2019年のF1タイヤを紹介するピレリのマリオ・イゾラcopyright Pirelli & C. S.p.A.

F1シンガポールGP タイヤ配分:3強チームが異なるアロケーション

  • 最終更新:

F1公式タイヤサプライヤーのピレリが、マリーナベイ市街地コースで開催されるF1第15戦シンガポールGPのドライバー別タイヤ選択を公表した。2019年のシンガポールGPは、日本時間9月20日(金)17時30分からのフリー走行1で幕を開ける。

エンジンパワーがラップタイムに与える影響が少なく、車体性能がラップタイムに直結するシンガポール。ピレリが持ち込んだのは、最も柔らかいレンジのC3~C5コンパウンド。最も硬いC3から順に「ハード(白)」「ミディアム(黄)」「ソフト(赤)」の呼称が与えられる。

2019年F1シンガポールGPドライバー別タイヤ配分表

レッドブル・ホンダとメルセデス、そしてフェラーリの3強チームが、各々異なるアロケーションとなった。マックス・フェルスタッペンとアレックス・アルボンは各10セットを、シャルル・ルクレールとセバスチャン・ベッテルは各9セットを、そしてルイス・ハミルトンとバルテリ・ボッタスは各8セットをそれぞれソフトに割り当てた。

レーシングポイントもレッドブル・ホンダ同様にソフトを10セットとし、アグレッシブな姿勢を示したが、その一方でウィリアムズは7セットのみ。顕著な違いを見せた。

昨年のレースでは、ルイス・ハミルトン(Mercedes)が中古のハイパーソフト(最柔)で15周を走り、その後、最も硬いコンパウンドへとスイッチ。1ストッパーを採用して61周のレースでトップチェッカーを受けた。入賞10台の中で2ストップ戦略を採用したマシンはいなかった。

F1シンガポールGP特集