ザントフォールト・サーキット空撮写真、ターン7側から
Courtesy Of DTM

ザントフォールト・サーキット

  • Updated:
サーキットデータ
サーキット名ザントフォールト・サーキット
所在国オランダ
住所Burgemeester van Alphenstraat 108, 2041 KP Zandvoort, Netherlands
設立年1948年
設計ジョン・フーゲンホルツ
全長 / コーナー数4,307m / 14
周回数72
ピット長 / 損失時間210m / 12.6秒
ターン1までの距離*1215m
最高速度310km/h
エンジン負荷と全開率*2 61%
タイヤ負荷レベル
ダウンフォースレベル
変速回数34回/周
WEBサイト www.circuitzandvoort.nl
SNS instagram

*1 ポールポジションから最初の制動地点までの距離
*2 全開率は距離ではなくタイムベースで算出

ザントフォールト・サーキット(Circuit Zandvoort)は、オランダ王国北ホラントの北海の海岸線に面する有数のビーチリゾート地に位置する常設サーキット。F1オランダGPの舞台であり、2017年まではサーキット・パーク・ザントフォールトと呼ばれていた。

オランダGPが2020年のF1カレンダーに復帰(最終的に1年延期)するに際して大掛かりな改修工事が行われたが、それでもなお、コース幅が狭くグラベルが周りを囲むという点で古き良き雰囲気が残る。

ザントフォールト・サーキット空撮写真、ホームストレートからターン1に向かってCourtesy Of DTM

ザントフォールト・サーキット空撮写真、ホームストレートからターン1に向かって

コースレイアウト

サーキットの設計には、日本の鈴鹿サーキットやベルギーのゾルダー・サーキットのデザインで知られるジョン・フーゲンホルツと、1927年のル・マン24時間レースの優勝者である英国出身のサミー・デイビスが関わった。ターン3はフーゲンホルツ・コーナーと呼ばれている。

F1オランダGPの舞台、ザントフォールト・サーキットのコースレイアウト図copyright Formula1 Data

F1オランダGPの舞台、ザントフォールト・サーキットのコースレイアウト図

F1オランダGPで使用されるのは、全14コーナーからなる1周4.307kmのレイアウト。ホームストレートは678m、2本のバックストレートはそれぞれ517mと257mで、比較的短い3本の直線区間を持つ。なおスピードトラップはターン1の95m手前の地点で計測される。

最も有名なターン1は「ターザンコーナー」と呼ばれ親しまれており、これまでに数々のドラマを演出してきた。

砂丘に建設されたサーキット故に、コースサイドにはアスファルトのランオフエリアが存在せず、全て無慈悲な砂利で囲まれている。僅かなミスが致命的な代償に繋がるという意味では、モンテカルロ市街地コースに似ている。

DSRゾーン

36年ぶりのF1復帰となる2021年大会では、ターン10~11及びメインストレートの2箇所にDRS区間が設定された。

第1DRS区間(ターン10~11)での使用の可否を決定する検知ポイントは、トリッキーな2つのヘアピン間の中間となるターン10の入口に、第2DRS区間(メインストレート)の検知ポイントはターン13の15m手前に設置された。

1ラップ解説

様々な速度域のコーナーが混在しているため、マシンの総合的な性能が試される。

最も印象的なセクションは、超高速で急なバンク角が設けられているターン13及び14だろう。インディ500の舞台、インディアナポリス・モーター・スピードウェイ(IMS)の約2倍となる18度ものバンクはドライバーに様々な走行ラインを与える一方、タイヤにとっては大きな負荷となり得る。

ザントフォールト・サーキットのトラックウォークに繰り出すアルファタウリ・ホンダの角田裕毅とピエール・ガスリー、2021年9月2日F1オランダGPCourtesy Of Red Bull Content Pool

ザントフォールト・サーキットのトラックウォークに繰り出すアルファタウリ・ホンダの角田裕毅とピエール・ガスリー、2021年9月2日F1オランダGP

更にこの区間は数少ないオーバーテイクのチャンスと見られるメインストレートへのアプローチとなるため極めて重要だ。シミュレーションによると現行F1マシンの場合、ターン13を5速295km/h、ターン14を7速260km/hで走り抜ける事が予想される。

180度コーナーのターン1はハンガロリンクの第1コーナーに似た形状をしている一方でバンクが設けられているため、追い抜きを仕掛けたり、様々な走行ラインを試す余地がありそうだ。

同じくバンクが設けられたターン3もチャレンジングだ。ここで上手くトラクションをかける事が、その後に続く高速の連続コーナーでのタイムに大きな影響を与える事になる。

また、第1DRSゾーンの先に位置するタイトでツイスティなターン11及び、ラップの中で最も速度域が遅い(100km/h)と見られるターン12もまた、限られたオーバーテイクチャンスとなる可能性があり、更にはここを上手く駆け抜ける事ができれば最終のバンクコーナーを力強く脱出できるという点でターン1でのオーバーテイクの可能性を引き上げる事できる。

36年ぶりのF1オランダGP復活

地元出身のマックス・フェルスタッペンの活躍の後押しを受け、2020年より、35年ぶりにF1オランダGPが復活する事が発表された。ただし新型コロナウイルス感染症(COVID-19)パンデミックの影響で復帰は1年延期となった。

フェルスタッペンが史上最年少でF1デビューを果たした2015年以降、同国に程近いオーストリアGPやベルギーGPに、オレンジ色のユニフォームに身を包んだフェルスタッペン応援団が大挙して押し寄せるなど、オランダ国内におけるF1熱は急速に高まっていった。

フェルスタッペンが次世代のF1ワールドチャンピオン筆頭候補としての名声を高めていった結果、オランダでのグランプリ復活は市場拡大を目指すリバティ・メディアにとって極めて重要なビジネスターゲットの一つとなっていた。

2021年の復帰戦では誰もが初めてF1マシンでのレースを経験する事になるが、フォーミュラ3ユーロ・シリーズやフォーミュラ・ルノーの舞台であったため、ルイス・ハミルトンやバルテリ・ボッタス、マックス・フェルスタッペンらは、ザントフォールトでの優勝経験を有している。

復帰に向けた改修工事

2020年のF1オランダGP開催決定に伴いサーキットは、F1開催要件であるFIAグレード1規格を満たすため、現地市議会等の協力を得て1500万ユーロの予算を確保。トラックと周辺施設を改修した。

設計を手掛けたのはDromo社で、ターン3とターン14には18度ものバンクが設けられた。

F1オランダGP復帰に向けてコース改修を行うザントフォールト・サーキット、2020年4月1日Courtesy Of Circuit Zandvoort

F1オランダGP復帰に向けてコース改修を行うザントフォールト・サーキット、2020年4月1日

なお騒音と安全性向上のために、1970年代に大規模なコース改修が行われた後、90年代にもレイアウトが変更されている。

歴史

ザントフォールトは19世紀から観光産業が盛んだった。1939年6月3日にオランダ国内で史上初めてされた自動車レース(市街地での開催だった)が成功裏に終わった事をきっかけに、当時の市長が常設のパーマネントサーキット建設を決断。街の北にある砂丘がその場所として選ばれた。

ところが時代は第二次世界大戦。当時のオランダはドイツ軍の占領下にあり計画は棚上げに。サーキットは終戦後にドイツ軍が使用していた通信路を利用して建設され、1948年8月7日に最初のレースが開催された。

1952年にF1オランダGPが初開催され、以降断続的に1985年まで世界選手権の舞台となってきたが、騒音等の問題からこの年を最後にカレンダーから消滅した。

1985年のF1オランダGPでウィリアムズ・ホンダFW10を駆り6位入賞を果たしたナイジェル・マンセル
© LAT Photographic/Williams F1 、1985年のF1オランダGPでウィリアムズ・ホンダFW10を駆り6位入賞を果たしたナイジェル・マンセル

サーキット写真

ザントフォールト・サーキットのホームストレート、2014年DTM
© DTM、ザントフォールト・サーキットのホームストレート、2014年DTM

ザントフォールト・サーキットのターン1を駆け抜けるドイツツーリングカー選手権のマシン、2013年
© DTM、ターン1を駆け抜けるドイツツーリングカー選手権のマシン、2013年

ターン1からホームストレート側に向かって撮影されたザントフォールト・サーキットの航空写真
© DTM、ターン1からホームストレート側に向かって撮影されたザントフォールト・サーキットの航空写真

ザントフォールト・サーキットでF1マシンのデモランを行うデイビッド・クルサードとマックス・フェルスタッペン、2018年5月20日
F1マシンのデモランを行うデイビッド・クルサードとマックス・フェルスタッペン、2018年5月20日

2002年にザントフォールト・サーキットでデモ走行を披露するフェラーリF2001、ドライブはミハエル・シューマッハ
© Ferrari S.p.A. / ターザンコーナー、フェラーリF2001をドライブするミハエル・シューマッハ、2002年