2018年のF1ピレリタイヤcopyright Andy Hone/LAT Images

F1中国GP《決勝》ドライバー別残存タイヤ:1ストップ戦略も可能、とピレリ

  • 最終更新:

F1第三戦中国GP予選を終えて、公式タイヤサプライヤーのピレリがドライバー別の残存タイヤセットを公表した。決勝がドライコンディションで行われる場合、各マシンは最低2種類の異なるコンパウンドを使用する義務がある。

2018年F1中国GP決勝タイヤセット
© Pirelli

予選Q2をソフトタイヤで通過したフェラーリとメルセデスの2台以外のトップ10ドライバーは、中古のウルトラソフトタイヤでレースをスタートする。ハースとメルセデス以外の全マシンは新品のソフトタイヤを保持。決勝は幾らか暖かくなる事が予想されているため、デグラデーションが酷く、作動温度領域の低いウルトラの出番はあまりないかもしれない。

各ドライコンパウンドの今週末の最多周回数は以下の通り、概ね20周以上となっている。

  • ミディアム…21周(ルクレール、Sauber)
  • ソフト…21周(エリクソン、Sauber)
  • ウルトラソフト…22周(ガスリー、Toro Rosso)

レース規定周回数は56周。今週末の上海インターナショナル・サーキットでのウルトラソフトとソフトとのベストタイム差は約0.8秒、ソフトとミディアムとの差は2秒程。ピレリのマリオ・イゾラは1ストップ戦略も可能との認識を示している。

F1中国GP特集