最終アタック中のイエローフラッグの影響で計測を断念した事もあり、肝心のポール争いで0.059秒届かず2番手に甘んじた。

レッドブル・ホンダ勢は2列目を独占した。ポール争いが期待されたマックス・フェルスタッペンは、予選に入ってギアを上げたメルセデスとの勝負に絡めず0.365秒落ちの3番手につけた。アレックス・アルボンは今回もチームメイトに対して0.445秒と大きく遅れたが、ミッドフィルダーを交わしてキャリアベストの4番手を獲得した

散々な結果に終わった1週間前のモンツァを経て、ムジェロでの予選トップ3インタビューに臨んだフェルスタッペンは「これまでのところ、今週末は本当に期待に満ち溢れている。予選3番手は本当に誇れる結果だ。ムジェロは最高のドライビングコースだね」と語った。

F1トスカーナGP予選を終えて話し込むレッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンとメルセデスのルイス・ハミルトン
© Red Bull Content Pool、予選を終えて話し込むマックス・フェルスタッペンとルイス・ハミルトン

FP1とFP3で揃ってトップ10圏内に食い込むなど、Q3進出が期待されたアルファタウリ・ホンダ勢であったが、全セッションでTOP10タイムを刻んできたピエール・ガスリーが、肝心の予選でアンダーステアに苦しみ16番手。昨年のベルギーGP以来となるQ1ノックアウトを喫し、ダニール・クビアトも12番手に終わった。

F1初参戦となった1950年のモナコGPから数えて1000戦目の記念グランプリに挑んだスクーデリア・フェラーリは、苦戦が予想されていたもののシャルル・ルクレールが驚きの5番手タイムをマーク。人数限定ながらも、今季初めてグランドスタンドへの入場が許されたティフォシの喝采を受けた。

一方、記念のブルゴーニュカラーに塗り替えられたもう一台のSF1000を駆ったセバスチャン・ベッテルはQ2進出が精一杯といったところで、カスタマーチームであるアルファロメオのキミ・ライコネンに1000分の4秒の先行を許し、14番手でヘルメットを脱いだ。

午前のFP3に引き続き現地スカルペリーアは晴れ、決勝のスタートグリッドを決する争いは現地15時、日本時間22時より、気温29.5℃、路面46.5℃、湿度39.1%のドライコンディションで開始された。公式タイヤサプライヤーのピレリはムジェロの舗装特性とタイヤへの高い攻撃性を考慮して、最も耐久性が高い組み合わせとなるC1~C3までのコンパウンドを投入した。

タイトなコース幅、絶え間なく続く高速セクション、そして1箇所のみの低速コーナー。ムジェロはオーバーテイクが非常に困難と見られており、予選順位が決定的な意味を持つ可能性がある。

ムジェロ・サーキットのコースレイアウト図とDRSゾーン

予選Q1:ガスリーがまさかの敗退

エントリーした全20台で争われる予選第一ラウンドのQ1では、ウィリアムズ勢が先陣を切ってコースイン。ニコラス・ラティフィが、F1デビュー以来、チームメイトに対して予選負けなしの速さを誇るジョージ・ラッセルをコンマ1秒退け先制した。

1セット目のアタックを終えてボッタス、ハミルトン、フェルスタッペンの3台が前方遠くに突き抜けた一方で、暫定4番手のランス・ストロール(レーシングポイント)から19番手のロマン・グロージャン(ハース)までの16台が僅か0.883秒に収まる大接戦に。路面の改善もあって、最終アタックではタイムシートが慌ただしく動いた。

ラッセルは最後のランの際に、時速250km近い超高速のターン7の出口で右ホイールをグラベルに落として大量の粉塵を巻き上げながらも、臆することなくアクセルを踏み続けて神業的なコース復帰を果たし、そのままタイム計測をキープ。驚くべきことに、自己ベストを塗り替えてラティフィを退ける18番手タイムを刻み、連続記録を更新した。

ガスリーは16番手に終わり、昨年のスパ以来となるQ1ノックアウトを喫した。フランツ・トスト代表はガスリーがアンダーステアに苦戦していた事を明かした。ガスリーの敗退によってベッテルが紙一重の0.053秒という僅差に救われ、16番手でQ2進出を果たした。

ノックアウト

  • ピエール・ガスリー
  • アントニオ・ジョビナッツィ
  • ジョージ・ラッセル
  • ニコラス・ラティフィ
  • ケビン・マグヌッセン

予選Q2:チーム内で明暗分かれる

5台が脱落し残る15台のマシンが挑んだQ2では、ハミルトンが今週末初のトップタイムを記録。ポールポジション争いを直前に控えて、初めてボッタスを上回った。Q3進出組は全車ソフトタイヤでの通過となった。

僅差の戦いという事もあり、マクラーレンとフェラーリはチーム内で明暗が分かれた。

マクラーレン勢はカルロス・サインツが10番手ギリギリでQ3進出を果たした一方、ランド・ノリスが0.118秒差の11番手に終わり今季初のQ2ノックアウトとなった。フェラーリ勢はルクレールが8番手で通過したものの、ベッテルは14番手でヘルメットを脱いだ。

ガスリーの脱落によって、アルファタウリ・ホンダの期待を一手に背負ったクビアトであったが、2セット目のアタックの際、Q1のラッセルと同じようにターン7の出口でグラベルに片輪を落とし自己ベストを更新できず、12番手でクルマを降りた。

なおQ2では一時、クビアト、サインツ、ライコネンの3台が1000分の1秒単位まで全くの同一タイム(1分16秒853)を記録する一幕があった

ノックアウト

  • ランド・ノリス
  • ダニール・クビアト
  • キミ・ライコネン
  • セバスチャン・ベッテル
  • ロマン・グロージャン

予選Q3:不運ボッタス…黄旗に泣く

トップ10グリッドを決する予選最終ラウンドのQ3では、1セット目を終えてハミルトンが1分15秒144が暫定ポールにつけ、ボッタスを1000分の59秒退けた。フェルスタッペンはQ2タイムよりコンマ1秒遅い3番手に留まり、最後のアタックに全てを賭けた。

ハミルトンはラストアタックで自己ベストを更新できなかったものの、エステバン・オコン(ルノー)のコースアウトにより振られた黄旗の影響でボッタスは計測断念を強いられ、1セット目の並びのまま2番手に甘んじた。フェルスタッペンは1セット目を上回ったが自己ベスト更新には至らず3番手となった。

興味深いことに、レーシングポイントは新品が1セットしかないにも関わらず、最後のアタックシーケンスを待たずにペレスをコースへと送り出した。ペレスは暫定5番手を刻んだが、2セット目で意地の走りを見せたルクレールに1000分の41秒差でその座を許し6番手に後退した。ペレスに先行して最新型のボディーワークを手にしているストロールは7番手でヘルメットを脱いだ。

2020年 F1トスカーナグランプリ決勝レースは、日本時間9月13日(日)22時10分にスタート。1周5245mのムジェロ・サーキットを59周する事でチャンピオンシップを争う。

順位とタイム

Pos No Driver Team Q1 Q2 Q3 Laps
1 44 ルイス・ハミルトン メルセデス 1:15.778 1:15.309 1:15.144 14
2 77 バルテリ・ボッタス メルセデス 1:15.749 1:15.322 1:15.203 11
3 33 マックス・フェルスタッペン レッドブル・ホンダ 1:16.335 1:15.471 1:15.509 12
4 23 アレックス・アルボン レッドブル・ホンダ 1:16.527 1:15.914 1:15.954 14
5 16 シャルル・ルクレール フェラーリ 1:16.698 1:16.324 1:16.270 18
6 11 セルジオ・ペレス レーシングポイント 1:16.596 1:16.489 1:16.311 16
7 18 ランス・ストロール レーシングポイント 1:16.701 1:16.271 1:16.356 14
8 3 ダニエル・リカルド ルノー 1:16.981 1:16.243 1:16.543 14
9 55 カルロス・サインツ マクラーレン・ルノー 1:16.993 1:16.522 1:17.870 17
10 31 エステバン・オコン ルノー 1:16.825 1:16.297 14
11 4 ランド・ノリス マクラーレン・ルノー 1:16.895 1:16.640 12
12 26 ダニール・クビアト アルファタウリ・ホンダ 1:16.928 1:16.854 11
13 7 キミ・ライコネン アルファロメオ 1:17.059 1:16.854 12
14 5 セバスチャン・ベッテル フェラーリ 1:17.072 1:16.858 12
15 8 ロマン・グロージャン ハース・フェラーリ 1:17.069 1:17.254 12
16 10 ピエール・ガスリー アルファタウリ・ホンダ 1:17.125 6
17 99 アントニオ・ジョビナッツィ アルファロメオ 1:17.220 6
18 63 ジョージ・ラッセル ウィリアムズ・メルセデス 1:17.232 9
19 6 ニコラス・ラティフィ ウィリアムズ・メルセデス 1:17.320 9
20 20 ケビン・マグヌッセン ハース・フェラーリ 1:17.348 6

コンディション

天気
晴れ
気温
29.5℃
路面温度
46.5℃

セッション概要

グランプリ名
F1トスカーナGP
セッション種別
予選
セッション開始日時

サーキット

名称
ムジェロ・サーキット
設立
1974年
全長
5245m
コーナー数
15
周回方向
時計回り

F1トスカーナGP特集