2003年イギリスGP決勝スタート前のグリッドの様子copyright errari S.p.A.

F1無料配信:前代未聞、司祭乱入の珍レース… 2003年イギリスGP

  • Published: / Updated:

F1は、2003年シーズンの第11戦としてシルバーストーン・サーキットで開催されたF1イギリスGPを、5月13日(水)協定世界時18時、日本時間27時から公式サイトやFacebook、YouTubeチャンネルを通して無料でストリーミング配信する。

世界選手権レースとしてF1が初めて開催されたのは、1950年5月13日のイギリス・シルバーストーンだった。ちょうど70周年目を迎える13日(水)に向けてF1は、過去のイギリスGPの中から再配信を希望するレースを挙げるようファンに呼びかけた。投票の結果、フェラーリのルーベンス・バリチェロが勝利を収めた2003年のグランプリが選ばれた。

だがこのレースが選ばれた理由は恐らく、バリチェロの見事な勝利とは無関係だろう。2013年7月10日のシルバーストーンでは11周目、ハンガーストレート付近にオレンジ色のスカートを履いたローマ・カトリック教会の司祭ニール・ホランが乱入し、時速170マイルで目の前を通過していくドライバー達に聖書を読むべきだと訴えたのだ。

ピットウィンドウが間近に迫っていたため、フィールドの大多数は神父の介入をピットインの合図と受け止めた。混乱するピットレーンでは、フェラーリのミハエル・シューマッハ、ルノーのフェルナンド・アロンソらがチームメイトの後ろで作業を待つことを強いられ、順位を大きく下げてしまった。

とは言え幸いにも大事故に至ることはなく、レースはバリチェロがファン・パブロ・モントーヤ(ウィリアムズBMW)に5秒差をつけてポール・トゥ・ウインを飾る結果となった。3位表彰台にはキミ・ライコネン(マクラーレン・メルセデス)が滑り込んだ。

後日、ホランはコースへの不法侵入で起訴された。ノーザンプトン判事裁判所で裁判が行われ、有罪判決によって2ヶ月間投獄された。その翌年のアテネオリンピックでは、男子マラソンのブラジル人ランナー、バンデルレイ・デ・リマにタックルするという珍事を起こして罰金刑を科され、2005年に聖職者の肩書を剥奪されている…。

F1イギリスGP特集