鈴鹿サーキットのS字を走るメルセデスW09、F1日本グランプリ決勝 2018年10月7日copyright Pirelli

2018 F1日本GP決勝:最高速度とセクター別タイム…同じフェラーリ製PUを搭載するチームが最速と最遅

  • 最終更新:

10月7日に開催された2018 FIA F1世界選手権第17戦日本グランプリ決勝レースでのドライバー・チーム別スピードトラップとセクター別最速ラップタイムをまとめる。週末を通して台風に翻弄されたものの、レース当日は快晴。ドライコンディションに恵まれた。

スピードトラップ

高いダウンフォースが要求される鈴鹿サーキットのスピードトラップは、130Rの70m先の地点で計測される。最高速を叩き出したのはスクーデリア・フェラーリのキミ・ライコネン。時速318.5kmを記録しトップに立った。

最も遅かったのはハースのケビン・マグヌッセン。燃料がまだ重い状態の2周目にリタイヤした事が原因で、時速293.5kmに留まった。ホンダの最新版スペック3パワーユニットを搭載したトロロッソ・ホンダは、ピエール・ガスリーが時速312.9kmで9番手を記録している。

Pos. Driver Team km/h
1 キミ・ライコネン Ferrari 318.5
2 セルジオ・ペレス Force India 316.8
3 セバスチャン・ベッテル Ferrari 316.1
4 エステバン・オコン Force India 316
5 シャルル・ルクレール Sauber 315.6
6 バルテリ・ボッタス Mercedes 314.5
7 ダニエル・リカルド Red Bull 313.8
8 フェルナンド・アロンソ Mclaren 313.1
9 ピエール・ガスリー Toro Rosso 312.9
10 セルゲイ・シロトキン Williams 312.1
11 ストフェル・バンドーン Mclaren 311.1
12 カルロス・サインツ Renault 309.8
13 ルイス・ハミルトン Mercedes 309.8
14 ブレンドン・ハートレー Toro Rosso 309.4
15 マーカス・エリクソン Sauber 308.3
16 マックス・フェルスタッペン Red Bull 308.2
17 ランス・ストロール Williams 307.7
18 ロマン・グロージャン Haas 305.4
19 ニコ・ヒュルケンベルグ Renault 302.3
20 ケビン・マグヌッセン Haas 293.5

2018年F1日本GP決勝チーム別スピードトラップ

チーム別に最高速度を見てみると、最も高いスピードを記録したのがフェラーリで、最も遅かったのがハース。いずれも同じフェラーリ製パワーユニットを搭載してる点及び、ハースのみ突出してスピードが出ていないのが興味深い。ハースのロマン・グロージャンは8位入賞を果たしている。

レースで強さを見せつけたメルセデスとレッドブルは時速314キロ前後で4・5番手。最高速よりもダウンフォース重視のセットアップが求められる鈴鹿の特性が表れている。

セクター別最速ラップタイム

最終週にレースファステストを記録したベッテルが第一・第二セクターを連取。セクター3で最も速かったのはバルテリ・ボッタスであった。

鈴鹿サーキットのコースレイアウト図、2018年版

Pos. Sector 1 Sector 2 Sector 3
Driver Time Driver Time Driver Time
1 S.ベッテルVET 32.959 S.ベッテルVET 41.339 V.ボッタスBOT 17.782
2 L.ハミルトンHAM 33.022 L.ハミルトンHAM 41.638 L.ハミルトンHAM 17.918
3 V.ボッタスBOT 33.042 V.ボッタスBOT 41.648 D.リカルドRIC 17.98
4 D.リカルドRIC 33.092 D.リカルドRIC 41.769 K.ライコネンRAI 18.004
5 L.ストロールSTR 33.244 L.ストロールSTR 41.948 P.ガスリーGAS 18.013
6 M.フェルスタッペンVER 33.261 M.フェルスタッペンVER 41.955 S.ベッテルVET 18.02
7 P.ガスリーGAS 33.317 S.ペレスPER 42.116 M.フェルスタッペンVER 18.034
8 S.シロトキンSIR 33.357 S.シロトキンSIR 42.137 F.アロンソALO 18.036
9 C.サインツSAI 33.393 C.ルクレールLEC 42.14 L.ストロールSTR 18.077
10 F.アロンソALO 33.449 K.ライコネンRAI 42.222 S.シロトキンSIR 18.105
11 R.グロージャンGRO 33.496 F.アロンソALO 42.225 S.ペレスPER 18.106
12 K.ライコネンRAI 33.665 B.ハートレーHAR 42.325 N.ヒュルケンベルグHUL 18.147
13 S.ペレスPER 33.666 E.オコンOCO 42.354 C.ルクレールLEC 18.167
14 S.バンドーンVAN 33.826 N.ヒュルケンベルグHUL 42.364 C.サインツSAI 18.169
15 E.オコンOCO 33.837 P.ガスリーGAS 42.393 E.オコンOCO 18.24
16 B.ハートレーHAR 33.864 C.サインツSAI 42.431 S.バンドーンVAN 18.318
17 C.ルクレールLEC 33.941 R.グロージャンGRO 42.485 R.グロージャンGRO 18.351
18 N.ヒュルケンベルグHUL 34.276 S.バンドーンVAN 42.597 B.ハートレーHAR 18.367
19 M.エリクソンERI 34.468 M.エリクソンERI 42.986 M.エリクソンERI 18.427
20 K.マグヌッセンMAG 36.329 K.マグヌッセンMAG 44.09 K.マグヌッセンMAG 18.9

F1日本GP特集