山本尚貴がF1走行デビューを果たした2019年F1日本GPフリー走行1のハイライト

動画:F1日本《初日》ハイライト / 山本尚貴、念願のF1マシン走行デビュー

  • 最終更新:

フォーミュラ1公式Youtubeアカウントが、10月11日金曜に鈴鹿サーキットで行われた第17戦F1日本GP初日セッションのハイライト動画を公開した。台風19号の影響のために土曜のセッションが中止となったため、予選までの限られた時間を最大限に有効活用すべく、チームは通常とは異なるプログラムを実施した。

FP1:山本尚貴がF1走行デビュー -2:59

開始直前に土曜の全イベントがキャンセルされる事が発表されスタートしたFP1。注目の山本尚貴はトロロッソ・ホンダSTR14を堅実に走らせ、ダニール・クビアトから0.098秒遅れの印象的なパフォーマンスを残した。

FP1ダイジェスト

山本尚貴がF1走行デビューを果たした2019年F1日本GPフリー走行1のハイライト

マクラーレンのカルロス・サインツは電気系統のトラブルに見舞われるも、セッション後半にコースに復帰。ミッドフィールド最速の7番手タイムを残した。

FP2:滑ったボッタスが最速 -2:01

予選前最後のプラクティスとなった午後14時スタートのFP2。最速を刻んだのはメルセデスのバルテリ・ボッタス。最終コーナーからの立ち上がりでリアを失いスピンする場面もあったが、チームメイトのルイス・ハミルトンを抑えてトップタイムを刻んだ。

FP2ダイジェスト

鈴鹿の最終コーナーでスピンを喫したメルセデスのバルテリ・ボッタス、2019年F1日本GPフリー走行2

F1日本GP特集