東京オートサロン2019で発表されたGR Supra SUPER GT CONCEPT

トヨタ新型スープラ、2020年より国内最高峰SUPER GTに参戦

  • 最終更新:

TOYOTA GAZOO Racingは1月11日、レクサスLCに代えて2020年のSUPER GT GT500クラスに新型スープラを参戦させる事を明らかにした。スープラは、トヨタ自動車が1978年から2002年まで製造・販売していたフラグシップスポーツカー。昨年3月に「GR Supra Racing Concept」が公開されるなど、新型スープラをベースにしたレースカーの開発が進められていた。

千葉県幕張メッセで開催がスタートした東京オートサロン2019の初日。トヨタは、A90型スープラの市販車をベースにしたスーパーGT仕様のコンセプトモデルを公開した。市販車は、14日から始まるデトロイトモーターショーで世界初披露が予定されている。

東京オートサロン2019のトヨタブース

スープラは、初代A70型がグループAや全日本ツーリングカー選手権、2代目の80系がSUPER GTの前身である全日本GT選手権(JGTC)やル・マン24時間レースなどで活躍。12年間に渡って参戦したJGTCでは4度のシリーズチャンピオンを獲得するなど、トヨタを代表するレースカーとして記憶されている。

トヨタ GR Supra SUPER GT CONCEPT

なお東京オートサロンの会場ではトヨタだけでなく、グッドイヤーが2019年シーズンよりNASCARエクスフィニティ・シリーズに参戦する新型スープラを展示している。