ザントフォールト・サーキット空撮写真、ターン7側からcopyright DTM

ザントフォールト・サーキット

  • 最終更新:

サーキットデータ

名前
ザントフォールト・サーキット
所在国
オランダ
住所
Burgemeester van Alphenstraat 108, 2041 KP Zandvoort, オランダ
設立年
1948年
デザイン
ジョン・フーゲンホルツ
コース全長
4,307m | 14コーナー

ザントフォールト・サーキット(Circuit Zandvoort)は、オランダ王国北ホラントに位置するサーキット。2017年まではサーキット・パーク・ザントフォールトと呼ばれていた。2020年にオランダGPの舞台としてF1に復帰する事が決定している。

ザントフォールトは北海の海岸線に面する有数のビーチリゾート地として知られ、19世紀から観光産業が盛んな都市。1939年に開催された市街地での自動車レースが成功裏に終わった事をきっかけに、常設のパーマネントサーキットが建設される事となった。

ザントフォールト・サーキット空撮写真、ホームストレートからターン1に向かって
© DTM / ホームストレートからターン1に向かって

ところが時代は第二次世界大戦。当時のオランダはドイツ軍の占領下にあり計画は棚上げに。サーキットは終戦後にドイツ軍が使用していた通信路を利用して建設され、1948年7月に最初のレースが開催された。

1952年にF1オランダGPが初開催され、以降断続的に1985年まで世界選手権の舞台となってきたが、騒音等の問題からこの年を最後にカレンダーから消滅。地元出身のマックス・フェルスタッペンの活躍の後押しを受けて、2020年より、35年ぶりにF1オランダGPが復活する事が発表された

1985年のF1オランダGPでウィリアムズ・ホンダFW10を駆り6位入賞を果たしたナイジェル・マンセル
© LAT Photographic/Williams F1 、1985年のF1オランダGPでウィリアムズ・ホンダFW10を駆り6位入賞を果たしたナイジェル・マンセル

フェルスタッペンが史上最年少でF1デビューを果たした2015年以降、オランダでのF1熱は急速に高まり、オランダに程近いオーストリアGPには、オレンジ色のユニフォームに身を包んだフェルスタッペン応援団が大挙。オランダでのグランプリ復活は、市場拡大を目指すリバティ・メディアにとって極めて重要なビジネスターゲットの一つとなっていた。

コースレイアウト

サーキットの設計には、日本の鈴鹿サーキットやベルギーのゾルダー・サーキットのデザインで知られるジョン・フーゲンホルツと、1927年のル・マン24時間レースの優勝者である英国出身のサミー・デイビスが関わった。

騒音と安全性向上のために、1970年代に大規模なコース改修が行われた後、90年代にもレイアウトが変更された。2020年以降のF1オランダGPで使用されるのは、全14コーナーからなる1周4.307kmのレイアウト。F1開催要件であるFIAのグレード1規格を満たすため、現地市議会等の協力を得てトラックと施設が改修される。

ザントフォールト・サーキットのコースレイアウト図

ホームストレートは678m、2本のバックストレートはそれぞれ517mと257m。比較的短い3本の直線区間を持つ。最も有名なターン1は「ターザンコーナー」と呼ばれ親しまれており、これまでに数々のドラマを演出してきた。

砂丘に建設されたサーキット故に、コースサイドにはアスファルトのランオフエリアが存在せず、全て無慈悲な砂利で囲まれている。僅かなミスが致命的な代償に繋がるという意味では、モンテカルロ市街地コースに似ている。

フォーミュラ3ユーロ・シリーズやフォーミュラ・ルノーの舞台であったため、ルイス・ハミルトンやバルテリ・ボッタス、マックス・フェルスタッペンらは、ザントフォールト・サーキットでの優勝経験を有している。

サーキット写真

ザントフォールト・サーキットのホームストレート、2014年DTM
© DTM、ザントフォールト・サーキットのホームストレート、2014年DTM

ザントフォールト・サーキットのターン1を駆け抜けるドイツツーリングカー選手権のマシン、2013年
© DTM、ターン1を駆け抜けるドイツツーリングカー選手権のマシン、2013年

ターン1からホームストレート側に向かって撮影されたザントフォールト・サーキットの航空写真
© DTM、ターン1からホームストレート側に向かって撮影されたザントフォールト・サーキットの航空写真

ザントフォールト・サーキットでF1マシンのデモランを行うデイビッド・クルサードとマックス・フェルスタッペン、2018年5月20日
F1マシンのデモランを行うデイビッド・クルサードとマックス・フェルスタッペン、2018年5月20日

2002年にザントフォールト・サーキットでデモ走行を披露するフェラーリF2001、ドライブはミハエル・シューマッハ
© Ferrari S.p.A. / ターザンコーナー、フェラーリF2001をドライブするミハエル・シューマッハ、2002年