夜のバーレーン・インターナショナル・サーキットを走行するレッドブル・ホンダRB15copyright Getty Images / Red Bull Content Pool

復活か?跳馬が初日トップを独占、ホンダ勢は最上位が6番手 / F1バーレーンGP《FP2》結果とダイジェスト

  • 最終更新:

グランプリ初日を迎えたバーレーン・インターナショナル・サーキット。2019年F1第2戦バーレーンGP金曜2回目のフリー走行が現地3月29日に開催され、スクーデリア・フェラーリのセバスチャン・ベッテルが1分28秒846を記録。2番手につけたシャルル・ルクレールを1000分の35秒という僅かな差で退け、初日をトップで締め括った。

跳馬はバーレーンでの初日2回のセッションでトップを独占したのみならず、昨年の各セッションのファステストを上回るタイムをマーク。初戦メルボルンではメルセデスの後塵を拝したが、この日は宿敵の2台にコンマ6秒以上の差をつけ、復調の兆しを感じさせた。

ホンダ陣営はレッドブルのマックス・フェルスタッペンが6番手と、ルノーのニコ・ヒュルケンベルグに5番手の座を許し、ピエール・ガスリーは12番手でマシンを降りた。トロ・ロッソ勢はダニール・クビアトが10番手、アレックス・アルボンが13番手という結果となった。

今回のレッドブル・ホンダは表彰台を狙えないのか? クリスチャン・ホーナー代表は「今夜のタイムはあまりに気にしてないが、赤色のタイヤのウインドウを逃したようだ」とコメント。フェルスタッペンとガスリーもまた、ソフトコンパウンドの使い方に課題があると述べ、熱入れが上手くコントロール出来ていなかった事を明かした。

午前のFP1に引き続き、午後の現地サヒールも晴れ。陽が落ちてサーキット全体が人工照明で照らされる中、週末2回目のプラクティスは気温24℃、路面31℃のドライコンディションでスタートした。予選・決勝と同一コンディションで走行できる唯一のセッション。各チームはタイムシートよりも、セットアップ作業やデータ収集を重要視してプログラムを消化した。

ヒュルケンベルグがフェルスタッペンを上回った一方で、ダニエル・リカルドはチームメイトから1.2秒遅れの15番手と奮わなかった。ハース勢は2台共がトップ10。ケビン・マグヌッセンが7番手、ロマン・グロージャンが9番手につけた。

マクラーレン勢はランド・ノリスが8番手と印象的なタイムを刻んだものの、終盤にエンジンのミスファイヤが発生。ガレージに戻る事を強いられた。11番手に終わったカルロス・サインツは、前戦でパワーユニット関連のトラブルに見舞われており、週末に先立ってエンジン交換を実施。不安は尽きない。

アルファロメオ勢は2台共がオイルリークに見舞われ、セッションの殆どをガレージで過ごした。キミ・ライコネンに至っては僅か6周しか走れておらず、スイス・ヒンウィルのチームはぶっつけ本番で予選と決勝に挑む事になる。

バーレーン・グランプリ3回目のフリー走行は、日本時間3月30日(土)21時から、公式予選は同24時からバーレーン・インターナショナル・サーキットで開催される。予選の時間帯は降水確率60%の予報が出ており、ウェットコンディションでのグリッド争いの可能性がある。

順位とタイム

Pos No Driver Team Time Gap Laps
1 5 セバスチャン・ベッテル フェラーリ 1:28.846 32
2 16 シャルル・ルクレール フェラーリ 1:28.881 +0.035 32
3 44 ルイス・ハミルトン メルセデス 1:29.449 +0.603 33
4 77 バルテリ・ボッタス メルセデス 1:29.557 +0.711 36
5 27 ニコ・ヒュルケンベルグ ルノー 1:29.669 +0.823 32
6 33 マックス・フェルスタッペン レッドブル・ホンダ 1:29.725 +0.879 34
7 20 ケビン・マグヌッセン ハース・フェラーリ 1:30.000 +1.154 33
8 4 ランド・ノリス マクラーレン・ルノー 1:30.017 +1.171 25
9 8 ロマン・グロージャン ハース・フェラーリ 1:30.068 +1.222 34
10 26 ダニール・クビアト トロロッソ・ホンダ 1:30.093 +1.247 36
11 55 カルロス・サインツ マクラーレン・ルノー 1:30.192 +1.346 33
12 10 ピエール・ガスリー レッドブル・ホンダ 1:30.429 +1.583 31
13 23 アレックス・アルボン トロロッソ・ホンダ 1:30.458 +1.612 36
14 11 セルジオ・ペレス レーシングポイント・BWT-メルセデス 1:30.716 +1.870 32
15 3 ダニエル・リカルド ルノー 1:30.848 +2.002 30
16 7 キミ・ライコネン アルファロメオ・フェラーリ 1:31.088 +2.242 6
17 18 ランス・ストロール レーシングポイント・BWT-メルセデス 1:31.129 +2.283 31
18 99 アントニオ・ジョヴィナッツィ アルファロメオ・フェラーリ 1:31.144 +2.298 10
19 63 ジョージ・ラッセル ウィリアムズ・メルセデス 1:31.904 +3.058 32
20 88 ロバート・クビサ ウィリアムズ・メルセデス 1:32.932 +4.086 37

コンディション

天気
晴れ
気温
24℃
路面温度
31℃

レース概要

グランプリ名
バーレーンGP
レース種別
フリー走行2
レース開始日時
サーキット名
バーレーン・インターナショナル・サーキット
サーキット設立
2004年
コース全長
5412m
コーナー数
15
周回数
57周
周回方向
時計回り

F1バーレーンGP特集