山本尚貴が日本GPのFP1でドライブしたトロロッソ・ホンダSTR14 38号車のリアウイングcopyright マシンに乗り込む準備をするトロロッソ・ホンダの山本尚貴、2019年F1日本GP

山本尚貴 僚友と遜色ない走り、新パーツ投じたメルセデスが1-2発進 / F1日本GP《FP1》結果とダイジェスト

  • 最終更新:

シーズン17戦目となるF1日本GPが、10月11日に鈴鹿サーキットで開幕を迎え、午前10時から金曜1回目のフリー走行が行われた。グランプリ一発目のセッションを制したのはメルセデスのバルテリ・ボッタス。1分28秒731のトップタイムを記録した。

2番手にはトップから遅れる事0.079秒でルイス・ハミルトン。3番手には同1.1秒でセバスチャン・ベッテル、4番手には同1.3秒でシャルル・ルクレールが続き、W10にアップグレードを持ち込んだシルバーアロー勢が、ライバルを大きく引き離した。ベッテルはGPSに問題を抱えたため、チームからの無線によって後続車の接近を知ることが出来ない状況での走行を強いられた。

ピエール・ガスリーに代わってトロロッソ・ホンダSTR14をドライブした大注目の山本尚貴は、初のF1マシンでの走行にも関わらず、チームメイトのダニール・クビアトに1000分の98秒と迫る17番手タイムをマーク。”鈴鹿マイスター”の名に相応しい印象的なパフォーマンスを示した。

山本尚貴の注目の初ラップは1分38秒515。その後は2ラップ目に34秒836、3ラップ目に34秒179と、少しずつタイムを削っていった。チームからの「車のバランスはどう?」との無線に対しては「アンダーステアが出ていて、最終シケインの侵入の際にブレーキがロックしやすい」と報告した。

ミディアムタイヤで15周を走行した後、一旦ピットイン。セッション後半に向けてソフトタイヤへと履き替えた。最終盤に新品ソフトでのアタックラップが期待されたが、ソフトタイヤは2セットのみの使用に制限され、フレッシュタイヤでの全力走行の機会はなかった。

レッドブル・ホンダ勢は、マックス・フェルスタッペンが5番手、アレックス・アルボンが6番手に続いた。フェラーリとのギャップはコンマ3秒に抑えたが、メルセデスとのタイム差は1.3秒以上に広がっている。

セッション開始直前には、台風19号の影響により、予選を含む土曜すべてのイベントがキャンセルされる事が発表された。日曜に延期の予選までに許された練習走行は、FP1とFP2の2回のみ。各車、限られた時間を有効活用すべく、精力的に周回を重ねた。

金曜午前の現地鈴鹿は上空一面を雲に覆われながらも、セッションは気温24.6℃、路面温度30℃、湿度66.2%のドライコンディションでスタート。公式タイヤサプライヤーのピレリは、タイヤへの負荷が大きい鈴鹿にC1からC3までの最も硬いレンジのコンパウンドを持ち込んだ。

中団グループ最速はマクラーレンのカルロス・サインツ。セッション開始直後のアウトラップの際にターン1で立ち往生し、回収ためにバーチャルセーフティカー(VSC)が導入される場面もあったが、深刻なトラブルではなかったようで、その後コースに復帰。21周を走り込んで7番手タイムを刻んだ。

マクラーレンと同じく有望なパフォーマンスを示したのはレーシングポイント。セルジオ・ペレスが8番手、ランス・ストロールが9番手と、揃ってトップ10圏内に入れ込んでみせた。

アルファロメオのアントニオ・ジョビナッツィはセッション前半に突如スローダウン。シフトチェンジをせず低速でピットへと戻り、その後コースに戻ることはなく、20番手最下位でセッションを終えた。

2019年F1第17戦日本グランプリ2回目のフリー走行は、日本時間10月11日(金)14時から1時間半の日程で開催される。

順位とタイム

Pos No Driver Team Time Gap Laps
1 77 バルテリ・ボッタス メルセデス 1:28.731 26
2 44 ルイス・ハミルトン メルセデス 1:28.807 +0.076 25
3 5 セバスチャン・ベッテル フェラーリ 1:29.720 +0.989 26
4 16 シャルル・ルクレール フェラーリ 1:29.912 +1.181 20
5 33 マックス・フェルスタッペン レッドブル・ホンダ 1:30.046 +1.315 22
6 23 アレックス・アルボン レッドブル・ホンダ 1:30.375 +1.644 24
7 55 カルロス・サインツ マクラーレン・ルノー 1:30.702 +1.971 21
8 11 セルジオ・ペレス レーシングポイント 1:30.810 +2.079 21
9 18 ランス・ストロール レーシングポイント 1:30.959 +2.228 27
10 4 ランド・ノリス マクラーレン・ルノー 1:31.001 +2.270 24
11 8 ロマン・グロージャン ハース・フェラーリ 1:31.283 +2.552 25
12 7 キミ・ライコネン アルファロメオ 1:31.307 +2.576 27
13 27 ニコ・ヒュルケンベルグ ルノー 1:31.426 +2.695 29
14 3 ダニエル・リカルド ルノー 1:31.563 +2.832 25
15 20 ケビン・マグヌッセン ハース・フェラーリ 1:31.785 +3.054 22
16 26 ダニール・クビアト トロロッソ・ホンダ 1:31.920 +3.189 23
17 38 山本尚貴 トロロッソ・ホンダ 1:32.018 +3.287 30
18 63 ジョージ・ラッセル ウィリアムズ・メルセデス 1:32.800 +4.069 23
19 88 ロバート・クビサ ウィリアムズ・メルセデス 1:33.484 +4.753 27
20 99 アントニオ・ジョビナッツィ アルファロメオ 1:36.887 +8.156 4

コンディション

天気
曇り
気温
24.6℃
路面温度
30℃

セッション概要

グランプリ名
F1日本GP
セッション種別
フリー走行1
セッション開始日時

サーキット

名称
鈴鹿サーキット
設立
1962年
全長
5807m
コーナー数
18
周回方向
時計回り

F1日本GP特集