テレビ放送

F1イギリスGP テレビ観戦ガイド:放送日程と天気…フジNEXTとDAZNライブ配信スケジュール

  • 最終更新:

2019年シーズンF1第10戦イギリスGPは、7月12日(金)から14日(日)までの3日間の日程で開催される。舞台となるのは、69年に及ぶF1世界選手権の幕開けの舞台となったモータースポーツの聖地シルバーストーン・サーキット

幾多ものレイアウト変更を経ながらも、カレンダー屈指の高速サーキットとしての特性を維持。マゴッツ、ベケッツ、チャペルと続く著名高速コーナー有する。F1チームの大部分は英国を拠点としており、その内2チームはシルバーストーンから10分ほどの距離にファクトリーを構えている。

シルバーストーン・サーキットのコースレイアウト図-2018年版

昨年地元業者に依頼して路面が再舗装されたものの、水はけの悪さが原因でMotoGPのレースが全クラス中止となり、今年新たにイタリアの業者へ再々舗装を発注。従来の6倍の硬度を持つ新しいサーフェスに生まれ変わった。ピレリはC1からC3までの最も硬いレンジのコンパウンドを持ち込んでいるが、再舗装の影響がどのように現れるかは全くの未知数。仰天の結末となるかもしれない。

ドライコンディションの中で行われた昨年のレースでは、フェラーリ勢が速さを見せつけ、セバスチャン・ベッテルがイギリスGP自身2度目となる勝利を挙げた。

F1イギリスGPの舞台シルバーストーン・サーキットのホームストレート
© Getty Images / Red Bull Content Pool

イギリスと日本との時差は8時間。いずれのセッションも日本時間夕刻以降の開催となるため、比較的リアルタイムで観戦しやすい。F1イギリスグランプリはフリー走行3回、予選、そして決勝の全5セッションで構成される。地上波やBSでの無料生放送は行われない。視聴に際しては、有料放送か有料ネット配信サービスを利用する必要がある。

F1を見るための3つの方法

週末の現地天気

開幕前日までは小雨やにわか雨が続く予報だが、初日金曜日以降は雲に覆われながらも陽が指す見通し。とは言え、気まぐれなイングリッシュ・ウェザーが雨をもたらす可能性は十分にある。週末は概ね気温21℃程度まで上昇する見込みで、メルセデスがオーバーヒートに苦しむ事はなさそうだ。

開催スケジュールと放送日程

フジテレビ及びDAZNともに、フリー走行、予選、決勝の全セッションがノーカット生中継される。フジテレビNextスカパーはスタジオから浜島裕英、森脇基恭、現地からは川井一仁、津川哲夫、米家峰起の各氏が解説を担当。実況は西岡孝洋が務める。放送開始時刻は、フリー走行と予選はセッション開始10分前、決勝は40分前にスタートする。

スポーツチャンネルDAZNでは、国際映像以外にもライブタイミングやオンボードカメラ映像を一つの画面で楽しめる「F1ゾーン」を配信している。下記はすべて日本時間。

セッション
開始時間
CS放送
フジテレビ
ネット配信
DAZN
FP1
7月12日(金)
18:00-20:30 17:50-
実況:西岡孝洋
解説:浜島/今宮/米家
18:00-
FP2
7月12日(金)
22:00-23:30 21:50-
実況:西岡孝洋
解説:浜島/今宮/津川
22:00-
FP3
7月13日(土)
19:00-20:00 18:50-
実況:西岡孝洋
解説:川井/森脇/浜島
19:00-
予選
7月13日(土)
22:00- 21:50-
実況:西岡孝洋
解説:川井/森脇/浜島
22:00-
決勝
7月14日(日)
22:10- 21:30-
実況:西岡孝洋
解説:川井/森脇/浜島
22:10-

 

F1イギリスGP特集