ジル・ビルヌーブ・サーキットを走行するセバスチャン・ベッテル、F1カナダGP土曜copyright Ferrari S.p.A.

ベッテルが17戦ぶりのポール!レッドブル・ホンダは赤旗の魔の手に / F1カナダGP《予選》結果とダイジェスト

  • 最終更新:

2019年FIA F1世界選手権 第7戦カナダGP公式予選が現地6月8日(土)にジル・ビルヌーブ・サーキットで行われ、スクーデリア・フェラーリのセバスチャン・ベッテルが1分10秒240を記録し、昨年7月のドイツGP以来となる今季初のポールポジションを獲得した。

2番手はメルセデスのルイス・ハミルトン。第1・第2セクターでベッテルを上回ったものの、跳馬が得意とするセクター3でコンマ2秒遅れた。3番手にはフェラーリのシャルル・ルクレールが続き、4番手にはルノーのダニエル・リカルドが飛び込んだ。

ホンダエンジン勢はモナコとは打って変わり、トップ10に残ったのがピエール・ガスリー唯一台という厳しい結果に終わった。ガスリーは最終ラウンドに進出して5番手を獲得したものの、僚友マックス・フェルスタッペンは予選Q2で発生した赤旗クラッシュの影響で、まさかの11番手敗退という結果に終わった。

トロロッソの二人も奮わず、ダニール・クビアトが12番手、アレックス・アルボンが14番手。ホンダ勢とは対照的に、今回はリカルドを筆頭にルノーエンジン勢が目覚ましいリザルトを残した。ルノーのニコ・ヒュルケンベルグは7番手、マクラーレンのランド・ノリスが8番手に続き、カルロス・サインツが9番手。全4台がトップ10に進出した。

しかしながらレース後審議の結果、レーススチュワードは、アルボンの走行を妨害したとしてサインツに3グリッド降格処分とペナルティポイント1点を科す裁定を下した。

予選Q1:著しい路面インプルーブ

午前のFP3に引き続き、午後の現地モントリオール上空は晴れ渡り、決勝のスタートグリッドを決する争いは気温21.6℃、路面45.3℃、湿度21.9%のドライコンディションでスタートした。

エントリーした全20台で争われる予選第一ラウンドのQ1は、地元出身のランス・ストロールが先陣を切る形でスタートした。FP3で発生したエンジントラブルを受けて、レーシングポイントはストロールのエンジンを古いスペックへと換装して予選に臨んだ。

路面は相変わらず埃っぽく、コンディション改善率が著しい状況であったため、各車1回のアタックで計測を終えることなくトラック上に留まり、最大3回程度タイム計測を行った。2セット目のアタックでは、全車自己ベストを大幅に更新。タイムシートが慌ただしく入れ替わる展開となった。

レーシングポイントとウィリアムズは2台がノックアウト。アルファロメオはアントニオ・ジョビナッツィが15番手ギリギリでQ2進出を果たした一方で、キミ・ライコネンが17番手で敗退を喫した。

ノックアウト

  • セルジオ・ペレス(Racing Point)
  • キミ・ライコネン(Alfa Romeo)
  • ランス・ストロール(Racing Point)
  • ジョージ・ラッセル(Williams)
  • ロバート・クビサ(Williams)

予選Q2:戦略分断、赤旗の魔の手

5台が脱落し残る15台のマシンが挑んだQ2では、メルセデスとフェラーリが中間コンパウンドのミディアムタイヤでコースイン。デグラデーションが大きいソフトでの決勝スタートを避けるべく、ライバルとは異なる戦略を取った。ルクレールは1回目のアタックでミスを喫し、1周のクールダウンラップを挟んで再度タイム計測した。

フェルスタッペンは最初のセットでミディアムを選択するも、トラフィックに引っかかった事もあり、トップからコンマ6秒遅れの暫定11番手と十分なタイムを刻めず、2度目のランでソフトに履き替えた。一方のガスリーは1セット目からソフトを履き、4番手タイムでQ2突破を果たした。

チェッカーフラッグ後、ハースのケビン・マグヌッセンが最終シケイン脇の”チャンピオンズ・ウォール”に弾き飛ばされ、半回転しながらピット側のコンクリート壁に激しく激突。マシンは右側を中心に大破し、ホームストレート上には大量のデブリが飛び散った。

この大きな事故によってセッションは赤旗終了となり、セクター2まで自己ベストを刻んでいたフェルスタッペンやハースのロマン・グロージャンらが計測を断念。無念の涙を飲む格好となった。オーバーテイク可能なコースとは言え、レッドブル・ホンダにとっては打撃。1発目にミディアムを履かせた采配の正当性に、疑問の声が上がる可能性もありそうだ。

マグヌッセンは10番手タイムでQ3進出を果たした形だが、セッションを続行することは出来ず、マシンの大掛かりな修復が必要な事から、日曜の決勝レースではピットレーンスタートが予想される。

ノックアウト

  • マックス・フェルスタッペン(Red Bull)
  • ダニール・クビアト(Toro Rosso)
  • アントニオ・ジョビナッツィ(Alfa Romeo)
  • アレックス・アルボン(Toro Rosso)
  • ロマン・グロージャン(Haas)

予選Q3:ベッテルの好走にスタンドが歓喜

トップ10グリッドを決する予選最終ラウンドのQ3では、クラッシュにより走行不能に陥ったマグヌッセンを除く9台がコースイン。ボッタスは1セット目のアタックの際に、ヘアピンでリアを滑らせて壁に接触かけてノータイム。その結果、1回目のラップを終えてハミルトン、ベッテル、ルクレール、ガスリーの順に並んだ。

セッション残り2分を切ろうかというタイミングで全車最後のアタックに。まずはボッタスがタイム計測を行うも、焦りが出たか、全くまとめ切れずに6番手。その後、暫定1番手のハミルトンが自己ベストを更新するも、ラストアタッカーのベッテルが猛追。最後にトップの座を掠め取り、今季初のポールポジションを獲得。スタンドからは大歓声が上がった。

シーズン7戦目のF1カナダグランプリ決勝レースは、日本時間6月9日(日)27時10分からスタート。1周4,361mのジル・ビルヌーブ・サーキットを70周する事でチャンピオンシップを争う。

順位とタイム

Pos No Driver Team Q1 Q2 Q3 Laps
1 5 セバスチャン・ベッテル フェラーリ 1:11.200 1:11.142 1:10.240 22
2 44 ルイス・ハミルトン メルセデス 1:11.518 1:11.010 1:10.446 21
3 16 シャルル・ルクレール フェラーリ 1:11.214 1:11.205 1:10.920 22
4 3 ダニエル・リカルド ルノー 1:11.837 1:11.532 1:11.071 20
5 10 ピエール・ガスリー レッドブル・ホンダ 1:12.023 1:11.196 1:11.079 17
6 77 バルテリ・ボッタス メルセデス 1:11.229 1:11.095 1:11.101 19
7 27 ニコ・ヒュルケンベルグ ルノー 1:11.720 1:11.553 1:11.324 21
8 4 ランド・ノリス マクラーレン・ルノー 1:11.780 1:11.735 1:11.863 20
9 55 カルロス・サインツ マクラーレン・ルノー 1:11.750 1:11.572 1:13.981 19
10 20 ケビン・マグヌッセン ハース・フェラーリ 1:12.107 1:11.786 15
11 33 マックス・フェルスタッペン レッドブル・ホンダ 1:11.619 1:11.800 12
12 26 ダニール・クビアト トロロッソ・ホンダ 1:11.965 1:11.921 17
13 99 アントニオ・ジョビナッツィ アルファロメオ 1:12.122 1:12.136 16
14 23 アレックス・アルボン トロロッソ・ホンダ 1:12.020 1:12.193 16
15 8 ロマン・グロージャン ハース・フェラーリ 1:12.109 15
16 11 セルジオ・ペレス レーシングポイント 1:12.197 6
17 7 キミ・ライコネン アルファロメオ 1:12.230 10
18 18 ランス・ストロール レーシングポイント 1:12.266 9
19 63 ジョージ・ラッセル ウィリアムズ・メルセデス 1:13.617 10
20 88 ロバート・クビサ ウィリアムズ・メルセデス 1:14.393 10

コンディション

天気
晴れ
気温
20℃
路面温度
45℃

セッション概要

グランプリ名
カナダGP
セッション種別
予選
セッション開始日時

サーキット

名称
ジル・ビルヌーブ・サーキット
設立
1978年
全長
4361m
コーナー数
14
周回方向
時計回り

F1カナダGP特集