2018年F1バーレーンGP決勝を走るピエール・ガスリーcopyright Getty Images / Red Bull Content Pool

F1バーレーンGP 2018《決勝》結果とダイジェスト / ホンダ F1復帰後最高の4位入賞!ピエール・ガスリー見事な走り

  • 最終更新:

2018年F1第二戦バーレーンGP決勝レースが日本時間9日(月)0時から行われ、スクーデリア・フェラーリのセバスチャン・ベッテルがポール・トゥ・ウインを果たし、開幕2連勝を挙げた。2位はメルセデスAMGのバルテリ・ボッタス、表彰台の最後には9番グリッドから怒涛の追い上げを見せたルイス・ハミルトンという結果となった。

ウェットレース確率0%のバーレーン・インターナショナル・サーキット。現地サヒールはこの日も晴れ渡り、気温28℃、路面温度33℃のドライコンディションに恵まれた。

ホンダ、トロ・ロッソ共にF1復帰後最高位

ポディウムの3人に続いたのはトロロッソ・ホンダ。5番グリッドのピエール・ガスリーが見事な走りを見せ4位入賞を果たした。ホンダとしてはエンジンサプライヤーとして2015年にF1に復帰して以降の最高位。マクラーレンと袂を分った日本のエンジンメーカーは、ついに胸を張れる結果を残した。

2018年F1バーレーンGP決勝のオープニングラップ
© Getty Images / Red Bull Content Pool

ブラックアウトと共に上手くマシンを蹴り出したガスリー、前を行くダニエル・リカルド(Red Bull)をオーバーテイクし最高のスタートを切った。メルセデスとフェラーリを除き、トロロッソ・ホンダのレースペースを脅かすマシンは一台としてなく、終始直近のライバル達を退けた。

惜しむらくはブレンドン・ハートレー。序盤にフォース・インディアのセルジオ・ペレスと接触し、10秒ペナルティを科されたのが大きく響いた。レースを通して追い上げを図ったが中団グループの争いは激しく、13番手でチャッカーフラッグ。追い打ちをかけるように、フォーメーションラップでの審議の一件がレース後に違反と判断され、17位の最下位降格となった。

お粗末なフェラーリ、我慢の勝負制したベッテル

メルセデスが完璧なレース運びを見せた一方、この日のフェラーリは精彩を欠いた。

フロントローのキミ・ライコネンは36周目、2度目のタイヤ交換のためピットイン。左リアタイヤの交換が終わらぬままにピットアウトし、メカニックをはねるアクシデントが発生した。負傷したクルーは複数箇所を骨折、即座にメディカルセンターへと搬送された。手術は無事成功している。

ガレージ内が混乱に陥る失態を演じたフェラーリ陣営だが、ポールシッターのベッテルは見事なタイヤマネジメントを披露した。タイヤの性能低下が著しいバーレーン・インターナショナル・サーキット、2ストップ以上必至の難しい状況の中、第二スティントでソフトタイヤの寿命を大幅に超過する39周を走破。見事1ストップで全57周を走りきってみせた。

痛恨のダブルリタイヤ喫したレッドブル勢

冴え渡るロングランペースを武器に、表彰台の可能性高かったレッドブル勢であったが、レース開始早々に2台ともが消える忘れ去りたいレースとなった。

注目のオープニングラップ。15番グリッドからの追い上げを狙うマックス・フェルスタッペンはハミルトンと接触、左リアタイヤをパンクさせた。同じ瞬間、僚友ダニエル・リカルドのマシンが突如シャットダウン。コース脇にマシンを停めた。電気系統のトラブルが疑われている。

タイヤ同士が接触したルイス・ハミルトンとマックス・フェルスタッペン、2018年F1バーレーンGP決勝にて
© Getty Images / Red Bull Content Pool、タイヤ同士が接触しパンクに見舞われた

2台のレッドブルがアクシデントに見舞われた事で、コース上にはバーチャル・セーフティーカーがコールされた。片足を引きずりながらも、何とかしてピットに戻ろうとしたフェルスタッペンだが、辿り着くこと叶わず5周目にリタイヤとなった。

順位とタイム

Pos No Driver Team Laps Time Pts
1 5 セバスチャン・ベッテル フェラーリ 57 1:32:01.940 25
2 77 バルテリ・ボッタス メルセデス 57 +0.699 18
3 44 ルイス・ハミルトン メルセデス 57 +6.512 15
4 10 ピエール・ガスリー トロロッソ・ホンダ 57 +62.234 12
5 20 ケビン・マグヌッセン ハース・フェラーリ 57 +75.046 10
6 27 ニコ・ヒュルケンベルグ ルノー 57 +99.024 8
7 14 フェルナンド・アロンソ マクラーレン・ルノー 56 +1 lap 6
8 2 ストフェル・バンドーン マクラーレン・ルノー 56 +1 lap 4
9 9 マーカス・エリクソン ザウバー・フェラーリ 56 +1 lap 2
10 31 エステバン・オコン フォースインディア・メルセデス 56 +1 lap 1
11 55 カルロス・サインツ ルノー 56 +1 lap 0
12 16 シャルル・ルクレール ザウバー・フェラーリ 56 +1 lap 0
13 8 ロマン・グロージャン ハース・フェラーリ 56 +1 lap 0
14 18 ランス・ストロール ウィリアムズ・メルセデス 56 +1 lap 0
15 35 セルゲイ・シロトキン ウィリアムズ・メルセデス 56 +1 lap 0
16 11 セルジオ・ペレス フォースインディア・メルセデス 56 +1 lap 0
17 28 ブレンドン・ハートレー トロロッソ・ホンダ 56 +1 lap 0
NC 7 キミ・ライコネン フェラーリ 35 DNF 0
NC 33 マックス・フェルスタッペン レッドブル・タグホイヤー 3 DNF 0
NC 3 ダニエル・リカルド レッドブル・タグホイヤー 1 DNF 0

コンディション

天気
晴れ
気温
28℃
路面温度
33℃
路面温度
57

レース概要

グランプリ名
バーレーンGP
レース種別
決勝
レース開始日時
サーキット名
バーレーン・インターナショナル・サーキット
サーキット設立
2004年
コース全長
5412m
コーナー数
15
周回数
57周
周回方向
時計回り

F1バーレーンGP特集