ニュルブルクリンクを走るトヨタGRスープラcopyright TOYOTA MOTOR CORPORATION

トヨタ、GRスープラ参戦の2019年ニュル24時間をノンストップで無料ライブ配信

  • 最終更新:

TOYOTA GAZOO Racingは、2019年6月20日(木)から23日(日)にかけて開催されるニュルブルクリンク24時間耐久レースに、LEXUS LCとGRスープラの2台で参戦。その模様をYouTube Liveで無料生配信する。

ニュルブルクリンク24時間レースは1周約25km、高低差300m、170を超えるコーナーを持つ屈指の難コースを24時間走り続ける過酷なレース。トヨタは2007年から継続参戦することで、この過酷な環境下で鍛えられた経験を車両開発に活かしてきた。

昨年は「LEXUS LC」1台参戦で完走を果たしたものの、4時間を超えるピット作業を余儀なくされるなど悔しい結果に。今季は「GRスープラ」との2台体制で参戦し、24時間走り続けての完走を目標にレースに挑む。

決勝レースは、全国のケーブルテレビ、衛星放送で視聴できるスポーツテレビ局「J SPORTS」で放送されるほか、TOYOTA GAZOO Racing公式サイト内で、J SPORTS番組の映像を含むYouTube Liveで行う。

ニュルブルクリンクを走行するレクサスLC
ニュルブルクリンクを走行するレクサスLC

J SPORTS

「Part1 START」は、22日(土)22時から23日(日)5時まで、「Part2 FINISH」は、23日(日)17時から24時まで、それぞれJ SPORTS 3で中継される。

  • 実況)木幡ケンヂ、サッシャ
  • 解説)田中哲也、吉田寿博、桂伸一
  • 現地実況)中島秀之、實方一世
  • 現地解説)脇阪寿一
  • ピットレポート)井澤 エイミー

J SPORTSは有料のCS放送で、スカパー!やケーブルテレビなどで視聴できる。SUPER GTや世界耐久選手権(WEC)、WRC世界ラリー選手権、スーパーフォーミュラ、フォーミュラE、ダカール・ラリー等、幅広いモータスポーツ番組を配信している。

スカパー!で詳細をみる

YouTube Live配信

YouTube Live配信では、J SPORTS番組の同時配信に加えて、公式映像や脇阪寿一氏による現地レポート等を配信予定。日本時間22日(土)22時から翌23日(日)24時までノンストップ生配信される。

2019年ニュル24時間 トヨタ参戦体制

No. クラス 車名 ドライバー チーフ
メカニック
エンジニアリーダー
56 SP-PRO LEXUS LC 土屋 武士
蒲生 尚弥
松井 孝允
中山 雄一
関谷 利之 加藤 大示
90 SP8T GRスープラ 佐々木 雅弘
ウヴェ・クリーン
ヘルフィ・ダーネンス
矢吹 久
田中 英幸 フレディ・ノワック

LEXUS LC/SP-PROクラス:左から土屋 武士、蒲生 尚弥、松井 孝允、中山 雄一
LEXUS LC/SP-PROクラス:左から土屋 武士、蒲生 尚弥、松井 孝允、中山 雄一

GRスープラ/SP8Tクラス:左から佐々木 雅弘、ウヴェ・クリーン、ヘルフィ・ダーネンス、矢吹 久
GRスープラ/SP8Tクラス:左から佐々木 雅弘、ウヴェ・クリーン、ヘルフィ・ダーネンス、矢吹 久

関谷 利之 LEXUS LC チーフメカニック

昨年、LC初年度参戦でニュルの厳しさを改めて教えられましたし、非常に悔しい結果でした。そして今年、昨年の課題を克服する為、大幅な改良を加えて19LCを製作。国内で3,000km、ニュルで3,000kmとテストを重ねてきました。

走る度に課題を突きつけてくるニュルにドライバー、エンジニア、メカニック三位一体となり改良を重ねてきました。クルマも人も大きく成長してきた事を実感しています。

本戦まであと僅かの時間ですが、スターティンググリッドに着くまでクルマ、人を更に鍛え、ゴールを目指します。何があろうとも最後まで絶対にあきらめずにチャレンジします。皆様、応援よろしくお願いいたします。

田中 英幸 GRスープラ チーフメカニック

GRスープラはニュル24時間レースに向けて、これまで車両製作を進めてきました。そして、VLN2、VLN3、QFレースに参戦し、様々な課題を抽出できました。そこで感じたのは、4時間や6時間のレースでもニュルを完走するのは簡単ではないということです。

ましてや24時間レースは何が起こるか分かりませんが、チーム全員で一丸となり最後まで走り切ります。熱い応援をよろしくお願いいたします。