デグラデーションcopyright formula1-data.com

デグラデーション

  • Updated:

デグラデーションとは、走行することで生じるタイヤの性能劣化のこと。当然新品タイヤの方が性能が高く、周回数を重ねるにつれてタイヤはどんどん劣化し性能低下していく。略して「デグラ」とも呼ばれる。

デグラデーションは、サーキット・路面温度・ドライバーの運転スタイル・マシン特性等の影響を受ける。熱の影響によるデグラデーションのことをサーマル・デグラデーションと呼ぶ。

デグラーデーションレートは”劣化の程度”を意味する。実際には、1周あたりどの程度タイム低下するか?という観点で用いられ、「このサーキットのデグラデーションレートはコンマ3秒」などのように使われる。

ピレリのデグラは酷い?

2011年シーズンのピレリタイヤはデグラデーションが大きくドライバーからも不満の声が上がっていた。これはショーをよりエキサイティングにしたいというオーガナイザー側から要請を受けての結果だとされているが、前のサプライヤーであるブリジストンを引き合いに出して「そもそもピレリには…」などという意見も聞かれた。

なお当時、ピレリのモータースポーツディレクターを務めるポール・ヘンベリーは2011年仕様のコンパウンドについて、前年スペックよりもデグラデーションを抑えて摩耗を低減させた、としていた。

デグラデーションが大きく出るサーキット

一般にタイヤへの入力が大きいサーキット、激しい横方向への負荷がかかる高速サーキットなどがこれにあたる。