左からフェルナンド・アロンソ、マリオ・アンドレッティ、ニコ・ロズベルグcopyright FIA

豪華絢爛…アンドレッティとアロンソ、インディアナポリスでのLegends Trophy 第4戦に電撃参戦

  • Published: Updated:

インディアナポリス・モーター・スピードウェイ(IMS)で開催されるシムレースイベント「レジェンド・トロフィー(Legends Trophy)」の第4戦に、インディ500ウィナーであり1978年のF1ワールドチャンピオンでもあるマリオ・アンドレッティを始めとして、豪華過ぎる大物達が続々エントリーしている。

イベントは、当初第104回インディ500が予定されていたのと同じ週末の5月24日(日)日本時間午前1時より行われ、その模様はYouTubeなどで無料配信される。F1やインディカー、その他様々なモータースポーツシリーズで活躍してきたスーパースター達が、ダラーラDW12インディカーのステアリングを握り、伝説的なオーバルレースに挑戦する。

その並外れたキャリアにおいて29回のインディ500出走記録を持ち、1969年に勝利した80歳のアンドレッティにとってはeスポーツでのデビュー戦となる。アメリカンモータースポーツの雄は「上達の余地は大きいはず。IMSのレースでルーキーだったのはもうだいぶ前の事だ。可能な限り素早く学ぼうと頑張っている。若い連中に上手く対処できるといいんだけどね」と語った。

アンドレッティの他には、レジェンドトロフィー常連のエマーソン・フィッティパルディやファン・パブロ・モントーヤ、エリオ・カストロネベスやジル・ド・フェラン、ダリオ・フランキッティやトニー・カナーンと言ったインディ500チャンピオン軍団に加えて、オーバル初参戦となる2009年のF1王者ジェンソン・バトンや、2003年ワールドラリーチャンピオンのペター・ソルベルグ、そしてトリプルクラウンを目指すフェルナンド・アロンソらがリストに名を連ねている。

IMSでの第4戦に先立って僅差でチャンピオンシップをリードするジェンソン・バトンは「僕は常々、オーバルではレースをするつもりはないと言ってきたけど、こうして業界のトップレベルのドライバー達とIMSで戦う事になった。オーバルでのレースはこれまで経験してきたものとは別の大きな挑戦になるだろうし、とても楽しみだ」と語った。