ポール・リカール・サーキットを走行するレッドブル・ホンダRB15、F1カナダGPフリー走行1にてcopyright Getty Images / Red Bull Content Pool

メルセデスが最速、レッドブル・ホンダは4番手発進 / F1フランスGP《FP1》結果とダイジェスト

  • 最終更新:

シーズン8戦目となるF1世界選手権フランスGPが、現地6月21日にポール・リカール・サーキットで開幕を迎え、日本時間18時から金曜1回目のフリー走行が行われた。グランプリ一発目のセッションを制したのはメルセデスAMGのルイス・ハミルトン。1分32秒738のトップタイムを記録した。

2番手にはトップから遅れる事100分の7秒でチームメイトのバルテリ・ボッタスが続き、今季無敵を誇るメルセデスが1-2体制を築いた。3番手はスクーデリア・フェラーリのシャルル・ルクレール。コンマ3秒差と期待できるパフォーマンスを刻んだが、形勢変わらずシルバーアローが優勢だ。

金曜午前の現地ル・カルテレ村は快晴に恵まれ、セッションは気温24.8℃、路面温度41.3℃のドライコンディションでスタートした。公式タイヤサプライヤーのピレリは、C2からC5までの標準的なレンジのコンパウンドを投入。各車タイヤのグレイニング熱ダレに苦戦した。

トップ3に続いたのはレッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペン。5番手にセバスチャン・ベッテルを従え、フェラーリの2台を分断した。6番手には母国レースを迎えるピエール・ガスリーが続く結果となった。

フェラーリは新たに持ち込んだ新型フロントウイングと、今季扱いに苦労しているソフトタイヤの評価に集中的に取り組んだ。ベッテルは「このタイヤじゃ2周連続で走行できない」と無線で報告。ルクレールもまた「右フロントがおかしい。12周でもうダメになってしまったみたいだ」と語り、ソフトコンパウンドへの不満を訴えた。

レッドブルと同じく、ホンダのスペック3エンジンを手にしたトロロッソのダニール・クビアトは14番手。旧型のスペック2を継続使用するアレックス・アルボンは10番手タイムをマークした。クビアトは途中、挙動を見出してスピンする場面もあったが、ポール・リカールは広大なランオフエリアが特徴。無傷でコースに復帰した。

大幅改良が施されたルノーR.S.19、F1フランスGPフリー走行1にて
© RENAULT SPORT / 大幅改良が施されたルノーR.S.19

ミッドフィールド最上位につけたのは、コンストラクターズ4位死守に向けてルノーと対峙するマクラーレン勢。7番手にランド・ノリス。8番手にカルロス・サインツが続いた。アップグレード版スペックBエンジンを搭載したルノーのダニエル・リカルドは9番手。一方で旧型を積んだニコ・ヒュルケンベルグは12番手という結果だった。

ルノーは車体側にかなり大規模なエアロアップグレードを持ち込んでおり、フロントウイング、バージボード、フロア等を一新。上手く機能すればコンマ5秒前後のゲインがあるのでは、とみられている。

ハースのロマン・グロージャンは水漏れのトラブルに見舞われ走行時間の大部分をロス。走行わずか9周の20番手最下位に終わった。僚友ケビン・マグヌッセンは15番手。ハース勢は厳しい出だしを強いられた。

ウィリアムズのシートを狙うニコラス・ラティフィと、これを守るロバート・クビサの直接対決は、18番手タイムを刻んだラティフィが1000分の25秒上回りクビサを従える結果となった。

2019年F1フランスグランプリ2回目のフリー走行は、21日(金)22時から1時間半の日程で開催される。

順位とタイム

Pos No Driver Team Time Gap Laps
1 44 ルイス・ハミルトン メルセデス 1:32.738 21
2 77 バルテリ・ボッタス メルセデス 1:32.807 +0.069 20
3 16 シャルル・ルクレール フェラーリ 1:33.111 +0.373 21
4 33 マックス・フェルスタッペン レッドブル・ホンダ 1:33.618 +0.880 20
5 5 セバスチャン・ベッテル フェラーリ 1:33.790 +1.052 22
6 10 ピエール・ガスリー レッドブル・ホンダ 1:34.091 +1.353 20
7 4 ランド・ノリス マクラーレン・ルノー 1:34.110 +1.372 23
8 55 カルロス・サインツ マクラーレン・ルノー 1:34.261 +1.523 26
9 3 ダニエル・リカルド ルノー 1:34.540 +1.802 18
10 23 アレックス・アルボン トロロッソ・ホンダ 1:34.804 +2.066 25
11 11 セルジオ・ペレス レーシングポイント 1:34.809 +2.071 21
12 27 ニコ・ヒュルケンベルグ ルノー 1:34.810 +2.072 25
13 18 ランス・ストロール レーシングポイント 1:35.063 +2.325 22
14 26 ダニール・クビアト トロロッソ・ホンダ 1:35.326 +2.588 24
15 20 ケビン・マグヌッセン ハース・フェラーリ 1:35.410 +2.672 19
16 7 キミ・ライコネン アルファロメオ 1:35.522 +2.784 22
17 99 アントニオ・ジョビナッツィ アルファロメオ 1:36.102 +3.364 22
18 40 ニコラス・ラティフィ ウィリアムズ・メルセデス 1:37.147 +4.409 25
19 88 ロバート・クビサ ウィリアムズ・メルセデス 1:37.172 +4.434 27
20 8 ロマン・グロージャン ハース・フェラーリ 1:37.620 +4.882 9

コンディション

天気
晴れ
気温
24.8℃
路面温度
41.3℃

セッション概要

グランプリ名
F1フランスGP
セッション種別
フリー走行1
セッション開始日時

サーキット

名称
ポール・リカール・サーキット
設立
1970年
全長
5842m
コーナー数
15
周回方向
時計回り

F1フランスGP特集