F1日本GP2016《決勝》結果とダイジェストcopyright formula1-data.com

F1日本GP2016《決勝》結果とダイジェスト

  • 最終更新:

心配された降雨もなく全22台すべてが完走した16年シーズンのF1日本GP。スタート時にメルセデスのルイス・ハミルトンが出遅れたことを除けば、特に荒れることなく静かに、だが熱く終了した。早くもメルセデスはシーズンのコンストラクターズタイトルを獲得。ポイントリーダーのニコ・ロズベルグが2位のルイス・ハミルトンに33ポイント差をつけた。

2016年日本GP表彰台
©@suzuka_event

スタートミスで後退したルイス・ハミルトン

もっとも大切なスタートで、2位から8位まで後退したルイス・ハミルトンとは対象的に、ニコ・ロズベルグは危なげないレース運びをした。すべてはスタートで決したと言っても過言ではない。結果3位まで順位を戻し表彰台にあがるもその顔に微笑みはなく、インタビュー終了後早々に表彰台を後にした。

ルイスを完ぺきに抑えたマックス・フェルスタッペン

最終スティントに新品のハードタイヤに履き替えたルイス・ハミルトンが脅威のラップを重ね、一時トップから30秒近くあった差を10秒以内に削りながら2位走行中のレッドブルのマックス・フェルスタッペンに襲いかかる。抜きどころとしては、DRSを利用したホームストレートエンドの1コーナー前になるが、マックスはレッドブルマシンの特性を活かし、最終シケインで上手くトラクションをかけることで、何度も襲いかかるルイス・ハミルトンを見事に抑えきり2位表彰台。

悪夢のホームレースとなったマクラーレン・ホンダ

マシンのあらゆる能力・総合力を要求するホンダのホームである鈴鹿サーキット。今回マクラーレン・ホンダ勢は、フェルナンド・アロンソが16位、ジェンソン・バトンが18位という全く手も足も出ない結果となった。パワーユニットの低性能が叫ばれるが、車体側も相当に改善が必要なことが改めて露呈されたレースとなった。

順位とタイム

Pos No Driver Team Laps Time Pts
1 6 ニコ・ロズベルグ メルセデス 53 1:26:43.333 25
2 33 マックス・フェルスタッペン レッドブル・タグホイヤー 53 +4.978 18
3 44 ルイス・ハミルトン メルセデス 53 +5.776 15
4 5 セバスチャン・ベッテル フェラーリ 53 +20.269 12
5 7 キミ・ライコネン フェラーリ 53 +28.370 10
6 3 ダニエル・リカルド レッドブル・タグホイヤー 53 +33.941 8
7 11 セルジオ・ペレス フォースインディア・メルセデス 53 +57.495 6
8 27 ニコ・ヒュルケンベルグ フォースインディア・メルセデス 53 +59.177 4
9 19 フェリペ・マッサ ウィリアムズ・メルセデス 53 +97.763 2
10 77 バルテリ・ボッタス ウィリアムズ・メルセデス 53 +98.323 1
11 8 ロマン・グロージャン ハース・フェラーリ 53 +99.254 0
12 30 ジョリオン・パーマー ルノー 52 +1 lap 0
13 26 ダニール・クビアト トロロッソ・フェラーリ 52 +1 lap 0
14 20 ケビン・マグヌッセン ルノー 52 +1 lap 0
15 9 マーカス・エリクソン ザウバー・フェラーリ 52 +1 lap 0
16 14 フェルナンド・アロンソ マクラーレン・ホンダ 52 +1 lap 0
17 55 カルロス・サインツ トロロッソ・フェラーリ 52 +1 lap 0
18 22 ジェンソン・バトン マクラーレン・ホンダ 52 +1 lap 0
19 12 フェリペ・ナスル ザウバー・フェラーリ 52 +1 lap 0
20 21 エステバン・グティエレス ハース・フェラーリ 52 +1 lap 0
21 31 エステバン・オコン マノー・メルセデス 52 +1 lap 0
22 94 パスカル・ウェーレイン マノー・メルセデス 52 +1 lap 0

コンディション

天気
晴れ
気温
21℃
路面温度
26℃
路面温度
53

レース概要

グランプリ名
日本GP
レース種別
決勝
レース開始日時
サーキット名
鈴鹿サーキット
サーキット設立年
1962年
コース全長
5807m
コーナー数
18
周回数
53周
周回方向
時計回り

F1日本GP特集