トロロッソ・ホンダのアレックス・アルボン、2019年F1中国GPにてcopyright Getty Images / Red Bull Content Pool

トロロッソ・ホンダ、アルボンのF1中国GP予選不参加を発表…クラッシュによる修復間に合わず

  • 最終更新:

2019年第3戦F1中国GP公式予選を一時間後に控えた日本時間13日土曜14時、スクーデリア・トロロッソはアレックス・アルボンの予選不参加を発表した。

トロロッソの広報は「残念ながら、FP3でのクラッシュのダメージはモノコックにまで及んでおり、アレックスは中国グランプリの予選に参加する事ができなくなった」とコメント。クラッシュによる影響が大きく、時間内に修復作業を終える事が難しいとの判断に至ったと発表した。

F1デビュー3戦目を迎えたアルボンは、予選前の最終フリー走行の最終盤、ホームストレートへと抜ける最終16コーナーを通過したところでクラッシュ。クルマはバリアへと激突し、リアセクションを中心に大きなダメージを負った。再話にも本人に怪我はなく、無事にメディカルチェックをパスした。

日曜の決勝グリッドを争う予選は、日本時間13日土曜15時から上海インターナショナル・サーキットで行われ、アルボンを除く19台が最速を競い合う。予選に出走できない事から、アルボンは日曜の決勝レースをピットレーンからスタートする見通しだ。

原則として、予選でタイムを残さないことには決勝レースへの出場資格は与えられない。だが慣例的に、やむを得ない理由によってタイムが計測できない場合かつ、フリー走行でトップから107%以内のラップタイムを記録している場合は、FIAから出走許可が降りる。

F1中国GP特集