レッドブル・リンクの最終コーナー付近copyright Pirelli & C. S.p.A.

ペレス最速発進! ホンダ勢は3台がトップ10と好スタート / F1シュタイアーマルクGP《FP1》結果とダイジェスト

  • Published: Updated:

オーストリアでの開幕戦から僅か5日後、シーズン2戦目となる2020年F1世界選手権シュタイアーマルクGPが7月10日にレッドブル・リンクで開幕を迎え、日本時間18時から金曜1回目のフリー走行が行われた。

グランプリ1発目のセッションを制したのは、ソフトタイヤで計測したレーシングポイントのセルジオ・ペレス。1週間前に同じレッドブル・リンクで開催された開幕戦のFP1でルイス・ハミルトンが刻んだファステスト、1分4秒861に対して1000分の6秒と迫るトップタイムをマークした。

2番手はトップから1000分の96秒遅れでマックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)、3番手には同0.222秒差で前戦ウィナーのバルテリ・ボッタス(メルセデスAMG)が続いた。フェルスタッペンはソフトで計測したが、ボッタスは一段硬めのミディアムを履いていた。

ホンダエンジン勢は、フェルスタッペン含む全3台がトップ10をマーク。幸先良い週末のスタートを切った。レッドブルのアレックス・アルボンはチームメイトから0.52秒落ちの6番手、アルファタウリ勢はピエール・ガスリーが8番手と印象的なタイムを残し、ダニール・クビアトも11番手につけた。3名はいずれもミディアムでの計測だった。

ヘリコプターとレッドブル・ホンダRB16、2020年シュタイアーマルクGPフリー走行1にて
© Getty Images / Red Bull Content Pool

2台がトラブルでノータイム

土曜に雷を伴う荒れた予想が出る中、金曜午前の現地シュピールベルクは晴天に恵まれ、セッションは気温26℃、路面温度42℃のドライコンディションでスタートした。同一開催地でのダブルヘッダーはF1史上初。公式タイヤサプライヤーのピレリは先週末同様に、中間レンジのC2からC4までの3種類のコンパウンドを持ち込んだ。

30分が経過したところで、ウィリアムズのニコラス・ラティフィがコース脇にマシンを止めた。車両撤去のためにバーチャル・セーフティカー(VSC)が導入されたが、その後レッドフラッグへと切り替えられた。ラティフィはエンジン関連のトラブルを仄めかしたが、リプレイを見る限りはギアボックスという可能性もありそうだ。

ケビン・マグヌッセンはマシンの信頼性不足によって走行僅か3周に終わった。チームはバッテリー関連の問題が疑われると発表した。ハースVF-20は先週末の第1レースで2台揃ってブレーキのオーバーヒートでリタイヤを強いられている。今週末は更に暖かくなる事が予想されており、悩みは尽きない。ロマン・グロージャンは16番手でセッションを終えた。

3強チーム、アップグレードを投入

フェラーリ勢は、第3戦ハンガリーGPでの導入を予定していたアップグレードパッケージの一部を持ち込んだ。ディフューザー周りに変更が加えられたフロアと、エンドプレートとフラップ上部が変更された新型フロントウイングだ。

新型ウイングを走らせたセバスチャン・ベッテルは、最速ペレスからコンマ9秒遅れの10番手に並んだ。先週末のスペックを継続使用したシャルル・ルクレールは12番手という結果でクルマを降りた。ルクレールはアップグレードが機能したとしても、2戦連続表彰台は厳しいとの見方を示している。

メルセデスは先週末のレースで苦しめられたギアボックス周りの症状を”軽減”すべく、英国から新しいコンポーネントを取り寄せた。ボッタスは同じような問題の発生を防ぐために、今週末は違う走り方をする必要があるかもしれないとしている。

レッドブル・ホンダは、アルファロメオやルノーと並び、巨大なエアロバイクをクルマに取り付け走行を開始した。ミルトンキーンズのチームは翼端板にアップデートを加えた新しいリアウイングを持ち込んでいる。アレックス・アルボンは「ミッドコーナーでアンダーステアが酷すぎる」と無線を飛ばし、マシンバランスの不満を訴えた。

ベテランと新顔がステアリング握る

このセッションでは、2名がレギュラードライバーに代わってステアリングを握った。

アルファロメオのロバート・クビサは、今週末に向けてマシンに施した調整がうまく機能しているかどうかを確認するために、アントニオ・ジョビナッツィに代わりFP1を走行。15番手につけた僚友キミ・ライコネンのコンマ3秒遅れとなる18番手でクルマを降りた。

ウィリアムズはジョージ・ラッセルに代わり、今季よりリザーブドライバーに就任したF2レーサーの若手、ジャック・エイトケンを走らせた。F1公式セッションデビューとなったエイトケンは堅実に35周を走り込んで、19番手にラティフィを従え17番手タイムを刻んだ。

2020年F1第2戦シュタイアーマルクグランプリ2回目のフリー走行は、日本時間7月10日(金)22時から1時間半の日程で開催される。

順位とタイム

Pos No Driver Team Time Gap Laps
1 11 セルジオ・ペレス レーシングポイント 1:04.867 32
2 33 マックス・フェルスタッペン レッドブル・ホンダ 1:04.963 +0.096 31
3 77 バルテリ・ボッタス メルセデス 1:05.089 +0.222 31
4 44 ルイス・ハミルトン メルセデス 1:05.120 +0.253 29
5 18 ランス・ストロール レーシングポイント 1:05.396 +0.529 36
6 23 アレックス・アルボン レッドブル・ホンダ 1:05.483 +0.616 28
7 55 カルロス・サインツ マクラーレン・ルノー 1:05.602 +0.735 40
8 10 ピエール・ガスリー アルファタウリ・ホンダ 1:05.698 +0.831 27
9 3 ダニエル・リカルド ルノー 1:05.769 +0.902 31
10 5 セバスチャン・ベッテル フェラーリ 1:05.770 +0.903 25
11 26 ダニール・クビアト アルファタウリ・ホンダ 1:05.815 +0.948 28
12 16 シャルル・ルクレール フェラーリ 1:05.837 +0.970 28
13 31 エステバン・オコン ルノー 1:05.874 +1.007 35
14 4 ランド・ノリス マクラーレン・ルノー 1:05.908 +1.041 25
15 7 キミ・ライコネン アルファロメオ 1:06.441 +1.574 23
16 8 ロマン・グロージャン ハース・フェラーリ 1:06.446 +1.579 31
17 40 ジャック・エイトケン ウィリアムズ・メルセデス 1:06.768 +1.901 35
18 88 ロバート・クビサ アルファロメオ 1:06.797 +1.930 31
19 6 ニコラス・ラティフィ ウィリアムズ・メルセデス 1:09.598 +4.731 6
20 20 ケビン・マグヌッセン ハース・フェラーリ 3

コンディション

天気
晴れ
気温
26℃
路面温度
42℃

セッション概要

グランプリ名
F1シュタイアーマルクGP
セッション種別
フリー走行1
セッション開始日時

サーキット

名称
レッドブル・リンク
設立
1969年
全長
4326m
コーナー数
10
周回方向
時計回り

F1シュタイアーマルクGP特集